Connect with us

Entertainment

<Musician’s Question Vol.2>一部屋で完結 “ベッドルーム・ミュージシャン” とは?

United Code

<Musician’s Question>ではアーティストが活動する上での疑問や問題、音楽業界に関しての知られざるさまざまな情報を発信しています。


第2回のテーマは、グラミー賞の主要部門4冠を達成したビリー・アイリッシュをはじめとした「ベッドルーム・ミュージシャン」です。


<目次>

1.ベッドルーム・ミュージック、ベッドルーム・ミュージシャンとは

2.代表的なアーティスト

3.主な必要機材






1.ベッドルーム・ミュージック、ベッドルーム・ミュージシャンとは


ここ数年、5〜6年でしょうか、「ベッドルーム・ミュージック」、「ベッドルーム・ミュージシャン」という言葉が音楽誌や音楽メディアで飛び交うようになりました。

調べてみると、DAWを用いて「プロデュース」の作業が自分自身ででき、ベッドルーム(寝室)ほどのスペースとPCさえあれば作曲、発信まで完結してしまうアーティストがベッドルーム・ミュージシャン、作り出される音楽がベッドルーム・ミュージックと呼ばれているそうです。

台頭の理由の1つとして、テクノロジーの発達により、かつては大掛かりなスタジオやハイエンドな機材がなければできなかった楽曲制作が、PCと音楽制作ソフト、それと少量の機材があれば可能となったことが上げられます。

また、サブスクや音声ファイル共有プラットッフォームの普及により、上記の環境さえあれば世界中に発信することも容易になったという背景があるようです。

そして、そんなアーティストたちがヒットを放ち、一大ムーブメントを起こし、「ベッドルーム・ミュージック」、「ベッドルーム・ミュージシャン」という言葉を作り上げるまでになりました。





2.代表的なアーティスト


▼ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)from US

2001年12月18日生まれ、アメリカ合衆国のシンガーソングライター。先日のグラミー賞で39年ぶり、史上二人目となる「主要4部門4冠」を達成。彼女のプロデューサーである兄のフィネアス・オコネルが、グラミー賞受賞時に「ベッドルームで制作をしている子供たちに捧げます、君もグラミーが取れるよ」とのコメントをした通り、ビリー・アイリッシュの楽曲は未だにベッドルームで、誰にでも揃えられるような機材で制作されています。


▼クレイロ(Clairo)from US

1998年8月18日生まれ、アメリカ合衆国のシンガーソングライター。若干19歳であった2017年にYouTubeへ、まさにベッドルーム・ミュージックな楽曲「Pretty Girl」を投稿。ローファイながら類稀なるポップセンスを持つ飾らないClairo自身が歌うこのミュージックビデオがバイラルヒットとなり、ベッドルームから世界に躍り出ました。現在もAbleton LiveとGarageBandのみを使用しているそうです。


▼レックス・オレンジ・カウンティ(REX ORANGE COUNTY)from UK

1998年5月4日生まれ、イギリスのシンガーソングライター。アデルをはじめ、キング・クルール、コスモ・パイクなどを輩出した名門音楽学校<ブリット・スクール>出身。2015年、宅録による自主制作アルバム『bcos u will never b free』を発表し、同作品がタイラー・ザ・クリエイターの耳をとらえ、彼の4作目のアルバム『Flower Boy』に参加し、その早熟な才能は海を越え、アメリカでも話題になりました。ソウル、ロック、ヒップ・ホップ、さらにはクラシカルな音楽を全て取り入れ、キャッチーな楽曲に落とし込むスタイルは世界中から注目されています。


▼プム・ヴィプリット(Phum Viphurit)from Thailand

 1995年8月16日生まれ、タイのシンガーソングライター。「Lover Boy」のブレイク以降、「ROLLING STONE」誌から「タイで最初のインディー・ポップ・スター」と評されました。ネオソウル、ファンク、ロック、フォークの影響を受けた爽やかで心地よいインディ・ポップサウンドが売りです。タイのレコードレーベルRats Recordsと契約していますが、SNSや、クラウド・ファンディングを活用してアルバム『Moonchild』を制作するといった、セルフプロデュースで世界的な人気を獲得しつつある、新しいアーティストの形を体現しています。






3.主な必要機材

例としてムーブメントの中心であろう、ビリー・アイリッシュのスタジオ機材をご紹介します。

・Yamaha HS5 Nearfield Monitors — (¥14,025 税込)
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/184217/


・Yamaha H8S Subwoofer — (¥36,520 税込)
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/184219/


・Universal Audio Apollo 8 —(¥247,500 税込)
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/202719/

※つい最近の導入

・Apple Logic Pro X — (¥24,000 税込)
https://apps.apple.com/jp/app/logic-pro-x/id634148309?mt=12


・Audio Technica AT2020 Mic — (¥10,780 税込)
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/16117/


最近導入されたというオーディオインターフェイスはハイエンドなものですが、そのほかの主要機材はポピュラーで、比較的安価なもので揃えられています。



まとめ

YouTube、Twitter、Instagram、SoundCloud、各種サブスクなどを用いて、0円〜ローコストで楽曲を世界に発信することができる現代です。アーティストにとって、ライブやハイエンドな環境でのレコーディングももちろん大切なファクトですが、制作、プロモーションの方法はそのほかにもたくさん存在します。

0コストで楽曲をネットワークの海に断続的に放ち、フィードバックをもらい、人気曲が生まれたらレコーディング、ライブをするなど、時間的・金銭的コストとリターンのバランスを考えてみても良いのではないでしょうか。

「ベッドルーム・ミュージック」、「ベッドルーム・ミュージシャン」という一種のムーブメントは、音楽活動をサステナブルなものに変えていくことができる、1つの希望だと考えます。この情報であなたの音楽活動の幅が広がることを願っています!


Entertainment

アーバンでカラフルな藤井隆の世界

yuxxo

By

・株式会社よしもとミュージックがとにかくかっこいい

株式会社よしもとミュージックが作っているSLENDERIE RECORDがとにかくかっこいい。藤井隆は、よしもとの芸人というイメージが強いが、実は2014年から音楽レーベル「SLENDERIE RECORD」を設立。パフォーマンスもかっこよく、楽曲も爽快なダンスミュージックから90年代の懐かしいような楽曲までさまざまな音楽を歌いこなしている。

・90年代の音楽に強く影響を受けている

藤井隆は、90年代の音楽に影響を受けており、音楽好きというのも楽曲を聴けば伝わってくる。自身でプロデュースをこなし、これまで数々の有名アーティストと一緒に楽曲をつくりあげている。有名どころでいうと、浅倉大介、Tommy February6、DJ KAORI、tofu beatsなどがあげられる。

渋谷系の歌も歌いこなしながらも、ダンスナンバーを爽やかなボーカルで歌いこなしている。吉本興業の芸人ともコラボレーションし、パフォーマンスを行っているが、とてもかっこよくスタイリッシュなものに仕上がっている。

今回は、藤井隆の自主レーベル「SLENDERIE RECORD」から、オススメの楽曲をご紹介。さまざまなアーティストや芸人とコラボレーションしたダンスナンバーを是非チェックして。

・Like a Record round! round! round!(藤井隆、レイザーラモンRG、椿鬼奴)とのコラボ!

【MV】Like a Record round! round! round!「kappo!」(full ver.)
爽快なダンスナンバーが印象的。参加アーティストは、レイザーラモンRGと椿鬼奴。ボーカルもかっこいいし、振り付けや演出もクールに仕上がってる。芸人のユーモアさを残しつつも、とても音楽性のある楽曲。


・カラフルなデザインのMVとポップな音が魅力的な「YOU OWN ME」

藤井隆 MV「YOU OWE ME」(short.ver)
アルバム『COFFEE BAR COWBOY』に入っている楽曲「YOU OWN ME」。カラフルな画用紙をペラペラとめくるような映像のMVが、スタイリッシュでかっこいい。YouTubeのコメントも評価が高い楽曲で、音も映像もセンスがあり、かっこいいと称賛される1曲。


・ディスコナンバーと90年代の懐かしいメロディーが心を離さない

藤井隆ニューアルバム『COFFEE BAR COWBOY』トレーラーvol.3
『COFFEE BAR COWBOY』では、なんと藤井隆の大好きな元祖アイドル・松田聖子とのコラボレーションも果たしている。また、宇多丸 (RHYMESTER)や妻の乙葉とも楽曲制作を実現。とにかく楽曲がかっこよく、藤井隆の世界観も色濃く表現されているのだ。そこからは、彼の音楽に対するこだわりが見えてくる。アイドルが歌うようなキラキラとしたサウンドを自分の色に染めて、さらっと歌いこなしている。


藤井隆 “light showers” CFまとめ
アルバム『light showers』では、広告MVがCM風に作られており、面白い仕上がりになっている。自身でプロデュースも行っており、有名プロデューサーを起用しながらも、自身の色をしっかりと残している作品。楽曲もスタイリッシュで聴きやすく、かっこいい。


・その他にもさまざまなアーティストとコラボレーション

tofubeats – ディスコの神様 feat.藤井隆(LIVE)
音職人tofubeatとのコラボレーション作品は大人気の楽曲で、ライブでも大きな盛り上がりを見せる。ステージ上でもとにかくすごくキラキラしているのが印象的。アーバンな音楽はスタイリッッシュ。レーベル名「SLENDERIE RECORD」という名の通りスレンダーな音で聴いた人を魅了している。

tofubestsとの相性も抜群で、会場内の一体感が素晴らしい。藤井隆は見る人を笑顔にするエンターティナーとしても評価が高く、関東や関西ではディナーショーも開催予定。
(2020年4月27日現在、藤井隆によるディナーショー開催予定の情報はございません。訂正、お詫び申し上げます。)

アーバンな楽曲とエンターティメント性溢れるパフォーマンスと藤井隆の世界がどのようにアップデートされるのか注目である。

Continue Reading

Entertainment

韓国出身のプロデューサーNight Tempoとは?

yuxxo

By


・オンラインから生まれたネット音楽アーティスト「Night Tempo」


最初は趣味で始めた音楽制作。オンライン上でネット音楽を配信していき、ミュージックファンの間で瞬く間に人気になったのが、韓国出身の「Night Tempo」である。
彼の音楽ジャンルは独特で幅広く、フューチャー・ファンク、ローファイ・ヒップホップ、
ヴェイパーウェイヴ、シンセウェイヴなど多くのジャンルを手掛けている。

https://www.instagram.com/p/B5yFElYpr9_/


そんな彼は、父親の影響でソウルミュージックやイタロ・ディスコを聴いていたので、欧米のディスコミュージックまでも認知しており、自身でサンプリングを行っていた。
今では大人気で、フジロックなどにも出演するほどになっている彼だが、最初は全く別の仕事をしており、音楽はあくまで趣味で職業にするのは考えられないという現実的な考えだったようだ。しかし、音楽の知識は、群を抜いており、サンプリングのセンスもとても光るものがあり、周りが彼を放ってはおかなかった。

・初期作品はDaft Punkをサンプリング


当初のNight Tempoは、Daft Punkが好きで、Daft Punkのサンプリングがメイン。だが、角松敏生のような音楽も好みだったようで、それなら自分で混ぜてしまおうと考え、もしもDaft Punkと角松敏生が一緒に音楽を作ったら、どんな音楽ができるのかを考えた結果、フューチャー・ファンクが生まれた。

※フューチャー・ファンクとは?

日本語が死滅した「未来」からやってきたかも知れない謎の無法音楽「Future Funk」海外ではトレンドのジャンル。主に80年代のAOR系音源を、アッパーなリズム補強+フィルター+乱暴にエディットした感じのもの。
(参照)Future Funk Japaaan



・現在は昭和歌謡をサンプリング


韓国出身のプロデューサーNight Tempoだが、実は日本の80’Sアニメが大好きで、アイドル歌謡曲のサンプリングなども行っている。そのような点からも、幅広い音楽を作れる人になりたいという想いが伝わってくる。日本の音楽シーンは、閉じていて、もはやガラパゴス化しており、K-POPの方が世界的にも浸透している。海外で人気の日本の音楽は、Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅなど、ほんの一部。もしくはゲームやアニメになってくる。
日本の音楽を愛しているNight Tempoはもっと海外に向けて、日本の音楽を広めていきたいと活動の幅を広げていった。

View this post on Instagram

welcome to citypop heaven

A post shared by Night Tempo (ナイトテンポ) (@nighttempo) on


現在、Night Tempoが提唱している「昭和グルーヴ」は、シティポップというジャンルで海外の音楽好きのハートをキャッチしている。「昭和グルーヴ」は、日本の昭和アイドルなども
サンプリングしているので、子どもから大人まで楽しめる音楽で、家族のコミュニケーションにも影響を与える。沈み気味なニュースが多いからこそ、「昭和グルーヴ」のアッパーで未来的な尖ったグルーヴが必要なのである。



「昭和グルーヴ」最新作はBaBe。

『BaBe – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』

BaBe – Give Me Up (Night Tempo Showa Groove Mix) taken from 『BaBe–Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』


BaBe – I Don’t Know! (Night Tempo Showa Groove Mix) taken from『BaBe – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』

Continue Reading

Entertainment

【アーティスト支援企画】プロアーティストの楽曲と自由にコラボ配信出来る「origami Home Sessions」

United Code

楽器1つでどんな音でも奏でることができるミュージシャンが集うクリエイターチーム、レーベル『origami PRODUCTIONS』は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によりライブが出来ず収入が当面見込めないなどのアーティストに向けて楽曲を無償提供する「origami Home Sessions」

以前Newsでも取り上げたこちらの企画。さらに掘り下げ参加方法と参加作品の紹介します。



origami PRODUCTIONS

『1枚の紙でなんでもできるオリガミのように、楽器1つでどんな音でも奏でることができるミュージシャンが集うクリエイターチーム、レーベル。
Ovall、Kan Sano、Michael Kaneko、Hiro-a-key、Shingo Suzuki、関口シンゴ、mabanua、Nenashiが所属。
2007年に東京で産声をあげ、常に“音の鳴る方へ”と歩み続け、今に至る。
渋谷のアンダーグラウンドで盛り上がっていたジャズ、ソウル、ヒップホップを軸としたジャムセッションムーブメントを世界中の音楽ファンに届けるべくスタートしたが、現在はより自由な表現を追い求め、ジャンルレスでボーダレスなスタイルで活動の幅を広げている。
所属アーティストは国内外での大型フェスの常連であると同時に、映画・ドラマ・アニメやCM音楽の制作、また世界中のアーティストをプロデュース、リミックス、演奏などでサポートしている。』(引用 http://ori-gami.com/about/

origami Home Sessionsとは

 origami PRODUCTIONS のアーティストであるShingo Suzuki、mabanua、Kan Sano、関口シンゴ、Michael Kaneko はインストトラック、Hiro-a-keyはシンガーとしてアカペラをネットに公表。
楽曲はもちろん試聴可能でそのままの楽曲を楽しむこともできます。

これらの楽曲のパラデータ、ステムデータもダウンロード可能となっており、
そのまま使う、構成を変える、サンプリングするなどして、ラップや歌を乗せたり、楽器を足すなどして自由にコラボが出来楽しめます。アレンジなどの勉強をしている方もにも非常に役立つと思うので、外出自粛のこの時を使い技術を磨くのも良いのでは。

そしてこの企画の凄いのは、その楽曲はネットにアップしても、CDやストリーミングで販売してもOKというところ。つまりorigamiアーティストへの利益還元は必要なく、リリースしたアーティストの皆さんへ100%提供するとういう企画というところ。

『私達ももちろん楽曲をリリースしたり、ライブをやって収入を得る側にいますが、プロデュースや楽曲提供などで収益を得ることもできます。
つまり私達は普段からアーティストやレーベルの皆さんに生活を支えていただいている立場でもあります。
だから今は、ライブができないと困ってしまう仲間を助けるときだと思っています。
音楽ファンの方々も同じ曲で色々な歌、ラップ、楽器などのヴァージョンがどんどんリリースされたら自宅で楽しむ事ができます。些細なことですが少しでも盛り上がってくれればと思います。
地球上全員で、共にこの危機を乗り越え、またライブ会場でお会いできる日が来るよう心より願っております。
origami PRODUCTIONS アーティスト、スタッフ一同』( 引用origami Home Sessions



そして様々なアーティストが「origami Home Sessions」に参加、素敵なコラボを次々と配信されています。

origami Home Sessions使用方法

下記ガイドラインをご確認の上、楽曲制作、リリースをお願いいたします。

1. 可能な限りコラボ表記を入れてください。
feat. mabanua
Prod. by Shingo Suzuki
with Kan Sano
など表記方法はお任せします。

2. SNSで拡散させる際は ハッシュタグ #origamiHomeSessions #アーティスト名 #origamiPRODUCTIONS を入れてください。

3. リリースの際はJASRACなど著作権団体への登録は避けてください。
同じ楽曲が多数登録されてしまうことになってしまうので、ご協力ください。
( 作詞などをご登録したい場合は、同じ歌詞を別曲に乗せて登録するなどご対応いただければと思います )


White Teeth Donation


また、origami PRODUCTIONSのCEO対馬芳昭氏が、音楽関係者に向けたドネーション(寄付)「White Teeth Donation」を立ち上げたことも話題になっています。

「White Teeth Donation」は、対馬氏の自己資金を音楽シーンに寄付することで、「レーベル所属のアーティストに対してではなく、自分たちのいるフィールド(畑)を耕す」ことを目的としたドネーション。 その額はなんと2000万円。

『今必要なのは音楽仲間の目の前の生活を守る事、そしてこれを切り抜けた先の日本の音楽シーンをより良いものにしていく事。この2つを同時に考える事が重要』とし、『 外に出ず家にいる事が今最大の防御であり、他人を守る手段です。みなさんが安心して家にいるためにできる事をします。』と述べており、何よりも音楽家を守ることを一番に考えている。そしてそれが音楽業界を守り良くしていくとしています。

音楽家を守る『#STAYMUSIC』 はorigami PRODUCTIONSからご賛同いただいてます。

Continue Reading

Trending