Connect with us

Entertainment

<Musician’s Question Vol.1>ストリートライブに必要な知識

United Code


<Musician’s Question>
ではアーティストが活動する上での疑問や問題、音楽業界に関しての知られざるさまざまな情報を発信します。


第1回のテーマは、新宿駅西口前や渋谷スクランブル交差点付近などでよく見かける「ストリートライブ」です。


<目次>

1.ストリートライブとは

2.法律関係について

3.権利関係について

4.必要機材

 

1 . ストリートライブとは

街中で行われている弾き方りやボーカルパフォーマンスを目にした方も多いのではないでしょうか。


路上ライブまたは、ストリートライブ (street live) は、大道芸のひとつで、歩道や公園などの屋外で音楽を演奏すること。ストリートライブの演奏者をストリートミュージシャンと呼び、演奏者のうち、歌唱を行う者をストリートシンガーと呼ぶ。

漫才やコント、ダンスパフォーマンス、アートパフォーマンスなどを実演することについてもストリートライブと呼ぶことがある。また、音楽演奏のみではなく、演奏の前後や合間に音楽演奏以外のパフォーマンスを行う場合もある。

by wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B7%AF%E4%B8%8A%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96



要約すると「路上や屋外スペースでのパフォーマンス」のことですね。今回は弾き方りやバンドセット、シンガーのパフォーマンスについてご紹介します。



『メリット』

昨今、サブスクやライブ配信、SNSでの動画配信の普及によりさまざまな手法でパフォーマンスを公開できるようになっています。

そんな中でもストリートライブのメリットは、オーディエンスと直接触れ合うことができ、ライブという体験を安価で提供できるという点です。また、アーティストとして人前でのパフォーマンスに慣れることができるという点もメリットとなります。

 

2 . 法律関係について

基本的に公共の場(路上・駅の構内・公園 など)では、無許可でライブを行うことができません。では、どこから許可をもらうのかというと、その場所を管理している国や自治体です。申請は管轄の警察に対して提出することになるのですが、基本的には許可が下りづらいのが現状のようです。

では、ストリートライブを行いたい場合はどうすればいいのでしょうか。

この項目では、主な2つの方法について触れていきたいと思います。



1.登録や認定をもらい指定の場所でパフォーマンスを行う。

東京都内や都内近郊では、指定の場所で行われている事業・制度に登録し認定をもらうことでストリートライブが可能になります。以下では都内や都内近郊で、登録・パフォーマンスが可能な場所をご紹介します。



・井の頭公園「アートキャスト」

井の頭公園では、2007年から「井の頭公園アートマーケッツ」という事業がスタートしており、アートキャスト”として登録すると、アートの一環としてストリートライブが可能になります。

毎年12月に行われる審査に通過しなければならない点や、年間登録料の12,000円が必要な点などのハードルはありますが、応募者も多く人気のスポットとなっています。

公式ページ
https://inokashira-artmrt.jp/



・錦糸町 「すみだライブストリート」

墨田区には文化の促進や街の活性化を目的とした事業があります。どこでも可能というわけではありませんが、企画に賛同している商店街や公共施設などでライブが可能となっています。216円/1ヶ月 (12ヶ月分先払い)のシステム料金や、音源や動画での審査を通過する必要もありますが、登録さえできてしまえば、都合の良い日時をネットで予約してパフォーマンスを行えるようになります。

公式ページ
https://sumidalive.com/



・柏駅 「音街かしわ」

千葉県の柏駅周辺では音街かしわ部会という団体が、地域活性化を目的とした取り組みで音楽イベントの企画運営を行なっています。また2015年からは、柏市のストリートミュージシャンの認定制度も担っており、ストリートミュージシャンのサポートもしています。

こちらも審査があり、登録料540円がかかりますが、幅広い年代やジャンルの人達がアーティスト登録しているので、交流や情報交換の場としてもおすすめです。

公式ページ
https://otomachikashiwa.wixsite.com/home



・東京都「ヘブンアーティスト事業」

これまでにご紹介した、地域に根付いたものとは別に、東京都が実施しているヘブンアーティスト事業というものがあります。審査に合格したアーティストに都内54施設・72カ所を活動場所として開放している事業です。2002年にスタートし、新宿区では都庁前にある都民広場など数か所がヘブンアーティストの活動場所に指定され、さまざまなパフォーマンスをすることが可能です。

公式ページ
https://www.seikatubunka.metro.tokyo.lg.jp/bunka/heavenartist/



2.無許可だが暗黙の了解やルールに従いライブする。

基本的に無許可でのストリートライブは違法で、さらに前述の通り許可は下りづらいのが現状です。そんな中でも、比較的ストリートライブに寛容な場所もあるのでご紹介します。

  • 新宿南口
  • 船橋駅
  • 溝の口駅前
  • 下北沢
  • 上野駅
  • 秋葉原駅
  • 渋谷TSUTAYA前

これらの場所は、ストリートライブに寛容とはいえ、正式に許可されているわけではないので、基本的には前項で紹介した場所で登録・認定をもらいパフォーマンスをすることをおすすめします。

 

3 . 権利関係について

コピー曲を使用する場合、著作権などの問題が生じるのでは、と不安に思う方も多いのではないのでしょうか。この項目では、これらの権利関係について触れていきたいと思います。

JASRACの公式サイトでは、ストリートライブには演奏権が及ばないため、許諾を得るのは不要と記載されています。また、「演奏が営利目的でないこと」、「出演者に報酬が発生しないこと」、「入場料がかからないこと」が条件となりますが、コピー曲でも申請する必要はないとされています。

CDやライブチケットなどの販売などがある場合は、あくまでグレーゾーンですが、短時間の演奏での利用は免除とされる場合が多いようです。

参考
https://digireco.com/jasrac-interview2018/

 

4 . 必要機材

実際に路上でパフォーマンスする場合、「雑音」と「電源」の問題が出てきます。歌声や楽器の音を増幅させるためのアンプが必要になり、路上での電源の確保が難しいため、バッテリー駆動 or 電池駆動のものを選ぶ必要があります。


今回は、その中でオススメのアンプをご紹介します。



・ROLAND ( ローランド ) / Cube Street EX
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/193819/

路上アンプ=ROLANDのCUBEシリーズと言われるほど、よく見かけるアンプです。乾電池8本で最大50Wもの音量を出すことが可能で、入力できるチャンネルが4系統あることによりアンサンブルの幅も広げることができます。路上アンプ選びで迷った場合の第1候補として検討してみるのもいいかもしれません。



・Laney ( レイニー ) / A-FRESCO
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/231703/

英国ならではのスタイリッシュなデザインと、弾き語りライブするには必要十分な機能を抑えたアンプで、価格も3万円弱とお安めです。路上アンプに搭載されていることが多い傾けられる機能はありませんが、スタンドに乗せることができる穴が空いており、スタンド利用により音をより飛ばすことができます。



・ROLAND ( ローランド ) / AC-33
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/151750/

音質的に少々シャリつく部分はありますが、アルカリ電池8本で8時間もの演奏が可能で、音量も十分です。そして、内蔵されているエフェクターが充実しているという多機能アンプです。ルーパーが内蔵されているので、エフェクトを使った面白いアプローチもアンプのみでできるかもしれません。




まとめ

今回は、ストリートライブをする上で必要な情報をご紹介しました。このほかにもストリートライブを生配信することで拡散力を上げたり、ほかのストリートミュージシャンとセッションライブをしてみたりなど、可能性は無限に広がっています。

基本的なことを知り、ストリートライブに興味が湧いたら、次は行動してみても良いかもしれませんね。あなたの音楽活動の幅が広がることを願っています!



Entertainment

アーバンでカラフルな藤井隆の世界

yuxxo

By

・株式会社よしもとミュージックがとにかくかっこいい

株式会社よしもとミュージックが作っているSLENDERIE RECORDがとにかくかっこいい。藤井隆は、よしもとの芸人というイメージが強いが、実は2014年から音楽レーベル「SLENDERIE RECORD」を設立。パフォーマンスもかっこよく、楽曲も爽快なダンスミュージックから90年代の懐かしいような楽曲までさまざまな音楽を歌いこなしている。

・90年代の音楽に強く影響を受けている

藤井隆は、90年代の音楽に影響を受けており、音楽好きというのも楽曲を聴けば伝わってくる。自身でプロデュースをこなし、これまで数々の有名アーティストと一緒に楽曲をつくりあげている。有名どころでいうと、浅倉大介、Tommy February6、DJ KAORI、tofu beatsなどがあげられる。

渋谷系の歌も歌いこなしながらも、ダンスナンバーを爽やかなボーカルで歌いこなしている。吉本興業の芸人ともコラボレーションし、パフォーマンスを行っているが、とてもかっこよくスタイリッシュなものに仕上がっている。

今回は、藤井隆の自主レーベル「SLENDERIE RECORD」から、オススメの楽曲をご紹介。さまざまなアーティストや芸人とコラボレーションしたダンスナンバーを是非チェックして。

・Like a Record round! round! round!(藤井隆、レイザーラモンRG、椿鬼奴)とのコラボ!

【MV】Like a Record round! round! round!「kappo!」(full ver.)
爽快なダンスナンバーが印象的。参加アーティストは、レイザーラモンRGと椿鬼奴。ボーカルもかっこいいし、振り付けや演出もクールに仕上がってる。芸人のユーモアさを残しつつも、とても音楽性のある楽曲。


・カラフルなデザインのMVとポップな音が魅力的な「YOU OWN ME」

藤井隆 MV「YOU OWE ME」(short.ver)
アルバム『COFFEE BAR COWBOY』に入っている楽曲「YOU OWN ME」。カラフルな画用紙をペラペラとめくるような映像のMVが、スタイリッシュでかっこいい。YouTubeのコメントも評価が高い楽曲で、音も映像もセンスがあり、かっこいいと称賛される1曲。


・ディスコナンバーと90年代の懐かしいメロディーが心を離さない

藤井隆ニューアルバム『COFFEE BAR COWBOY』トレーラーvol.3
『COFFEE BAR COWBOY』では、なんと藤井隆の大好きな元祖アイドル・松田聖子とのコラボレーションも果たしている。また、宇多丸 (RHYMESTER)や妻の乙葉とも楽曲制作を実現。とにかく楽曲がかっこよく、藤井隆の世界観も色濃く表現されているのだ。そこからは、彼の音楽に対するこだわりが見えてくる。アイドルが歌うようなキラキラとしたサウンドを自分の色に染めて、さらっと歌いこなしている。


藤井隆 “light showers” CFまとめ
アルバム『light showers』では、広告MVがCM風に作られており、面白い仕上がりになっている。自身でプロデュースも行っており、有名プロデューサーを起用しながらも、自身の色をしっかりと残している作品。楽曲もスタイリッシュで聴きやすく、かっこいい。


・その他にもさまざまなアーティストとコラボレーション

tofubeats – ディスコの神様 feat.藤井隆(LIVE)
音職人tofubeatとのコラボレーション作品は大人気の楽曲で、ライブでも大きな盛り上がりを見せる。ステージ上でもとにかくすごくキラキラしているのが印象的。アーバンな音楽はスタイリッッシュ。レーベル名「SLENDERIE RECORD」という名の通りスレンダーな音で聴いた人を魅了している。

tofubestsとの相性も抜群で、会場内の一体感が素晴らしい。藤井隆は見る人を笑顔にするエンターティナーとしても評価が高く、関東や関西ではディナーショーも開催予定。
(2020年4月27日現在、藤井隆によるディナーショー開催予定の情報はございません。訂正、お詫び申し上げます。)

アーバンな楽曲とエンターティメント性溢れるパフォーマンスと藤井隆の世界がどのようにアップデートされるのか注目である。

Continue Reading

Entertainment

韓国出身のプロデューサーNight Tempoとは?

yuxxo

By


・オンラインから生まれたネット音楽アーティスト「Night Tempo」


最初は趣味で始めた音楽制作。オンライン上でネット音楽を配信していき、ミュージックファンの間で瞬く間に人気になったのが、韓国出身の「Night Tempo」である。
彼の音楽ジャンルは独特で幅広く、フューチャー・ファンク、ローファイ・ヒップホップ、
ヴェイパーウェイヴ、シンセウェイヴなど多くのジャンルを手掛けている。

https://www.instagram.com/p/B5yFElYpr9_/


そんな彼は、父親の影響でソウルミュージックやイタロ・ディスコを聴いていたので、欧米のディスコミュージックまでも認知しており、自身でサンプリングを行っていた。
今では大人気で、フジロックなどにも出演するほどになっている彼だが、最初は全く別の仕事をしており、音楽はあくまで趣味で職業にするのは考えられないという現実的な考えだったようだ。しかし、音楽の知識は、群を抜いており、サンプリングのセンスもとても光るものがあり、周りが彼を放ってはおかなかった。

・初期作品はDaft Punkをサンプリング


当初のNight Tempoは、Daft Punkが好きで、Daft Punkのサンプリングがメイン。だが、角松敏生のような音楽も好みだったようで、それなら自分で混ぜてしまおうと考え、もしもDaft Punkと角松敏生が一緒に音楽を作ったら、どんな音楽ができるのかを考えた結果、フューチャー・ファンクが生まれた。

※フューチャー・ファンクとは?

日本語が死滅した「未来」からやってきたかも知れない謎の無法音楽「Future Funk」海外ではトレンドのジャンル。主に80年代のAOR系音源を、アッパーなリズム補強+フィルター+乱暴にエディットした感じのもの。
(参照)Future Funk Japaaan



・現在は昭和歌謡をサンプリング


韓国出身のプロデューサーNight Tempoだが、実は日本の80’Sアニメが大好きで、アイドル歌謡曲のサンプリングなども行っている。そのような点からも、幅広い音楽を作れる人になりたいという想いが伝わってくる。日本の音楽シーンは、閉じていて、もはやガラパゴス化しており、K-POPの方が世界的にも浸透している。海外で人気の日本の音楽は、Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅなど、ほんの一部。もしくはゲームやアニメになってくる。
日本の音楽を愛しているNight Tempoはもっと海外に向けて、日本の音楽を広めていきたいと活動の幅を広げていった。

View this post on Instagram

welcome to citypop heaven

A post shared by Night Tempo (ナイトテンポ) (@nighttempo) on


現在、Night Tempoが提唱している「昭和グルーヴ」は、シティポップというジャンルで海外の音楽好きのハートをキャッチしている。「昭和グルーヴ」は、日本の昭和アイドルなども
サンプリングしているので、子どもから大人まで楽しめる音楽で、家族のコミュニケーションにも影響を与える。沈み気味なニュースが多いからこそ、「昭和グルーヴ」のアッパーで未来的な尖ったグルーヴが必要なのである。



「昭和グルーヴ」最新作はBaBe。

『BaBe – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』

BaBe – Give Me Up (Night Tempo Showa Groove Mix) taken from 『BaBe–Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』


BaBe – I Don’t Know! (Night Tempo Showa Groove Mix) taken from『BaBe – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』

Continue Reading

Entertainment

【アーティスト支援企画】プロアーティストの楽曲と自由にコラボ配信出来る「origami Home Sessions」

United Code

楽器1つでどんな音でも奏でることができるミュージシャンが集うクリエイターチーム、レーベル『origami PRODUCTIONS』は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によりライブが出来ず収入が当面見込めないなどのアーティストに向けて楽曲を無償提供する「origami Home Sessions」

以前Newsでも取り上げたこちらの企画。さらに掘り下げ参加方法と参加作品の紹介します。



origami PRODUCTIONS

『1枚の紙でなんでもできるオリガミのように、楽器1つでどんな音でも奏でることができるミュージシャンが集うクリエイターチーム、レーベル。
Ovall、Kan Sano、Michael Kaneko、Hiro-a-key、Shingo Suzuki、関口シンゴ、mabanua、Nenashiが所属。
2007年に東京で産声をあげ、常に“音の鳴る方へ”と歩み続け、今に至る。
渋谷のアンダーグラウンドで盛り上がっていたジャズ、ソウル、ヒップホップを軸としたジャムセッションムーブメントを世界中の音楽ファンに届けるべくスタートしたが、現在はより自由な表現を追い求め、ジャンルレスでボーダレスなスタイルで活動の幅を広げている。
所属アーティストは国内外での大型フェスの常連であると同時に、映画・ドラマ・アニメやCM音楽の制作、また世界中のアーティストをプロデュース、リミックス、演奏などでサポートしている。』(引用 http://ori-gami.com/about/

origami Home Sessionsとは

 origami PRODUCTIONS のアーティストであるShingo Suzuki、mabanua、Kan Sano、関口シンゴ、Michael Kaneko はインストトラック、Hiro-a-keyはシンガーとしてアカペラをネットに公表。
楽曲はもちろん試聴可能でそのままの楽曲を楽しむこともできます。

これらの楽曲のパラデータ、ステムデータもダウンロード可能となっており、
そのまま使う、構成を変える、サンプリングするなどして、ラップや歌を乗せたり、楽器を足すなどして自由にコラボが出来楽しめます。アレンジなどの勉強をしている方もにも非常に役立つと思うので、外出自粛のこの時を使い技術を磨くのも良いのでは。

そしてこの企画の凄いのは、その楽曲はネットにアップしても、CDやストリーミングで販売してもOKというところ。つまりorigamiアーティストへの利益還元は必要なく、リリースしたアーティストの皆さんへ100%提供するとういう企画というところ。

『私達ももちろん楽曲をリリースしたり、ライブをやって収入を得る側にいますが、プロデュースや楽曲提供などで収益を得ることもできます。
つまり私達は普段からアーティストやレーベルの皆さんに生活を支えていただいている立場でもあります。
だから今は、ライブができないと困ってしまう仲間を助けるときだと思っています。
音楽ファンの方々も同じ曲で色々な歌、ラップ、楽器などのヴァージョンがどんどんリリースされたら自宅で楽しむ事ができます。些細なことですが少しでも盛り上がってくれればと思います。
地球上全員で、共にこの危機を乗り越え、またライブ会場でお会いできる日が来るよう心より願っております。
origami PRODUCTIONS アーティスト、スタッフ一同』( 引用origami Home Sessions



そして様々なアーティストが「origami Home Sessions」に参加、素敵なコラボを次々と配信されています。

origami Home Sessions使用方法

下記ガイドラインをご確認の上、楽曲制作、リリースをお願いいたします。

1. 可能な限りコラボ表記を入れてください。
feat. mabanua
Prod. by Shingo Suzuki
with Kan Sano
など表記方法はお任せします。

2. SNSで拡散させる際は ハッシュタグ #origamiHomeSessions #アーティスト名 #origamiPRODUCTIONS を入れてください。

3. リリースの際はJASRACなど著作権団体への登録は避けてください。
同じ楽曲が多数登録されてしまうことになってしまうので、ご協力ください。
( 作詞などをご登録したい場合は、同じ歌詞を別曲に乗せて登録するなどご対応いただければと思います )


White Teeth Donation


また、origami PRODUCTIONSのCEO対馬芳昭氏が、音楽関係者に向けたドネーション(寄付)「White Teeth Donation」を立ち上げたことも話題になっています。

「White Teeth Donation」は、対馬氏の自己資金を音楽シーンに寄付することで、「レーベル所属のアーティストに対してではなく、自分たちのいるフィールド(畑)を耕す」ことを目的としたドネーション。 その額はなんと2000万円。

『今必要なのは音楽仲間の目の前の生活を守る事、そしてこれを切り抜けた先の日本の音楽シーンをより良いものにしていく事。この2つを同時に考える事が重要』とし、『 外に出ず家にいる事が今最大の防御であり、他人を守る手段です。みなさんが安心して家にいるためにできる事をします。』と述べており、何よりも音楽家を守ることを一番に考えている。そしてそれが音楽業界を守り良くしていくとしています。

音楽家を守る『#STAYMUSIC』 はorigami PRODUCTIONSからご賛同いただいてます。

Continue Reading

Trending