Connect with us

Artist

ひとりバンド系ボカロP 「Blacksmith」

United Code

北海道札幌市在住のバーチャルミュージシャン兼ボカロP。
初めて買ったCDは「胸がドキドキ」 当時、小学校低学年だった私はザ・ハイロウズの存在を知らずに名探偵コナンの主題歌というだけで購入。
幼い頃は音楽に興味がさほどなく、むしろ嫌いで鍵盤ハーモニカには音階のシールを貼ったりリコーダーのテストは苦に感じていたり、歌は救いようのないほど音痴でカラオケに行っても楽しめないのは現在でも変わらず。

それからしばらくはテレビでよく流れているような流行りの曲をなんとなく聴いていたり、同級生からメロコア(青春パンクと呼ばれていたもの)を勧められて少しづつ音楽に興味を示すようになり、なんだかんだとダンス系の曲よりはバンドサウンドを聴く機会が増えた。
この当時、PHS(ピッチ)やガラケーが主流で機種の機能に音階を打ち込んで独自の着メロを作成できるというものがあって、耳コピができなくても1曲100円ほどで楽譜を購入できていたので自分好みの曲を着メロを作成して遊んでいた。

着メロは販売されているものを購入して使用するというのが大半だった中、自分で打ち込んだ着メロを投稿して公開するサイト「J研」を知って投稿を始める。
それと同時期の頃、友人がバンドを組むがドラムだけいないという状況で興味と好奇心で立候補。
ドラムの演奏方法などわからないまま友人に教えてもらいながら基礎を教えてもらいつつ演奏するようになった。
オリジナル曲は誰も作ることができなく、練習も兼ねてメンバー全員が共通して好きなバンドのコピーをしていたがライブに出るようなこともなく音楽性の違いや就職などの理由で解散したが私(ドラム)とギターで続けるも仕事の繁忙期に私が練習に参加できないことに対するギターの怒りが態度に出るようになって解散。

こんな事もあり、仕事をしながらバンド活動するのは難しいと痛感するも、音楽活動は続けたい気持ちがあってふとインターネット上視線に入った「DTM」というワード。
調べていくうちにパソコンやソフトウェア、その他機材などあれば1人で曲を作れることを知って、導入を進めていく。
このときはCubase6が出た頃で動画サイトや作った音楽を投稿できるサイトなどで色んな方が作ったバンドサウンドを聴いてバンド組まなくてもこんな風に曲を作れることに驚きながら感動してDTMの道を歩み始める。

始めはオリジナル曲を作る気は考えていなくて、着メロを作っていたときのように好きなバンドのコピーなどをして作っているだけで満足だったが慣れてくると公開して誰かに聴いてほしい思いが強く出てきた。
同時に公開するならオリジナル曲を作りたい気持ちもあって作詞はもちろんのこと、作曲も未経験だけどDTMなら1人でもバンドサウンドを奏でられることができるので、まずは1曲作り終えることに集中した。

現在、私が作る曲は友人に勧められたメロコアなどのパンクやバンドを組んでいた頃にメタリカのセイント・アンガーのMVをテレビで見て感銘を受けてメタルの世界に引き込まれ、それに独自の世界観を加えて成り立っている。

曲の特徴は全トラック打ち込みによるものでメタリックパンク≒パンキッシュメタルを軸に恋愛をテーマにしたものを多く採用している。

あのォ、硬い雰囲気はここまでにしましょうか😆✨
最近のDTMは1人で全てこなしてしまう方も多いですけど私はそんなことできません😭
何らかの形で私と関わっていただく際にはどうか仲良くしてやってください👍✨

Blacksmithはサポートを必要としています!
といっても難しいことではなくて曲を聴いていただいたり、何か感じ入ったことがあったらコメントなどいただくだけでとても嬉しいです!!
どうかBlacksmithの応援をよろしくお願いします🙇✨ 現在、1stシングル「Xinobi’s Love」が各種ストリーミングサイトにて1年間限定ですが配信販売されています😆✨

2022年10月7日(金)19:00~10月10日(月)17:00の間に開催されるボカコレ2022秋
ルーキー枠に「Ereshkigal」という曲で参加します😆✨

2022/10/30(日)に開催されるM3-2022秋
第三回:これが俺のメタルだ!!!叩き付けコンピに「Cheongsam Dress」という曲で参加します😆✨

それ以降はボカロV系、JPOP、洋楽カバー / ボカロメタル投稿祭 / ゆっくりボカロ曲投稿祭 2022冬 / 第一回 I or We GRAND PRIX
に参加予定です∑😆✨

オリジナル曲はこういったイベントの合間に制作して公開していきます🎧🎶


Blacksmith:
Twitter
サブスクリプション

お問い合わせはTwitterのDMでお願いします。

Continue Reading

Artist

ナユタと鈴木何某が思うこれからの「communication」の在り方について

United Code

玄徒ハクビ・ailuroad・吉岡大地からなる3人組バンド「ナユタ」と、シンガーソングライターの「鈴木何某」のコラ ボレーション作品「Discommunication」が2022年11月2日(水)にApple Music、Spotifyなどの音楽配信サイト からリリースされる。(「ナユタ」のアカウントからの配信)

本作品はコロナ禍でリスナーとのcommunicationに隔たりが生じた世界で、両者がアーティストとして次の表現 方法を見出す最中に巡り合ったことがきっかけで生まれたコラボレーション作品である。 内容は「伝える」という表現について正面から向き合い、話し合い、葛藤と悶絶の末、これからの communicationの在り方について再定義した楽曲となっている。

「ナユタ」のYouTube生配信番組「なぜナユタはコメントがもらえないのか?」の#51(2022年2月16日放送)にて 鈴木がゲスト出演した際、番組の1周年記念を祝うため「ナユタとコラボしたい」と急遽本番中に話を持ちかけた ことがキッカケとなり、本作品のプロジェクトがスタートした。

作詞、作曲を担当したハクビは、仕事をしながら時間を切り詰めて楽曲制作に取り組んでいること、かつてはラ イブハウスを中心に活動していたバンドマンであったこと、コロナ禍で表現方法が制限される中で、ネット中心の 音楽活動に上に苦悩しながらも必死で取り組んでいることなど、お互いの共通する境遇にあること着目し楽曲を 制作したという。

鈴木からの「バチボコ格好良いバンドサウンド」という無茶ぶりにも近い要望を受けて作られた原曲は、編曲の ailuroadの手によって見事にエモーショナルなギターロックに昇華され、両者の長いcommunicationをかけて楽 曲はさらに洗練され、聴いた者の耳から離れない中毒性の高いサウンドが完成した。

楽曲のコンセプトである「伝える」ことを重視するために、レコーディングは鈴木の地元である千葉で行われた。 ハクビは新潟、鈴木は千葉在住という物理的な距離は曲名通り「Discommunication」を生んでしまうことを両者 は危惧していたからである。 歌詞の理解度や楽曲への熱力をそのまま歌として記録することを狙っていたため、ツインボーカルという特性上 同じ現場で歌うことは必須だったという。

話し合いながら録音する鈴木(写真左)とハクビ(写真右)

レコーディングの最中もアイディアを出し合い、お互いの声を直接感じながら6時間という長時間をかけて録音さ れたテイクは、一体感がありつつも、それでいて「個の良さ」が引き出され、驚くほどマッチングした仕上がりと なっている。鈴木は、納得のいくまで歌い直すハクビの姿に感銘を受け、「自分にとって何にも代え難い、非常に 価値のある時間になった」と当時のことを振り返る。

(写真左から)吉岡、ハクビ、鈴木、ailuroad

ミュージックビデオの撮影は、レコーディングとは逆にハクビの地元新潟で行われた。総監督はハクビが担当 し、撮影は「ナユタ」と鈴木を結びつけた楽曲『日常』を撮ったカメラマンが参加。コラボであることを生かした構成 と、楽曲のテーマが色濃くシネマティックに描かれている。ミュージックビデオは、2022年11月9日(水)に公開と なる。(鈴木何某のYouTubeチャンネルにて公開)

「Discommunication」のアートワーク

アートワークについては鈴木が担当し、互いに伝えたい想いを言葉にして放ち続けるも「Discommunication」 が生じ、ぐしゃぐしゃに絡まった頭の中の様子がモチーフとなっている。日常に潜んだ「うまくいかない」瞬間をあ えて切り取りアート作品のような雰囲気で表現することによって、まるで美術館で絵を見る時のように自分自身 が直面している問題を俯瞰的に見つめ直す時間にして欲しいといった意味も込められているという。

様々な人との「communication」の中で自分の在り方を再構築していき、自身の人生のテーマや、これからど のように他人と関わっていくかを改めて見つめ直す機会をくれる。 また、明日が見えないストレスの感じやすい今の時代だからこそ必要とされる「気づきの始点」が、この楽 曲には確かに存在している。

ナユタ

僕らは日常にある見落としてしまいがちな疑問や感情を見つけ、それを形にすることで前向きに今日を生きています。そうして出来上がった答えや創作物を発信し、少しでも多くの人の心を前向きにしたいと活動をしています。メインとなる表現は音楽ですが、時には書籍の発刊やラジオ、生配信など、様々な媒体で制作もしています。

twitterhttps://twitter.com/nayuta
Instagramhttps://www.instagram.com/nayuta_official_/
YouTubehttps://www.youtube.com/user/nayuta0910


鈴木何某(すずき・なにがし)

特徴的な歌声を武器に、コンセプチュアルな世界観の楽曲を放つ男性シンガーソングライター。2014年頃までロックバンドのフロントマンとして活動していたが、2020年よりソロに転向。以降自身が脳内に描いた架空アニメのオープニング楽曲や、その中に登場するバンドのアルバムなどを制作。近年はSNSを媒介して、他アーティストとコラボするなど精力的に活動している。

twitterhttps://twitter.com/nanigashisuzuki
Instagramhttps://www.instagram.com/nanigashisuzuki/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCGUcCKrltTIW6LvzB_wn9Zg

Continue Reading

Artist

ノッテケ!山形から世界へ

United Code

山形を、中心に音楽活動をしてるD-5(でぃーふぁいぶ)
バンドSimulPhantasia(サイマルファンタジア)のDrumsでありながら、ソロでも曲を作りYouTubeに載せたり、配信サイトで披露したり、活動の場を広げてるアーティスト
バンドSimulPhantasiaは「幻想への旅」をコンセプトに、山形から東北へと幅広げて、YouTubeでも配信。

ソロの曲はcubaseを使いバンドにも活かせるような音源でつくり、自作MVで投稿してる
楽しくコスプレして、「ドラム叩いてみた」動画もYouTubeで配信中
今後「D-5」関東進出目指して突き進んでいく


D-5(でぃーふぁいぶ) :

Twitter
Instagram
TickTok

ご連絡はTwitter、インスタのDMにお願いします

Continue Reading

Artist

n_o.b_o、轟音ギターと混声ヴォーカルで原点回帰

United Code

フジタニシンヤによる音楽プロジェクト「n_o.b_o」がデジタルシングル『inN(o)cence feat. chimo』を8/31から各サブスクリプションサービスにて配信開始。

前作同様に女性シンガーのchimoとのコラボレーション。

原点回帰となる轟音ギターと清涼感あふれる混声ヴォーカルによるドリーミーなギターロックに仕上がっている。


▲chimo

Twitter : https://twitter.com/chimo77vo

「inN(o)cence feat. chimo」/ノボ

2022年8月31日リリース

ダウンロード配信/ストリーミング配信

レーベル:Chyo-Mahha Records

Web : https://no-bo.net

音源リンク : https://youtu.be/Zhh0RpYpZus

MV : https://youtu.be/Zhh0RpYpZus

Continue Reading

Trending