Connect with us

News

ローランドが新製品を発表!電子和太鼓など新モデルが登場

United Code

Copyright © 2020 Roland Corporation

ローランド株式会社が、自社の新製品を紹介するイベント「Roland/BOSS 2020春 新製品発表会」を2月7日(金)に開催した。このイベントでは、世界初の担ぎ桶スタイルの電子和太鼓やステージピアノ、88鍵盤MIDIコントローラー、ギター・シンセサイザー、ギター・アンプ、電子ドラムなど数多くの新製品がお披露目された。

さまざまな太鼓を演奏できる電子和太鼓「TAIKO-1」

「TAIKO-1」は、桶胴太鼓のほか、定番の長胴太鼓や力強い高音が魅力の締め太鼓、迫力のある大太鼓などを、これ1台で演奏可能。竹バチや雪バチといった撥の違いや複数人で同時に叩いた太鼓の音、チャッパや拍子木などの鳴り物や掛け声、さらに太鼓以外の打楽器や効果音までも内蔵する。和太鼓はたった一つの打面から多彩な音を奏でるが、「TAIKO-1」はそれらも再現。叩く強さによって音量が変化するのはもちろん、V-Drumsで培った打点検出機能により和太鼓と同様に叩く位置によっても音色が変化する。

担ぎ桶スタイルのほか、一般的な台を使用した演奏や、表面と裏面を分離して使用する締太鼓2台での座奏にも対応(左)。音源部の裏面には出力端子を用意。メイン出力はモノラルのフォーン端子、ヘッドホンはステレオミニ(右)。

これまで難しかった太鼓の自宅練習も可能になり、打面には「TAIKO-1」専用に開発された3層構造のメッシュ・ヘッドを採用、自然な叩き心地と静粛性を兼ね備えられている。さらにメトロノームや太鼓練習に欠かせない“地打ち”フレーズも搭載し、再生しながらのソロ・パフォーマンスも可能だ。重さは一般的な担ぎ桶太鼓と同様の約4.5kg。可搬性にもこだわり、打面と音源部、8つのロッドに分解してコンパクトにすることで気軽に持ち運ぶことができるようになっている。

地域や所属団体によって求められる太鼓の音はさまざまだが、「TAIKO-1」ならそうした心配がない。USBメモリー経由でオーディオ・ファイルを取り込んで演奏ができるのだ。自身が所有する太鼓の音を収録して演奏したり、内蔵の音色と取り込んだ音を重ねて新しい音を作ることが可能で表現の幅を広げることができる。

電池駆動可能なのも大きなポイント。単3形充電式ニッケル水素電池8本で約5時間の演奏が楽しめる。BOSS WLシリーズなどのワイヤレス・システムと組み合わせれば、ステージ上を動き回ってのパフォーマンスも可能だ。また、ヘッドホンを使用すれば夜の自宅練習も周りに気兼ねなく行える。Bluetooth機能を備えているので、スマホ内の曲に合わせて練習できるのも見逃せないポイントだ。

新製品の詳細は公式サイトから

https://www.roland.com/jp/



(参考)
ローランド

News

ギタリストISAOデビュー20周年記念オーケストラコンサート11月28日開催

United Code

Spark7、Cube-Ray、TRIMULTI、soLiなど自身のプロジェクトから浜田麻里やFukiなど数多くのサポート活動も行い国内外問わずワールドワイドに、そして世界中のミュージシャンからの評価も高いギタリストISAOの音楽活動20周年記念をISAO自身初のオーケストラ編成で一夜限りのライブが11月28日に開催される。
また、ゲストにギタリスト飯塚昌明の参加も発表されている。

ISAO

多種多様なギターテクニックを持ち「技のデパート」と呼ばれる多弦ギタリスト。
2000年にインストルメンタルバンド 「bright-NOA(ブライトノア)」でBMGファンハウスよりメジャーデビュー。 バンド解散後、ソロギタリストとして活動を開始。

難解なプログレッシブメタルを基礎としたインストルメンタル音楽を得意とし、そのルーツはゲーム音楽という。プロゲーマーと言われる程のゲームテクニックも持つほどのゲーム好きであり、そんなゲームをこよなく愛するプロミュージシャン達で結成したゲーム音楽カバーバンドULTIMATESのリーダーとしても活動をしておりゲーム好きの人達からの評判も非常に高い。

そんな難解な音楽ジャンルでありながら耳に残る聴きやすいメロディそしてサントラの様な抑揚のある音楽が特徴。またロックやメタルに特徴の多弦ギターもただヘビーに激しくだけではなく幅広い音楽表現の為に駆使されており、他の多弦ギター音楽とも違う表情を表している。

2005年にIKUO(B)、長谷川浩二(Dr)とのバンドCube-Rayを結成、 強力なリズムに凄まじいテクニックで素晴らしいアルバムを完成させた。
ISAO&IKUOはフレットボードを縦横無尽に駆け巡る音数の嵐、そこに長谷川浩二のヘビーなドラムが全体を支え、そして時に怒涛のスティックワークで絶妙に絡むサウンドは数多くのロック好きを魅了し影響を与えている。

国内で様々なミュージシャンとセッションを繰り返し、その後ISAOは渡米。ソロ名義でドラムに元EXTREME、現Dream TheaterのMike Mangini(マイク・マンジーニ)やギタリストSteve Vaiのサポートベーシストとしても有名なPhilip Bynoe(フィリップ・マイノー)が参加し発表。

ポップ、ロック、ジャズ、メタルと幅広いドラマーTohmas Laung(トーマス・ラング)やゲストギタリストにTony Macapine(トニー・マカパイン)、キーボードにCASIOPEA 3rdの大高清美が参加しSpark7を発表。またイタリアの多弦ギタリストGianluca Ferro (ジャンルカ・フェロー) など数多くの海外ミュージシャンと共演し国内外問わず数多くのミュージシャンからも評価が高く活動をしている。

メインギターを7弦から8弦ギターへと変え、フレットレスベース奏者の永井 敏己と手数王ことドラマー菅沼孝三とTRIMULTIを結成。ギター・ベース・ドラムのトリオとは思えない緻密に計算された変拍子、高速ユニゾン、超絶技巧ソロの連打とエキサイティングなプログレメタル、ジャズ、フュージョンとも一括りに出来ないエキサイティングな世界観を作り上げている。またここでは9弦ギターも使われている。

そしてバイオリニストの星野沙織 とのユニットsoLiを結成。ゲーム音楽カバーバンドのメンバーでもある星野沙織とギターとバイオリンの組み合わせで、よりISAOのルーツに近いゲーム音楽の様な世界観と生のバイオリンと多弦ギター特有の洗礼されたサウンドを作り上げている。

活動20年の集大成

そんなISAOの20年という活動の集大成ともいえるコンサートを自身初のオーケストラ編成で11月28日に保谷こもれびホール・メインホールにて行われる。
ISAOのテクニカルな音楽は必ずしも演奏者やミュージシャンだけに止まらず、様々な方からも評判高くISAOの音楽からインストルメンタルやメタルへとハマる人も多い。そんなISAOによるオーケストラ編成は新たな世界観を見せてくれるだろう。

そんなISAOの20周年を記念してWandsのギタリスト柴崎浩氏、アニソンシンガー 佐咲紗花氏、ベーシスト瀧田イサム氏、イタリアのギタリストGianluca Ferro(ジャンルカ・フェロー)氏など 国内外の著名アーティストからもお祝いのメッセージが届いている。それらはISAOのツイッターより公開されている。( Twitter :Isao1229

また、今回のオーケストラコンサートメンバーのインタビュー動画などもISAOのYouTubeチャンネルで公開されており、楽しくも興味深いインタビューが拝見出来る。( YouTube: ISAO FUJITA

是非ともこの一夜限りのISAO20周年記念オーケストラ編成『Symponic Spark7』をお見逃しなく!



ISAO Debut 20th Anniversary Concert ”Symphonic Spark7″

2020年11月28日(土曜日)
開場18:15 開演19:00

会場:保谷こもれびホール・メインホール

前売券:7,000円
当日券:7,500円

チケットお問い合わせ:
symphonicspark7@gmail.com
※お問い合わせの際、お名前、ご連絡先(電話又はメールアドレス)、チケット枚数
チケット送付先ご住所を忘れずにお書きください。

出演:
ISAO(Gt.)
Mao(Key.)
前田遊野(Dr.)
森田悠介(Ba.)

ゲスト
飯塚昌明(Gt.)

Spark7オーケストラ
(Vn.)
Jill(Con.Mas.)
西浦詩織
平本小都美
青柳萌
emyu
小夜子
秋葉彩恵
西野絢賀

(Va.)
飯顕
塩加井ななみ

(Vc)
佐野まゆみ
秋津瑞貴

遠藤定(Cb.)

SANAE(Hp.)

ヒロムーチョ(Fl.Sax)
高田園子(Ob.)
村上あづみ(Cl.)
丸山佳織(Fg.)
荻原和音(Tp.)
竹内修・石川善男(Hr.)
白井友理恵(Tb.)

山下由紀子(Perc.)

星野沙織(Cond.)


参照
Twitter :Isao1229
YouTube: ISAO FUJITA

Continue Reading

News

タイの電子音楽ユニットDCNXTR(デコネクスター) New Single 『PATPONG』リリース

United Code

UnderworldやBattlesとも共演するタイのDCNXTR(デコネクスター)が約2年ぶりの新曲「PATPONG」をリリースしました。

新曲「PATPONG」は、COVID-19でアーティストを支援するための特別プロジェクトであるCEA(クリエイティブエコノミーエージェンシー)が運営するCEA VACCINE “Sound of the city”プロジェクトで制作されたDCNXTRの新曲です。

楽曲のタイトルである「パッポン」はシーロムロード周辺にあるバンコクでも有名な歓楽街の1つです。 現地のタイ人、そして多くの旅行者の訪問によって街が繁栄してきた姿をDCNXTRは楽曲の中で表現しました。

過去のDCNXTRの楽曲と同様に、ニューシングルもエネルギーで満たされています。 テクノとエレトロクラッシュを混合したようなサウンドはドラムとベースラインとともに、パッポンストリートに足を踏み入れるようなサウンドに仕上がりました。

ニューシングル「PATPONG」はSpotify, Apple Musicはじめダウンロード、サブスク各社にて配信中。

YouTubeにて屋外パートがパッポンで撮影されたオフィシャル・ミュージックビデオが公開中。

タイ・バンコクを拠点に活動する男女デュオ。2014年リリースされたデビューシングル「Beautiful Moment」がBKマガジンにおいて2014年のTOP5ソングに選出される。

ボーカルPiruntar Kalasanimi(ピルンター・カラサニミ)の声ととCharlie de Nipanan(チャーリー・ド・ニパナン)の創り出す チルでドリーミーでポップな世界感は、アジア人特有のオリエンタル感もさることながら、チャーリーの作り出すスペイシーなサウンド、ボーカリストのピルの繊細な歌声はインターナショナル が美しい世界へと誘う。

2015年7月にはタイにて1stALBUM「CONNEXT」をリリース。楽曲がラジオチャートで上位を獲得するなど各メディアで話題に。9月にはScapeRec,Tokyoのコンピレーション「Collection CONNNECT」にて日本デビューも果たす。

<参考>
scaperec’s web site ( 音楽レーベルScapeRec,Tokyo(スケープレック東京)のオフィシャル・サイトです。)

Continue Reading

News

HMGNC New シングル 『Lost in You (feat. Greybox)』リリース

United Code

インドネシア・バンドゥンを代表する電子音楽トリオ”HMGNC”(ホモジェニック)が2020年8月28日に最新シングル『Lost in You (feat. Greybox)』をリリースした。

今回の新曲「Lost in You」は恋をしそして深く恋に落ちる女性の物語を描いています。
ダウンテンポのエレクトロニックミュージックのサウンドと生音のサックスの音色、そしてアマンディアの美しい歌声が聴く人をスペーシーでメロウなHMGNCワールドへ誘います。

新曲にサックスで参加したゲスト・ミュージシャンRizky ArgadiprajaはGreyboxとしての活動でも知られます。

 新曲を通じて、HMGNCは前作2作のシングル「When Love Awaits」、「You Are Not Alone」とは異なるサウンドを提示。
コロナウイルスの自粛期間にメンバーのアマンディア(ボーカル)、グラハディア(シンセサイザー&プログラマー)、ディナ(シンセサイザー&プログラマー)は自分たちの音楽をさらに探索し楽曲を制作、レコーディングし2021年には待望の6枚目のアルバムのリリースを予定。



Spotify、AppleMusic、iTunesStoreはじめダウンロード、サブスク各社にて配信中。

試聴リンク:
https://ampl.ink/om4pZ

<参考>
ScapeRec,Tokyo(スケープレック東京)オフィシャル・サイト
Homogenic / HMGNC オフィシャル・サイト
amplify.link

Continue Reading

Trending