Connect with us

Entertainment

【緊急インタビュー】『24時間ではしりぬける物理』小林 晋平准教授

United Code
2 of 3
Use your ← → (arrow) keys to browse


今回、24時間連続講義というある意味とんでもない企画に挑戦されるとは思うんですけど、そもそもこの企画をやろうと思った経緯とはなんでしょうか?


一つはやっぱり夜学が延期になったっていうのがありますね。
夜学は、物理を体感するとか、音楽と組み合わせて全然違うエンターテイメントとして物理を味わうイベントです。そこでは難しいものは難しいまま面白がったっていいじゃないかと。

そもそも難しいからこそ面白いってあると思うんです。推理小説が難しい方が面白いのと同じです。その興奮が全然伝わらないまま誤解されてるのは勿体ないなってずっと思ってたんですね。だからああいうイベントやりたかったんだけど、コロナの騒ぎで一つできなくなってしまった。

それともう一つ、動画で配信することは以前から考えてはいたんですが、少しためらっていたんですよ。やっぱり生で面と向かってやるものに比べると、動画では熱が伝わらないんじゃないかなって思ったりして。

喋る方としても、見てくれている人たちの表情が分からないとやりにくいわけですよ。

みんなが難しいって感じてるなとか、つまんなそうにしてるなと思ったら話題変えたりとかが出来ないわけで、動画ってやりにくいなって思ってたんですけど、コロナのこういう事態になった以上、一回動画の配信を試して見るべきかなって思ったんですよね。

できるできないとか言ってないでまず一回実験してみようと。それで自分で一人でYouTube動画を配信してみようと思ったんですよ。

動画は動画でまた良さがあって、繰り返し観れるとか好きなとこだけ観れるとか、そういうのって逆にライブでは出来ないことなわけですよね。

ただ、動画は熱を伝えにくいっていうのをすごく感じたんですよ。それをなんとかしたいと思ったときに、動画そのものじゃなくてパッケージの部分でというか、外側の部分で何か面白いイベント、お祭りにしたらひょっとしたら変わるんじゃないかなと思って。

なんか自粛ムードでつまらない感じになってるじゃないですか。

そんな時こそお祭りみたいなことをやりたくて、なおかつクオリティの高いものを届けられないかと思ったときに、高校物理で一気に駆け抜けるってことをやったらイベントとしても面白いし、しかもこれが役に立つなって人も多いんじゃないかなって思ったんです。

普段講義をしている大学や大学院むけの内容だと、理系の大学生とか、物理が好きな人たちにしか伝わらないですけど、高校物理なら、宇宙とか相対理論だけには興味あるんだけど今まで物理は敬遠してた人たちにもメッセージ届けられるなって。

それに、どんなに忙しくても1日なら物理に時間をもらえるんじゃないかと。何日間も勉強するのは大変かもしれないけど、たった1日。まあ24時間ではあるんですけど(笑)

たった1日付き合ってくれたら面白い体験できるかもしれませんよっていうのは、皆さん面白がってもらえるかなって思って。当初「48時間でやろう」っていう話もありましたけど、そのパターンがなくなったのは単純に僕の体力の限界です(笑)

48時間にしとけば多分詳しくやれるとは思いますけど、それはさすがに無理なので(笑)

僕もしゃべりたいことは山ほどありますけど、むしろそれを24時間になんとか収めるってのが挑戦かなと思っています。


そうですね。
今回の企画もそうなんですが、『夜学』だったり『大人の科学バー』だったりさまざまな活動を小林先生は行っていますが、そういった活動はなぜ行っているのでしょうか?


そもそも自分が何を知りたいと思ってやっていたのかを見つけたかったって所が大きいんですよ。
一般の人に向けて講座をやるのが一番いいのか、研究だけをやってる方がいいのか正直分からなかったんですね。

なのでとにかく動いてみようと思って皆さんの所で喋りだしたってのが実際のところで、喋ってるうちにだんだん自分がやりたい事が少しずつ明確になっていっている感じです。

少し見えてきたのが、RIIFS構想(リーフスこうそう)って僕が名付けている、文化都市構想というか、学びで街を作る構想ですね。RIIFS は Research Institute for Integrated Fundamental Sciences(統合基礎科学研究所)の頭文字です。様々な分野の基礎科学を研究できるところを作る。学びの力で世界を変えていく。

最後はどうなったら嬉しいかというと、僕は世界の深層は様々なものを全て含めて綺麗だと確信しているんですが、世の中には不当な理由で、本人のせいじゃないのに「世界が綺麗だ」なんて言ってられない人たちって沢山いると思うんですよ。

生まれたときからその国で戦争してたとか、親から虐待を受けているとか、ものすごく貧困の中にいるとか、「世界が綺麗」なんて、それこそそれが「綺麗事」だと思っている人は山ほどいると思うんです。少しでもそういう不幸を減らしたいなと思っていて。

僕は、戦争の一つや紛争の一つを止められなかったら学問としては力がないんじゃないかと思うんですよ。

本当の学問って最終的にはそういうものを止めれるぐらいの力があって、戦争でもなんでも、『馬鹿なことやめようぜ』、『くだらないことやめようぜ』って言えるのが本当の学問の力じゃないかと思っているんですよ。そして学問にはそういう力があるということを僕自身も確かめたい。

学ぶ街を作りたいっていうのは、その学問の力によって、本当の人間が人間として幸せになるための真の価値観みたいなものを探っていこうよっていう、そういう事が出来る場所を作りたいからなんです。

面白いからとか、楽しいからやってるんですって堂々と言えるような、そういうものを社会に実現したいなって思っています。

今回United Codeの皆さんとも一緒にやらしてもらって非常に僕も志が近いなって思ってるとこがあるんですけど、音楽の力で世界の貧困とかを少しでも無くしていけたらって想いがありますよね?

そこが一緒なんだと思うんですよ。なんかそういう止むに止まれぬ思いというか、自分にも何か出来ないかなって思って、とにかくできるところからやってるってのが。


小林先生自身そういった構想だったり想いに行き着いたキッカケってあったんでしょうか?


僕は子供のころからなぜかそうなんですよ。ひょっとすると父親が与えてきたものがそういうものだったのかも知れないですけど、小学校3年生の時にクラス目標を皆で考えてて、僕が思いついたクラス目標が『人間らしく生きる力を持とう』だったんですよ。

子供って直感的に大人は汚いとかなんか思ってるところあるじゃないですか?多分なんかそんな思いがあったんでしょうけど、なんとなく「人間が人間らしく生きてないんじゃないか」と思ったんでしょうね。

でも多分、多かれ少なかれ子供って誰でもそういう思いを持っているんですけど、だんだんそういうことを忘れていっちゃうんですよね。ただ、たまたま僕はラッキーで周りに同じ事を考える人たちもいたので、そのまま考え続けることを許されたっていうか。

アインシュタインの言葉なんですけど『研究者の良い所は、子どもが子どものままでいさせてもらえるところである』って言葉があって。


子供が子供のまま・・・


最近は研究者をとりまく環境とかも変わってて、少しずつそういうのが許されなくなってきてるのは物凄く悲しい話ですけどね。
それって研究者じゃないよなって思いますけど。


なるほど、本来あるべき姿というかスタンスが変わっていくにつれ、研究や学問の魅力などが伝わりづらくなってしまっているのですね。


では最後に、開催にあたって小林先生の意気込みをお願いします。


このチャレンジが前代未聞なのは僕にとってもそうなわけで、正直怖さもかなりあります。体力的な怖さとか、皆さんに喜んでもらえるのかとか。
ただですね、物理に対する見方が恐らく変わるだろうと思いますし、これを期に日本とか世界の学び方が変わるんじゃないかなって予感もしているんです。

最後は盛り上がって、『あれってなんだったろうね?』『あの盛り上がりってなんだったろうね?』ってなれば一番いいなっていう感じですね。皆さんと一緒に謎の一体感というか、よく分からない高揚感を味わいたいですね。

翌朝目が覚めたらあれ何だったろう?っていうのでもいいから、「一回あれを体験したらもう戻れないな」みたいなのを味わえたら良いなって思いますね。


ぜひそんな体験を生み出せるよう僕たちも尽力させていただきます!
本日はお忙しい中お時間いただきありがとうございました!

2 of 3
Use your ← → (arrow) keys to browse

Entertainment

アーバンでカラフルな藤井隆の世界

yuxxo

By

・株式会社よしもとミュージックがとにかくかっこいい

株式会社よしもとミュージックが作っているSLENDERIE RECORDがとにかくかっこいい。藤井隆は、よしもとの芸人というイメージが強いが、実は2014年から音楽レーベル「SLENDERIE RECORD」を設立。パフォーマンスもかっこよく、楽曲も爽快なダンスミュージックから90年代の懐かしいような楽曲までさまざまな音楽を歌いこなしている。

・90年代の音楽に強く影響を受けている

藤井隆は、90年代の音楽に影響を受けており、音楽好きというのも楽曲を聴けば伝わってくる。自身でプロデュースをこなし、これまで数々の有名アーティストと一緒に楽曲をつくりあげている。有名どころでいうと、浅倉大介、Tommy February6、DJ KAORI、tofu beatsなどがあげられる。

渋谷系の歌も歌いこなしながらも、ダンスナンバーを爽やかなボーカルで歌いこなしている。吉本興業の芸人ともコラボレーションし、パフォーマンスを行っているが、とてもかっこよくスタイリッシュなものに仕上がっている。

今回は、藤井隆の自主レーベル「SLENDERIE RECORD」から、オススメの楽曲をご紹介。さまざまなアーティストや芸人とコラボレーションしたダンスナンバーを是非チェックして。

・Like a Record round! round! round!(藤井隆、レイザーラモンRG、椿鬼奴)とのコラボ!

【MV】Like a Record round! round! round!「kappo!」(full ver.)
爽快なダンスナンバーが印象的。参加アーティストは、レイザーラモンRGと椿鬼奴。ボーカルもかっこいいし、振り付けや演出もクールに仕上がってる。芸人のユーモアさを残しつつも、とても音楽性のある楽曲。


・カラフルなデザインのMVとポップな音が魅力的な「YOU OWN ME」

藤井隆 MV「YOU OWE ME」(short.ver)
アルバム『COFFEE BAR COWBOY』に入っている楽曲「YOU OWN ME」。カラフルな画用紙をペラペラとめくるような映像のMVが、スタイリッシュでかっこいい。YouTubeのコメントも評価が高い楽曲で、音も映像もセンスがあり、かっこいいと称賛される1曲。


・ディスコナンバーと90年代の懐かしいメロディーが心を離さない

藤井隆ニューアルバム『COFFEE BAR COWBOY』トレーラーvol.3
『COFFEE BAR COWBOY』では、なんと藤井隆の大好きな元祖アイドル・松田聖子とのコラボレーションも果たしている。また、宇多丸 (RHYMESTER)や妻の乙葉とも楽曲制作を実現。とにかく楽曲がかっこよく、藤井隆の世界観も色濃く表現されているのだ。そこからは、彼の音楽に対するこだわりが見えてくる。アイドルが歌うようなキラキラとしたサウンドを自分の色に染めて、さらっと歌いこなしている。


藤井隆 “light showers” CFまとめ
アルバム『light showers』では、広告MVがCM風に作られており、面白い仕上がりになっている。自身でプロデュースも行っており、有名プロデューサーを起用しながらも、自身の色をしっかりと残している作品。楽曲もスタイリッシュで聴きやすく、かっこいい。


・その他にもさまざまなアーティストとコラボレーション

tofubeats – ディスコの神様 feat.藤井隆(LIVE)
音職人tofubeatとのコラボレーション作品は大人気の楽曲で、ライブでも大きな盛り上がりを見せる。ステージ上でもとにかくすごくキラキラしているのが印象的。アーバンな音楽はスタイリッッシュ。レーベル名「SLENDERIE RECORD」という名の通りスレンダーな音で聴いた人を魅了している。

tofubestsとの相性も抜群で、会場内の一体感が素晴らしい。藤井隆は見る人を笑顔にするエンターティナーとしても評価が高く、関東や関西ではディナーショーも開催予定。
(2020年4月27日現在、藤井隆によるディナーショー開催予定の情報はございません。訂正、お詫び申し上げます。)

アーバンな楽曲とエンターティメント性溢れるパフォーマンスと藤井隆の世界がどのようにアップデートされるのか注目である。

Continue Reading

Entertainment

韓国出身のプロデューサーNight Tempoとは?

yuxxo

By


・オンラインから生まれたネット音楽アーティスト「Night Tempo」


最初は趣味で始めた音楽制作。オンライン上でネット音楽を配信していき、ミュージックファンの間で瞬く間に人気になったのが、韓国出身の「Night Tempo」である。
彼の音楽ジャンルは独特で幅広く、フューチャー・ファンク、ローファイ・ヒップホップ、
ヴェイパーウェイヴ、シンセウェイヴなど多くのジャンルを手掛けている。

https://www.instagram.com/p/B5yFElYpr9_/


そんな彼は、父親の影響でソウルミュージックやイタロ・ディスコを聴いていたので、欧米のディスコミュージックまでも認知しており、自身でサンプリングを行っていた。
今では大人気で、フジロックなどにも出演するほどになっている彼だが、最初は全く別の仕事をしており、音楽はあくまで趣味で職業にするのは考えられないという現実的な考えだったようだ。しかし、音楽の知識は、群を抜いており、サンプリングのセンスもとても光るものがあり、周りが彼を放ってはおかなかった。

・初期作品はDaft Punkをサンプリング


当初のNight Tempoは、Daft Punkが好きで、Daft Punkのサンプリングがメイン。だが、角松敏生のような音楽も好みだったようで、それなら自分で混ぜてしまおうと考え、もしもDaft Punkと角松敏生が一緒に音楽を作ったら、どんな音楽ができるのかを考えた結果、フューチャー・ファンクが生まれた。

※フューチャー・ファンクとは?

日本語が死滅した「未来」からやってきたかも知れない謎の無法音楽「Future Funk」海外ではトレンドのジャンル。主に80年代のAOR系音源を、アッパーなリズム補強+フィルター+乱暴にエディットした感じのもの。
(参照)Future Funk Japaaan



・現在は昭和歌謡をサンプリング


韓国出身のプロデューサーNight Tempoだが、実は日本の80’Sアニメが大好きで、アイドル歌謡曲のサンプリングなども行っている。そのような点からも、幅広い音楽を作れる人になりたいという想いが伝わってくる。日本の音楽シーンは、閉じていて、もはやガラパゴス化しており、K-POPの方が世界的にも浸透している。海外で人気の日本の音楽は、Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅなど、ほんの一部。もしくはゲームやアニメになってくる。
日本の音楽を愛しているNight Tempoはもっと海外に向けて、日本の音楽を広めていきたいと活動の幅を広げていった。

View this post on Instagram

welcome to citypop heaven

A post shared by Night Tempo (ナイトテンポ) (@nighttempo) on


現在、Night Tempoが提唱している「昭和グルーヴ」は、シティポップというジャンルで海外の音楽好きのハートをキャッチしている。「昭和グルーヴ」は、日本の昭和アイドルなども
サンプリングしているので、子どもから大人まで楽しめる音楽で、家族のコミュニケーションにも影響を与える。沈み気味なニュースが多いからこそ、「昭和グルーヴ」のアッパーで未来的な尖ったグルーヴが必要なのである。



「昭和グルーヴ」最新作はBaBe。

『BaBe – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』

BaBe – Give Me Up (Night Tempo Showa Groove Mix) taken from 『BaBe–Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』


BaBe – I Don’t Know! (Night Tempo Showa Groove Mix) taken from『BaBe – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』

Continue Reading

Entertainment

【アーティスト支援企画】プロアーティストの楽曲と自由にコラボ配信出来る「origami Home Sessions」

United Code

楽器1つでどんな音でも奏でることができるミュージシャンが集うクリエイターチーム、レーベル『origami PRODUCTIONS』は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によりライブが出来ず収入が当面見込めないなどのアーティストに向けて楽曲を無償提供する「origami Home Sessions」

以前Newsでも取り上げたこちらの企画。さらに掘り下げ参加方法と参加作品の紹介します。



origami PRODUCTIONS

『1枚の紙でなんでもできるオリガミのように、楽器1つでどんな音でも奏でることができるミュージシャンが集うクリエイターチーム、レーベル。
Ovall、Kan Sano、Michael Kaneko、Hiro-a-key、Shingo Suzuki、関口シンゴ、mabanua、Nenashiが所属。
2007年に東京で産声をあげ、常に“音の鳴る方へ”と歩み続け、今に至る。
渋谷のアンダーグラウンドで盛り上がっていたジャズ、ソウル、ヒップホップを軸としたジャムセッションムーブメントを世界中の音楽ファンに届けるべくスタートしたが、現在はより自由な表現を追い求め、ジャンルレスでボーダレスなスタイルで活動の幅を広げている。
所属アーティストは国内外での大型フェスの常連であると同時に、映画・ドラマ・アニメやCM音楽の制作、また世界中のアーティストをプロデュース、リミックス、演奏などでサポートしている。』(引用 http://ori-gami.com/about/

origami Home Sessionsとは

 origami PRODUCTIONS のアーティストであるShingo Suzuki、mabanua、Kan Sano、関口シンゴ、Michael Kaneko はインストトラック、Hiro-a-keyはシンガーとしてアカペラをネットに公表。
楽曲はもちろん試聴可能でそのままの楽曲を楽しむこともできます。

これらの楽曲のパラデータ、ステムデータもダウンロード可能となっており、
そのまま使う、構成を変える、サンプリングするなどして、ラップや歌を乗せたり、楽器を足すなどして自由にコラボが出来楽しめます。アレンジなどの勉強をしている方もにも非常に役立つと思うので、外出自粛のこの時を使い技術を磨くのも良いのでは。

そしてこの企画の凄いのは、その楽曲はネットにアップしても、CDやストリーミングで販売してもOKというところ。つまりorigamiアーティストへの利益還元は必要なく、リリースしたアーティストの皆さんへ100%提供するとういう企画というところ。

『私達ももちろん楽曲をリリースしたり、ライブをやって収入を得る側にいますが、プロデュースや楽曲提供などで収益を得ることもできます。
つまり私達は普段からアーティストやレーベルの皆さんに生活を支えていただいている立場でもあります。
だから今は、ライブができないと困ってしまう仲間を助けるときだと思っています。
音楽ファンの方々も同じ曲で色々な歌、ラップ、楽器などのヴァージョンがどんどんリリースされたら自宅で楽しむ事ができます。些細なことですが少しでも盛り上がってくれればと思います。
地球上全員で、共にこの危機を乗り越え、またライブ会場でお会いできる日が来るよう心より願っております。
origami PRODUCTIONS アーティスト、スタッフ一同』( 引用origami Home Sessions



そして様々なアーティストが「origami Home Sessions」に参加、素敵なコラボを次々と配信されています。

origami Home Sessions使用方法

下記ガイドラインをご確認の上、楽曲制作、リリースをお願いいたします。

1. 可能な限りコラボ表記を入れてください。
feat. mabanua
Prod. by Shingo Suzuki
with Kan Sano
など表記方法はお任せします。

2. SNSで拡散させる際は ハッシュタグ #origamiHomeSessions #アーティスト名 #origamiPRODUCTIONS を入れてください。

3. リリースの際はJASRACなど著作権団体への登録は避けてください。
同じ楽曲が多数登録されてしまうことになってしまうので、ご協力ください。
( 作詞などをご登録したい場合は、同じ歌詞を別曲に乗せて登録するなどご対応いただければと思います )


White Teeth Donation


また、origami PRODUCTIONSのCEO対馬芳昭氏が、音楽関係者に向けたドネーション(寄付)「White Teeth Donation」を立ち上げたことも話題になっています。

「White Teeth Donation」は、対馬氏の自己資金を音楽シーンに寄付することで、「レーベル所属のアーティストに対してではなく、自分たちのいるフィールド(畑)を耕す」ことを目的としたドネーション。 その額はなんと2000万円。

『今必要なのは音楽仲間の目の前の生活を守る事、そしてこれを切り抜けた先の日本の音楽シーンをより良いものにしていく事。この2つを同時に考える事が重要』とし、『 外に出ず家にいる事が今最大の防御であり、他人を守る手段です。みなさんが安心して家にいるためにできる事をします。』と述べており、何よりも音楽家を守ることを一番に考えている。そしてそれが音楽業界を守り良くしていくとしています。

音楽家を守る『#STAYMUSIC』 はorigami PRODUCTIONSからご賛同いただいてます。

Continue Reading

Trending