Connect with us

Entertainment

物理学×クラブ!?全く新しいエンターテインメント 夜学/Naked Singularities とは?

United Code


物理学と聞いて皆さんは何を思い浮かべるだろうか?

恐らく有名な所でいうと相対性理論で知られるアルベルト・アインシュタインや万有引力の法則を見出したアイザック・ニュートンなどが挙げられるだろう。

学校を卒業してしまうと物理学というものを日常で触れる機会は少なくなってしまい、物理学に限らなくとも、多くの方がそれまで習ってきた多くの学問に触れる機会が極端に減ってしまう。

そんな物理学は基より「学び」に今、新たな光を当てようとしている人物がいる。


東京学芸大学宇宙物理学研究室 

小林 晋平 (こばやし しんぺい)准教授

Shinpei Kobayashi,   Shimpei Kobayashi

理論物理学者

1974年長野県長野市生まれ。

京都大学理学部卒。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。博士(人間・環境学)。

専門は宇宙物理学・素粒子物理学。

東京大学ビッグバン宇宙国際研究センター研究員,日本学術振興会海外特別研究員(カナダ・ウォータールー大学,ペリメーター理論物理学研究所),国立群馬工業高等専門学校准教授を経て,現在,東京学芸大学教育学部物理科学分野准教授。

(転載:Kobayashi Shinpei Website 
https://www.shimpeikobayashi-qg.jp/pages/3451999/page_201912171611)



小林准教授が企画し、東京学芸大学宇宙物理学研究室の学生をはじめ、自らがパフォーマーとなり繰り広げる超実験的サイエンスエンターテインメント、「夜学/Naked SingularitiesVol.2」が2月28日にMISTLETOE OF TOKYOにて開催される。

クラブ仕立ての空間で宇宙物理を体感するイベントとは一体どんなものなのか?

小林准教授は次のように語っている。



例えば集客のために、「難しい数式は一切用いずに,わかりやすくお話します」という宣伝文句を用いることはよくあります。

そうすれば、当然表面だけのお話しかできません。逆に数式を多用すれば、実質的に科学ファンのためだけのイベントになってしまいます。

一部の方だけが盛り上がってしまい、ほとんどの方が白けてしまったことも一度や二度ではありません。

「間口を広げようとすれば浅くて簡単な内容しか話せないし、深い話をしようとすればコアなファンしか集めることができない」という、どんな分野でも、どんな業種にも共通するジレンマといつも戦っていました。

しかし僕は、「本当は両立が可能である」という信念も持っていました。

物理嫌いの人はもちろん、勉強嫌いにも学問をエンターテイメントとして体験させ、しかもその後に自ら学びたくなる気持ちを芽生えさせることは不可能ではないはずだと。

それは全く新しい学びになるだろうけれども、勉強嫌いな生徒や斜に構えた「大人」連中が興奮し、その後には「ちょっと勉強してみるかな…」と思わず言い出してしまうようなことができるはずだと。

恥ずかしながら高専教員時代には6年連続でベストティーチャーに選ばれ、「やる気の無料配布」という二つ名まで与えられた自分としては、今度はそれを全世界相手にやってみたいと思っていたわけです。

(転載:夜学/Naked Singularities Vol.0 開催レポート その1)
https://note.com/explayground/n/na8bae070b100




ダンスミュージックとアルコールを楽しめるクラブ仕立ての空間で、学問を新たなエンターテインメントコンテンツとして打ち出す事によって、学びに対する敷居や固定概念を取り払ってしまうのである。

そして小林准教授のパフォーマンスもこのイベントの注目すべきポイントの一つだ。

磨き上げられたその巧みなトークスキルによって、オーディエンスを魅了し、いつの間にか物理学の虜になってしまうのである。

来場者は作り上げられた精巧なコンテンツの中で、置き去りにされることなく物理学の持つ本来の「凄さ」を知る。

それにより、溢れ出る知的好奇心の欲求を抑えられなくなっている自分を認識してしまい、もう昨日までの自分には戻ることはできない。

さらに今回のVol.2では、大規模イベントの演出及び制作を務める錚々たるメンバーが参加することで、コンテンツはもちろん、イベント全体のクオリティにもより一層磨きがかかっている。

夜学/Naked SingularitiesVol.2」

学びの本来の姿とは一体どんなものなのか?

このイベントによって、学問が堅く難しいというイメージを持つ時代が終わりを告げるのも時間の問題なのかもしれない。


以下、小林准教授のメッセージ。

「学問は机の上だけでするものではありません。もちろん物理学も─。

『夜学』は夜にする学び。物理学を中心とした様々な学問を、クラブ仕立てのスペースで体感するイベントです。東京学芸大学宇宙物理学研究室のメンバーが中心となって、パフォーマンスも行います。

学校での昼の学びを既存の枠組みとするなら、「夜学」はその枠を外す学びの場です。夜には不思議な高揚感があります。ときには怪しさや妖しさも。

宇宙の始まりや宇宙の果て、ブラックホール、そして時空や次元…。それらの面白さを体感する、新しい学び方を提案します。

物理学は、世界を丸ごと受けとめるための方法です。

この空間に、物理を浴びに来て下さい。」

■Produced By

東京学芸大学宇宙物理学研究室(小林研)

PHYSIS Entertainment, inc. 

丸小技研工業

United Code Limited

■Powered by

MISTLETOE OF TOKYO

Massasoit, inc.

■date:

2020.02.28 (Fri.) 19:00-23:00

■place:

MISTLETOE OF TOKYO

東京都目黒区大橋2-22-42 No.R池尻大橋 B1



(転載:夜学/Naked Singularities Vol.2)
https://spark.adobe.com/page/vKcE4rkeBXUTD/?fbclid=IwAR1kLA2H09TdUa2wLS509cqJYYEygeCbmZw7hdwXh-HpgoJNE0LBbRq2RrM

Entertainment

<Musician’s Question Vol.3>音楽を学ぶ場所“音楽専門学校”とは?

United Code


<Musician’s Question>ではアーティストが活動する上での疑問や問題、音楽業界に関しての知られざるさまざまな情報を発信しています。

第3回のテーマは、音楽だけを専門に勉強することができる音楽専門学校についてお話します。

  <目次>

  1. 音楽専門学校とは?
  2. ネット上の声
  3. 学校の選び方



1.音楽専門学校とは?

アーティスト・プレイヤー系、サウンドクリエイター系、音響・レコーディングエンジニア系、コンサートスタッフ・音楽スタッフなど、音楽に携わる分野を専門に扱っている教育機関です。

音楽専門学校の数は全国に120校ほどあり、東京都内だけでも30校以上もあります。

主にアーティスト・プレイヤー系とエンジニア・スタッフ系に分かれ、音楽・音響・パフォーマンス・ステージ技術などを実践的に学ぶことができます。

学校別に差はあれど、機材や練習スタジオなどがあり、専門設備も充実した環境が整っていると言えるでしょう。


都内の主な音楽専門学校

・専門学校 東京ビジュアルアーツ
http://www.tva.ac.jp

・ESPエンタテインメント東京
https://www.esp.ac.jp/tokyo/

・音響芸術専門学校
https://www.onkyo.ac.jp



2.ネット上の声

筆者自身バンドをやっているため、周りにはたくさんの音楽専門学校卒の方や、在校生と接する機会があります。その際や、ネット上で見聞きする評判をまとめ、考察していきたいと思います。

専門学校・推奨派が語るメリット


・音楽漬けの専門学校生活を送ることができる

専門知識を得たい、音楽を仕事にしたい場合、一定の時間以上をある意味、半強制的に音楽に費やす環境を作ることができます。全ての人が一人で勉強できるわけではありませんし、その時のモチベーションに関わらず学校という括りの中で授業やテストがあるため、音楽をせざるを得ない環境になります。

・プロの講師から勉強できる

講師をされている方たちは現役で音楽業界で活躍されている方も多く、スキルを学べるのはもちろん、業界の情報や実際の現場のお話などを聞けたりもします。

さまざまなプロの指導や情報を直接得られるというポイントは専門学校ならではのメリットと言えます。

・音楽仲間を作ることができる

音楽を学びたい、音楽を仕事にしたいという同じ志を持った仲間と出会えるという強みがあります。レベルやモチベーションにはそれぞれバラつきがあるのは当然ですが、本気で取り組んでいる人との交流や、切磋琢磨できる環境は魅力の一つでしょう。

・コネクションを作れる可能性がある

事実、筆者の知人も在学中に講師のサポートとして仕事を受けたり、学校のイベントに音楽系の企業や事務所関係の方も来ることからチャンスは多いように思えます。

・一定レベルの設備が整っている

授業や技術レッスンのスタジオ以外にもレコーディング、舞台、音響、照明といった施設や機器が完備されています。通常、こういった環境は実際の現場でないと触れることはありませんが、専門学校では現場さながらの機器、設備で実践することができます。


専門学校・非推奨派が語るデメリット


・周囲のレベルが低くて後悔する

専門学校に行く前から知識や技術がある人は、周囲のレベルの低さに後悔することがあるようです。ほとんどの音楽専門学校には入試が存在せず、学生の音楽に対する知識や技術に大きなバラつきが生まれます。

・音楽関係の仕事に就けずに後悔する

どの業界にも当てはまりますが、学校を卒業したからといって希望の仕事ができる、食べていける訳ではありません。卒業後すぐにデビューできる、講師になれる、音響として働けるなど、イメージが先行してしまい後悔に繋がることが多いようです。

・独学も可能

インターネットが盛んな現代では、実技を含めた授業の内容はほとんど自分で調べられます。
参考書も簡単に手に入りますので、知識や情報という点で言えば個人で得られる部分は多いと言えるでしょう。

・学費が高い

音楽専門学校の2年間の学費は、200万円以上かかることが多く、人気の学校だと、250〜280万円ほどかかります。前述のことなどにより、かけたコストに見合わなかったと後悔する方も多いようです。


メリット・デメリットの考察


メリットとして挙げられたものは専門学校の環境に対してされた評価が多く、デメリットは、入る人やその後の結果、コスト面が挙げられました。技術や知識の面で言うと、ローコストで得られる時代です。


モチベーション次第では個人で得られると考えられますが、リアルな体験、実際の繋がりなど音楽に携わっていく上で重要なメリットは多々あると言えるでしょう。

最終的には自身のビジョン、かけるコストに見合うと判断の上で決定することが大切なのではないでしょうか。

また、その判断に重要な情報の集め方を次項でご紹介します。



3.学校の選び方

今回は2点ほど挙げてみたいと思います。

・在校生、卒業生のリアルな実態を把握すること。

・講師の実力をキャリアから推測すること。

なぜこの2点かと言いますと、SNS全盛の昨今、探しさえすれば自分が気になっている学校の在校生や講師が発信している情報はすぐに見つけられるからです。

SNSなどでDMを送れば実情も聞けますし、アーティストであれば人脈も広がり、無駄になることがありません。また、講師のキャリアを調べ、自分の理想に近ければ直接学ぶことに意義も生まれます。

音楽専門学校では、オープンキャンパスや無料体験、レッスン見学などに行き、施設や機器、授業を直接見たり体験することができます。ネット上での情報収集も大切ですが、直接話し、見て、体験したことを判断の材料とすることも重要なことだと思います。


まとめ

今回は音楽専門学校についてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか。
物事にはメリット・デメリットはつきもので、この情報化社会ではさまざまな情報を手に入れることができます。この記事を含め、音楽専門学校に関する情報はたくさんあり、判断の材料となることでしょう。

何よりも大切なのは、どちらを選んだとしても後悔はついて回るかもしれないので、最終的には自分の意思で納得できる決断をするということではないでしょうか。

自分の理想に近づくためにはどんな勉強・環境が必要なのか、どんな進学先を選んだらいいのかというふうに考えてみてください。

この情報であなたの音楽活動の幅が広がることを願っています!


Continue Reading

Entertainment

Oaktails< “Unchanged” Release Show@GARRET udagawa>ライブレポート

United Code
Photo by YOSAKU


2020年3月15日(日)、叙情激情/メロディックハードコアバンドOaktailsがGARRET udagawaで開催した<EAST MEETS WEST Oaktails “Unchanged” Release Show>のレポートをお届けする。


セットリストは以下。

  Intro

  1. Satellite
  2. Into the Dark
  3. Blind Alley
  4. Future Floats
  5. Unchanged
  6. Drawing

  [アンコール]

  Defective Hopes



突如鳴り響くハウリングとともに幕が上がってゆく。
青白い逆光に照らされ現れたOaktails。Vo.humの叫び声に触発されるようにIntroが始まった。
強烈なドラミングと共に激しさの中にもどこか哀愁を感じるサウンド、ステージを駆け回るhum。
繊細で、かつ攻撃的なIntroが止み。そして一言。


Satelliteという曲です。よろしくお願いします。


マシンガンのようなキメ、不穏さを醸し出す鋭いリフから「Satellite」が始まる。

命を削り出すように叫ぶhum。重厚な音のまま疾走するBa.kosuke、Dr.Keisukeのリズム隊。アタッキーな刻みからテクニカルなリフで多様な表情を見せるGt.Issey、Gt.daichiのツインギター。

序盤からトップギアで駆けていく、まさに「ライブ」に会場は拳を上げる。


ありがとう。Into the Darkという曲をお願いします。


続けざまに「Into the Dark」。幻想的なイントロから急転換、激情の渦に巻き込むようなhumのシャウトにIsseyもシャウトで連なる。


共に過ごしたこの夜にこそ意味が。それ以外何もいらねぇよ。


ライブならではの、その瞬間の感情がhumによって投げかけられていく。
赤いライトに照らされ、オーディエンスもバウンスし、会場の温度は跳ね上がる。
怒涛のように押し寄せる波のごとく続いていく曲たち。3曲目は「Blind Alley」。

幸せな記憶を自ら捨てられはしないと、悲しき激情を吐き出していく。直視できないような感情を言葉に、音にして表現する彼らに、胸が締め付けられていくのを感じた。


今もいろんなことがあるし、個人的にもすごくいろいろなことがあったこの1年だったんだけど、俺はこのメンバーとバンドが出来てすごく幸せに思います。本当に末長く、これからもよろしくお願いします。


MCでhumが短く語ったこの言葉には、世間的には未だアンダーグラウンドにあるシーンの中で、光の方へ着実に進んでいく彼らの素直な音楽、バンドへの愛が滲んでいた。

Photo by YOSAKU


ミドルテンポで未来への渇望を紡ぐ「Future Floats」。しっかりと聴き入らせた後はリリースしたばかりの「Unchanged」。

誰しもが感じたことがある、移りゆくもの、変わりゆくものへの憂愁をドラマティックに仕立て上げた珠玉の1曲。


亡骸を喰らう時間が欲しいよ。


心の底から放たれるhumの言葉、激しくも繊細なサウンドにオーディエンスは一体となり、心を震わせていた。

「いつも、特定のあの人に歌う歌なんですけど、今日はここにいる全員に歌って帰ります。本当にありがとう。最後、愛の歌、『Drawing』聴いてください。」

Oaktailsからオーディエンスへ歌われる愛は、確固たる意思でステージに立つ彼らの意識表明のようだった。それを受け取る我々は気づくと拳を上げ、心を通わせられたような気がした。

すぐさまワンモアの声が投げかけられる。笑いながら戻ってきたhumは、「本当にこの人(Ba.Kousukeを指差しながら)アンコール絶対にしない主義なんですけど、Oaktails史上初のワンモアをやらせてもらいます(笑)。本当にありがとう。」と、嬉しそうにアンコール「Defective Hopes」をコールする。


目を離すと過ぎ去ってしまう。今日という日もそう。


後悔を叩きつけるようなシャウトにアッパーなムーブ、そして、演奏で最後を締めくくり、今日という1日を特別なものにしてくれた。

静と動、激しさと静けさ、本能と理性のような相反するものを詰め込んだバンド、Oaktails。叙情激情/メロディックハードコアバンドと紹介させていただいたが、言葉では言い表せない多様性を奇跡のようなバランスで組み上げている彼らにはそぐわないのかもしれない。

結成1年という、その瞬間瞬間で進化していく今、まさに見るべきバンドの1つなのではないだろうか。

(木浪 祐樹)

Continue Reading

Entertainment

音楽界を揺るがす「新型コロナウイルス」、ミュージシャンへの救済措置はあるのか?

karma

By


COVID-19(新型コロナウイルス)の流行に伴い、大阪のライブハウスで集団感染が起こったことから全国のライブハウス・ミュージシャンをスケープゴートとした事態が相次いでいます。某所では市民の通報によるコンサートの中止まで起こったようで、スケープゴートと化した全国のミュージシャンたちはますます活動しづらくなってきています。

まだまだ落ち着く見通しが立たない現状ですが、ミュージシャンはどのように活動していったら良いのか。ただでさえお金がない中で行うライブで得ることのできる僅かな収入すらなくなってしまい、活動資金が底をついてしまう人も少なくないはずです。そこで今回は、ミュージシャンの支援と題して活動を実施している企業や個人の情報をまとめました。


オヤイデ電気、ライブ配信用ケーブルを無料貸し出し


ケーブル専門店のオヤイデ電気が、音楽のチカラをケーブル・ワイヤリングで応援する「オヤイデ・配信サウンドサポート」をリリースしました。

無観客でのライブ配信は本来不本意でありながら、それでもファンへ音楽を届けたい!と配信を実施する熱意を持ったミュージシャンやイベントに向け、電源タップやケーブル類などを無料で貸し出しサポートするというものです。

音声周辺用のケーブルのみのサポートで、映像配信に伴うケーブル類の貸し出しは行っていないとのことですが、それでも大変ありがたい支援ですよね。

http://www.oyaide.com/ja/news/neo_news/new_project_information


活動自粛をしているミュージシャン達にレコスタを無料開放


新型コロナウイルスに起因するイベントの中止・延期・代替開催及び、損害を受けた興行場・飲食店・宿泊施設などに向けての支援プログラム「MOTION GALLERY」において、シンガーソングライターの笹倉慎介氏が、「活動自粛をしているミュージシャン達にレコーディングスタジオを解放したい」という趣旨のクラウドファンディングを実施し、支援を集めたことで実際に4月中のスタジオ無料化が決定しました。

3月31日まで追加の支援を募っており、支援金は5月の無料開放資金に充てるとのことです。

本来なら高額となるレコーディングの資金が抑えられると嬉しいですし、行動の制限がかかっている現状でもレコーディングなら出来そうです。

https://motion-gallery.net/projects/guzuri-recording-house/collectors

なお、大阪府は既に「ライブハウス感染は収束した」と発表していますが、ライブやコンサートなどの自粛や延期は後を絶ちません。新型コロナウイルス関連騒動の最中、ライブハウスやミュージシャンにおける状況が悪化しないことを祈るばかりです。

Continue Reading

Trending