Connect with us

Artist

howling (ハウリング) その輝きの軌跡

United Code

2018年からソングライターとして活動を続けるhowling(ハウリング)の進化は続いている。

その唯一無二の存在は、新しい世界を切り拓いていく光だ。

これまで4年半の活動を経て、決して露出度が高いとは言えないだろう。
それはライブ活動の希少性とともに、
デジタル雑誌等に掲載された事も、これまで決して多くはなかった事等もあるかもしれない。

今回はhowlingの一番の魅力である、楽曲をピックアップしていく事でソングライター、ロックンローラー、表現者としてのハウリングに光を当ててみたい。

まずはhowlingを語る上で欠かせない楽曲、2021年に発表した
「Voice of Rock」ボイスオブロックだ。

まさにhowlingのテーマと言うべきロックナンバーは、冒頭の稲妻のようなイントロから心を持っていかれる。howlingの楽曲は毎回全て自作のLyric Videoでリスナーを本気で楽しませる。

これまでの作品の中で撮影場所は海外もあれば
海や山、音楽スタジオから撮影専用のスタジオまで、いろんなロケーションの中で、楽曲の世界観をとことん追求して、その時ベストなものを選び、自ら表現し、作りあげている。

Voice of RockのMVの世界観はそのなかでも特筆に値するクオリティだ。

「カッコいい日本のハードロックは○んじゃいない完璧 やられました」 
「これぞロック!!歌詞もサウンドも熱い!」


SNSにも、このようなコメントが多数寄せられている。

そして、次に紹介するのは、同じく2021年に発表された楽曲「First Star」ファーストスターだ。

爽快感と感動が突き抜けるようなロックナンバーで、特にリスナーの間では語り草になっている、唯一無二の熱いメッセージは必聴だ。
2021年12月の東京、新宿でのストリートライブは、この曲で締め括られた。

SNSで寄せられたコメント

「またしても新境地・・!
前回以上の強烈な疾走感です!
奮い立たせる様な語りからのアグレッシブなギターソロは是非ライブで聞いてみたいクライマックスでした!」

そして2022年、6月に発表されたのが
「天赦」てんしゃ

音楽というのは生活や人生と共にあるものだから、世情や世界情勢等が楽曲に与える影響というのも少なくないかもしれない。
基本的には表現したいものや思い、世界観が確固としてあり、世の中の出来事によって、生まれかけた作品が変化したり、どうしても影響を受けざるをえないようなものがあった場合、
さらにより深く、ものごとを多面的に考える機会として捉え、そのうえで
もともとの表現を超えるものを意地でも作り上げる精神が、howlingにはある。

作品を発表する時期を見極め、世の中の動きにもしっかりと対応しつつ自分の軸を失わない。
自分自身の音楽を信じ、続けていく覚悟がないと、これだけの事はできないだろう。

孤高ではあるかもしれないが、
しっかりと世界とは繋がっている。

そして前述の通り、場当たり的ではない、確固とした表現したいものがぶれずにあるから、リスナーを本当に後悔させない場所に、連れていく事ができるのだ。

ストーリーに没頭する事ができ、
その全てに緻密に張り巡らされた
文脈や足跡を辿ることが、すでにエンターテイメントになっている。
それこそが、howling自身も理想とする
最高のソングライターなのだろう。

ここで「ファスト映画」を話題にしたいと思う。

映画の映像を使用して、字幕やナレーションをつけて10分程度にまとめてストーリーを説明したようなものである。

許可をとってないものは良くないだろうが、それを世の中が求めているのであれば、その要求自体を駄目だと単純に切り捨てるものではないだろうし、
これから主流になっていくのかもしれない。

しかし、howlingの表現したいものというのは、ファスト映画とは真逆のものだと言える。

howlingの楽曲には、辞書や検索を使わないとわからないような言葉があったりする。
言葉そのものだけではなく、
本当に楽しむためには聴き手の想像力を使わないと理解できないような曲が多いのではないか。
ただ、無理に想像させるわけではなく、
自然と想像したくなるような作りにはなっている。

もちろん「アサナサナ」という曲のように、大人から子供までたやすく理解できそうな、
比較的わかりやすい言葉や構成で作られた楽曲もある。そんなわかりやすい曲も書けるのだろうが、

howlingの真骨頂は、多面的、多角的な要素を含み、それゆえに多くの人々に寄り添う事ができる反面、ただ一人のパーソナルな部分を掘り下げる事で、まさに自分のための曲だと心から思える楽曲を書ける、その能力だ。

howling自身が子供の頃に、まだ意味がわかってなかったような大人の表現であったり、強く印象に残り、それでいて心惹かれるような難解な表現をしている作品や作者というのは、意味がわからないとしてもそこは問題なく、むしろそこも含めて好きだったという。

そして、それはとてもわかりやすい言葉や表現だけを使った作品よりも、きっと好きだったのだろう。

これからの時代にファスト映画やファスト音楽のような、わかりやすく、タイムパフォーマンスの良い物が主流になるのは仕方ないかもしれないが、それだけになってしまっていいのか。

もちろん、深い味わいのある作品を、よりわかりやすくするための解説やファスト映画、動画というのは現代人によって価値があるものと言えるだろうが、
それだけに慣れてしまったりして、本来の、作り手の表現の行き届いたフルの尺での作品を観なくなったり、聴かなくなったりするのは良くないのではないか。

想定できる具体的な問題点としては、
ファストなものだけに慣れてしまったとして、
深い表現、一度通るだけだとわかりにくいような表現を理解しなくなったり、難しい言葉や漢字を敬遠したり
してしまう世の中ができてしまったとしたら、

howlingの作品に趣があると感じるようなリスナーや、またhowling自身が楽しめるような作品も、これから生まれなくなってしまうのではないかという事だ。

楽曲に想像する余白、行間に想像する余地、余韻の残る歌詞を書く。
3分や4分以内の、サブスクに都合の良い尺の曲が主流だとしても、
表現に必要であれば、ためらいなく楽曲にソロギターもとりいれる。

howlingは自身の楽曲を残すことで、
そんな自分の好きだった文化も残したいという使命感があるに違いない。

howling自身が、そういったロックでないと魅力を感じないのであろう。

タイムパフォーマンスの時代だとしたら、
その流れに関してだけ言えば逆行しているのかもしれない。

しかし、howlingの創り出す全ての作品の一つ一つの表現はしっかりと時代の核心に迫り、
呼応し、流れにそっている。
これからも、彼にとって必要な世界が、
それはおそらく多くの人にとっても有益な世界が、また誕生する。

これからさらに、より多くの人たちに届き、愛される事によって、
永遠に輝き続ける作品として息づいていくに違いない。

前置きが長くなってしまったかもしれないが、
この「天赦」てんしゃという曲は、
曲自体を理解しようとすると、
聴き手の想像にかなり委ねられるような楽曲と言えるだろう。howling本人も、楽曲の世界観そのものについては多くは語っていないようだ。かなりハードでオルタナティブなロックナンバーだ。

SNSでは、

「かつて無いほど壮大な世界観・・!
今の世界に一石を投じるような一曲でした!
最後の「愛してる」に色んな意味が込められてると解釈しました・・」

というコメントや、他にもさまざまな解釈、
感想が寄せられた。

2022年発表作品でもうひと作品あげるとしたら、
「ドッペルゲンガーでも君に会いたい」だろう。
ロックナンバーがオリジナル楽曲を彩るなかで、時おりみせるバラードもhowlingの表現の魅力だ。

howlingの兄がある日howlingに言った
「ドッペルゲンガー」という言葉を使った曲を書いてほしい。
という、なかば大喜利に近いようなお題を、

普段そのようなオファーは受けることはしてこなかった
(表現したい事が自分のなかでまとまっており、アルバム全体の構想や曲数などもほぼ最初から決めているため)howlingではあるが、
アルバム制作中に本人曰く、楽曲が降ってきたため、急遽書き上げた作品。

兄本人からも、何度も感動し、何度も泣いてしまった、という言葉がhowlingのもとに届き、
まさにリスナーが心から自分のための曲だと思える楽曲を、
howlingが書く事ができた事を証明するエピソードの一つとなっている。

これまでのhowling作品は、howling自身を起点とする世界観や目線から生まれた表現だと言うことができると思うが、
この作品では、これまでの私小説的と言えるような世界観を出て、またその作品の表現の新しい扉をあけたとも言えるだろう。

一方で、SNSでは、

「切ない歌詞に切なげに響く歌声がホントに沁みますね 歌詞に共感しすぎて、自分の過去なんかも思い出して泣きました」

というようなコメントも寄せられている。
ただ一人の心に寄り添う事は、また他の誰かの心に寄り添う事でもあるのだ。

2022年中か、2023年になるか、
いよいよhowlingのセカンドアルバムが完成予定だ。

ここで紹介した楽曲も含め、全てが珠玉のナンバーで埋め尽くされた、
そのアルバムを手に入れた人は、howlingの表現、その思いや作品のコンセプトをあますところなく感じ、受けとめる事ができるだろう。

もちろん、サブスクでもほとんどの曲が配信されてはいる。

ただサブスクだけでは得ることができない感覚を、ぜひフィジカルによって体験してほしい。

2020年2月に発売されたhowlingの
1st Album「Off-Road」
(すでに所有している人がレアな存在かもしれない)はライブ会場やhowlingと直接交流できる場所のみで手に入る特別限定品だったが、

前述の通り、2022年が終わる前になるか、もしくは2023年には発表されると思われる予定のセカンドアルバムは、どのような展開があるかも期待したい。

特に、ライブに行くことができなくても
フィジカルを求めるリスナーも今後は満足できるように、オンライン等での販売対応にも注目が集まる。

なお、howlingのライブは2021年12月の東京ライブ以降、行われていなかった(2022年10月現在)が、不定期的に、また突然ストリートライブ等が再開されるのかも、ぜひhowlingの LINE公式に登録して、動向を知っておきたい。

howlingのLINE公式、無料登録はこちら
↓ ↓ ↓
https://swhl.online/sub/orlp-html/ ‎

代表曲「月下 Queen of the Night」

一番の才華 

howling
Webサイト
YouTube
Twitter

お問い合わせはこちら
rsj10012@nifty.com

Continue Reading

Artist

ナユタと鈴木何某が思うこれからの「communication」の在り方について

United Code

玄徒ハクビ・ailuroad・吉岡大地からなる3人組バンド「ナユタ」と、シンガーソングライターの「鈴木何某」のコラ ボレーション作品「Discommunication」が2022年11月2日(水)にApple Music、Spotifyなどの音楽配信サイト からリリースされる。(「ナユタ」のアカウントからの配信)

本作品はコロナ禍でリスナーとのcommunicationに隔たりが生じた世界で、両者がアーティストとして次の表現 方法を見出す最中に巡り合ったことがきっかけで生まれたコラボレーション作品である。 内容は「伝える」という表現について正面から向き合い、話し合い、葛藤と悶絶の末、これからの communicationの在り方について再定義した楽曲となっている。

「ナユタ」のYouTube生配信番組「なぜナユタはコメントがもらえないのか?」の#51(2022年2月16日放送)にて 鈴木がゲスト出演した際、番組の1周年記念を祝うため「ナユタとコラボしたい」と急遽本番中に話を持ちかけた ことがキッカケとなり、本作品のプロジェクトがスタートした。

作詞、作曲を担当したハクビは、仕事をしながら時間を切り詰めて楽曲制作に取り組んでいること、かつてはラ イブハウスを中心に活動していたバンドマンであったこと、コロナ禍で表現方法が制限される中で、ネット中心の 音楽活動に上に苦悩しながらも必死で取り組んでいることなど、お互いの共通する境遇にあること着目し楽曲を 制作したという。

鈴木からの「バチボコ格好良いバンドサウンド」という無茶ぶりにも近い要望を受けて作られた原曲は、編曲の ailuroadの手によって見事にエモーショナルなギターロックに昇華され、両者の長いcommunicationをかけて楽 曲はさらに洗練され、聴いた者の耳から離れない中毒性の高いサウンドが完成した。

楽曲のコンセプトである「伝える」ことを重視するために、レコーディングは鈴木の地元である千葉で行われた。 ハクビは新潟、鈴木は千葉在住という物理的な距離は曲名通り「Discommunication」を生んでしまうことを両者 は危惧していたからである。 歌詞の理解度や楽曲への熱力をそのまま歌として記録することを狙っていたため、ツインボーカルという特性上 同じ現場で歌うことは必須だったという。

話し合いながら録音する鈴木(写真左)とハクビ(写真右)

レコーディングの最中もアイディアを出し合い、お互いの声を直接感じながら6時間という長時間をかけて録音さ れたテイクは、一体感がありつつも、それでいて「個の良さ」が引き出され、驚くほどマッチングした仕上がりと なっている。鈴木は、納得のいくまで歌い直すハクビの姿に感銘を受け、「自分にとって何にも代え難い、非常に 価値のある時間になった」と当時のことを振り返る。

(写真左から)吉岡、ハクビ、鈴木、ailuroad

ミュージックビデオの撮影は、レコーディングとは逆にハクビの地元新潟で行われた。総監督はハクビが担当 し、撮影は「ナユタ」と鈴木を結びつけた楽曲『日常』を撮ったカメラマンが参加。コラボであることを生かした構成 と、楽曲のテーマが色濃くシネマティックに描かれている。ミュージックビデオは、2022年11月9日(水)に公開と なる。(鈴木何某のYouTubeチャンネルにて公開)

「Discommunication」のアートワーク

アートワークについては鈴木が担当し、互いに伝えたい想いを言葉にして放ち続けるも「Discommunication」 が生じ、ぐしゃぐしゃに絡まった頭の中の様子がモチーフとなっている。日常に潜んだ「うまくいかない」瞬間をあ えて切り取りアート作品のような雰囲気で表現することによって、まるで美術館で絵を見る時のように自分自身 が直面している問題を俯瞰的に見つめ直す時間にして欲しいといった意味も込められているという。

様々な人との「communication」の中で自分の在り方を再構築していき、自身の人生のテーマや、これからど のように他人と関わっていくかを改めて見つめ直す機会をくれる。 また、明日が見えないストレスの感じやすい今の時代だからこそ必要とされる「気づきの始点」が、この楽 曲には確かに存在している。

ナユタ

僕らは日常にある見落としてしまいがちな疑問や感情を見つけ、それを形にすることで前向きに今日を生きています。そうして出来上がった答えや創作物を発信し、少しでも多くの人の心を前向きにしたいと活動をしています。メインとなる表現は音楽ですが、時には書籍の発刊やラジオ、生配信など、様々な媒体で制作もしています。

twitterhttps://twitter.com/nayuta
Instagramhttps://www.instagram.com/nayuta_official_/
YouTubehttps://www.youtube.com/user/nayuta0910


鈴木何某(すずき・なにがし)

特徴的な歌声を武器に、コンセプチュアルな世界観の楽曲を放つ男性シンガーソングライター。2014年頃までロックバンドのフロントマンとして活動していたが、2020年よりソロに転向。以降自身が脳内に描いた架空アニメのオープニング楽曲や、その中に登場するバンドのアルバムなどを制作。近年はSNSを媒介して、他アーティストとコラボするなど精力的に活動している。

twitterhttps://twitter.com/nanigashisuzuki
Instagramhttps://www.instagram.com/nanigashisuzuki/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCGUcCKrltTIW6LvzB_wn9Zg

Continue Reading

Artist

ノッテケ!山形から世界へ

United Code

山形を、中心に音楽活動をしてるD-5(でぃーふぁいぶ)
バンドSimulPhantasia(サイマルファンタジア)のDrumsでありながら、ソロでも曲を作りYouTubeに載せたり、配信サイトで披露したり、活動の場を広げてるアーティスト
バンドSimulPhantasiaは「幻想への旅」をコンセプトに、山形から東北へと幅広げて、YouTubeでも配信。

ソロの曲はcubaseを使いバンドにも活かせるような音源でつくり、自作MVで投稿してる
楽しくコスプレして、「ドラム叩いてみた」動画もYouTubeで配信中
今後「D-5」関東進出目指して突き進んでいく


D-5(でぃーふぁいぶ) :

Twitter
Instagram
TickTok

ご連絡はTwitter、インスタのDMにお願いします

Continue Reading

Artist

n_o.b_o、轟音ギターと混声ヴォーカルで原点回帰

United Code

フジタニシンヤによる音楽プロジェクト「n_o.b_o」がデジタルシングル『inN(o)cence feat. chimo』を8/31から各サブスクリプションサービスにて配信開始。

前作同様に女性シンガーのchimoとのコラボレーション。

原点回帰となる轟音ギターと清涼感あふれる混声ヴォーカルによるドリーミーなギターロックに仕上がっている。


▲chimo

Twitter : https://twitter.com/chimo77vo

「inN(o)cence feat. chimo」/ノボ

2022年8月31日リリース

ダウンロード配信/ストリーミング配信

レーベル:Chyo-Mahha Records

Web : https://no-bo.net

音源リンク : https://youtu.be/Zhh0RpYpZus

MV : https://youtu.be/Zhh0RpYpZus

Continue Reading

Trending