Connect with us

Entertainment

Oaktails< “Unchanged” Release Show@GARRET udagawa>ライブレポート

United Code
Photo by YOSAKU


2020年3月15日(日)、叙情激情/メロディックハードコアバンドOaktailsがGARRET udagawaで開催した<EAST MEETS WEST Oaktails “Unchanged” Release Show>のレポートをお届けする。


セットリストは以下。

  Intro

  1. Satellite
  2. Into the Dark
  3. Blind Alley
  4. Future Floats
  5. Unchanged
  6. Drawing

  [アンコール]

  Defective Hopes



突如鳴り響くハウリングとともに幕が上がってゆく。
青白い逆光に照らされ現れたOaktails。Vo.humの叫び声に触発されるようにIntroが始まった。
強烈なドラミングと共に激しさの中にもどこか哀愁を感じるサウンド、ステージを駆け回るhum。
繊細で、かつ攻撃的なIntroが止み。そして一言。


Satelliteという曲です。よろしくお願いします。


マシンガンのようなキメ、不穏さを醸し出す鋭いリフから「Satellite」が始まる。

命を削り出すように叫ぶhum。重厚な音のまま疾走するBa.kosuke、Dr.Keisukeのリズム隊。アタッキーな刻みからテクニカルなリフで多様な表情を見せるGt.Issey、Gt.daichiのツインギター。

序盤からトップギアで駆けていく、まさに「ライブ」に会場は拳を上げる。


ありがとう。Into the Darkという曲をお願いします。


続けざまに「Into the Dark」。幻想的なイントロから急転換、激情の渦に巻き込むようなhumのシャウトにIsseyもシャウトで連なる。


共に過ごしたこの夜にこそ意味が。それ以外何もいらねぇよ。


ライブならではの、その瞬間の感情がhumによって投げかけられていく。
赤いライトに照らされ、オーディエンスもバウンスし、会場の温度は跳ね上がる。
怒涛のように押し寄せる波のごとく続いていく曲たち。3曲目は「Blind Alley」。

幸せな記憶を自ら捨てられはしないと、悲しき激情を吐き出していく。直視できないような感情を言葉に、音にして表現する彼らに、胸が締め付けられていくのを感じた。


今もいろんなことがあるし、個人的にもすごくいろいろなことがあったこの1年だったんだけど、俺はこのメンバーとバンドが出来てすごく幸せに思います。本当に末長く、これからもよろしくお願いします。


MCでhumが短く語ったこの言葉には、世間的には未だアンダーグラウンドにあるシーンの中で、光の方へ着実に進んでいく彼らの素直な音楽、バンドへの愛が滲んでいた。

Photo by YOSAKU


ミドルテンポで未来への渇望を紡ぐ「Future Floats」。しっかりと聴き入らせた後はリリースしたばかりの「Unchanged」。

誰しもが感じたことがある、移りゆくもの、変わりゆくものへの憂愁をドラマティックに仕立て上げた珠玉の1曲。


亡骸を喰らう時間が欲しいよ。


心の底から放たれるhumの言葉、激しくも繊細なサウンドにオーディエンスは一体となり、心を震わせていた。

「いつも、特定のあの人に歌う歌なんですけど、今日はここにいる全員に歌って帰ります。本当にありがとう。最後、愛の歌、『Drawing』聴いてください。」

Oaktailsからオーディエンスへ歌われる愛は、確固たる意思でステージに立つ彼らの意識表明のようだった。それを受け取る我々は気づくと拳を上げ、心を通わせられたような気がした。

すぐさまワンモアの声が投げかけられる。笑いながら戻ってきたhumは、「本当にこの人(Ba.Kousukeを指差しながら)アンコール絶対にしない主義なんですけど、Oaktails史上初のワンモアをやらせてもらいます(笑)。本当にありがとう。」と、嬉しそうにアンコール「Defective Hopes」をコールする。


目を離すと過ぎ去ってしまう。今日という日もそう。


後悔を叩きつけるようなシャウトにアッパーなムーブ、そして、演奏で最後を締めくくり、今日という1日を特別なものにしてくれた。

静と動、激しさと静けさ、本能と理性のような相反するものを詰め込んだバンド、Oaktails。叙情激情/メロディックハードコアバンドと紹介させていただいたが、言葉では言い表せない多様性を奇跡のようなバランスで組み上げている彼らにはそぐわないのかもしれない。

結成1年という、その瞬間瞬間で進化していく今、まさに見るべきバンドの1つなのではないだろうか。

(木浪 祐樹)

Entertainment

“宝生久弥”の3rdアルバム”Nostal-Asia”の2020年リマスターを6月26日リリース(7月7日追記)

United Code

2014年リリースの電子音楽家 “宝生久弥”の3rdアルバム”Nostal-Asia“の2020年リマスターが登場。当時のマルチデータからミックスしなおされたオリジナルとは音質もアプローチも進化し深化したニューアルバムのような作品。Day By Day他ボーナストラックも収録。

(7月7日追記)
Nostal-Asia” リマスターにあたり海外アーティストからのコメントも寄せられました。

自分のやりたい事を全部出来るのかな?って思って東京に出た。

岩手県盛岡市出身 音楽家でDJ。電子音楽レーベル ScapeRec,Tokyo 主宰。
東京ミレナリオ『Snow Mail』や愛・地球博 2005『地球回廊』など数々のパビリオンの会場音楽 から三菱地所のエコ・カフェ『大手町カフェ』のテ ーマ曲、100万人のキャンドルナイトのwebサイト 『candlescape』のアンビエントBGMなど幅広く音 楽プロデュース。
2014年リリースの3rd ALBUM 『Noatal-Asia』からアジアの電子音楽シーンに着 目しタイのDCNXTRとのコラボレーションやイン ドネシアのHMGNCのRemixなどを手掛ける。
これ までに4枚のフルアルバム、3枚のコンピレーション アルバムを制作/監修。
2019年より音楽プロダクションUnited Code Limitedと業務提携。音楽活動、創作 活動の一貫したテーマは「生命力」。


“Nostal-Asia” マルチデータから蘇り進化したリマスター版 誕生

2014 年版ではヴォイスサンプルのみのインスト曲として収録された So Close が歌モノに進化し収録。 ボーナストラッ クとしてコンピレーション収録の Day By Day, Park, YouTube のみで公開されていた Dream (Acoustic Version), テレ ビ番組用にニューミックスされた Theme Of Cool も収録。 Cutsigh (Audio Active), Gan (nego), Mieko Sudo 等、豪華アーティストが参加。

収録楽曲 :
01. Storm
02. Dream feat.Haro & Shige
03. Jeria feat.Shige
04. You to Me feat. SHIBA
05. So Close
06. Illumina
07. Pavilion feat. Mieko Sudo
08. Future Shock
09. Genesis
10. You to me , Me to you (Cutsigh remix)
11. Dream feat.Gan Nozaki (Acoustic Version)
12. Day By Day
13. Theme of Cool (New Verssion)
14. Theme of Cool (New Ambient)
15. Park

海外アーティストからのコメント

Charlie1.png

The re-presentations of early game sound that bring on pure nostalgia. The album has a charm and quality that resonates. It certainly highlights Hisayas skill and dexterity. Plenty here for all to enjoy.
Charlie N. / DCNXTR from.Thailand


純粋なノスタルジアをもたらす初期のゲームサウンドの様な再現。高いクオリティと魅力が共存しているこの作品。 久弥 のスキルと幅の広さを強調している。みんな凄く楽しめるよ。
チャーリー N. / DCNXTR (タイ)

dcnxtr_stkB1.jpg
https://www.facebook.com/deconnextor/



Graha2.png

Listening to Nostal-Asia (2020 Remaster) is like a nostalgic journey through a synthetic forest. Congrats Hisaya! I hope for much success with the Album.

Grahadea K. / HMGNC from.Indonesia


Nostal-Asia(2020 Remaster)を聴くと、まるで森林の中を歩いた時の懐かしい旅のようなものです。 久弥おめでとう!アルバムが成功することを願っています 。

グラハディア K. / HMGNC (インドネシア)

HMGNC_Logotype-02.png
https://hmgnc.net/


iTunesStore, Ototoy等ダウンロード各社にて6月26日(金)より順次配信開始。

※画像下のリンクより楽曲の視聴、iTunesStoreでの予約が可能です。

Apple Music
https://music.apple.com/jp/album/nostal-asia-2020remaster/1516151236

リンクコア
https://linkco.re/S5yTQhmQ

<参考>
ScapeRec,Tokyo(スケープレック東京)オフィシャル・サイト

Continue Reading

Entertainment

アーバンでカラフルな藤井隆の世界

yuxxo

By

・株式会社よしもとミュージックがとにかくかっこいい

株式会社よしもとミュージックが作っているSLENDERIE RECORDがとにかくかっこいい。藤井隆は、よしもとの芸人というイメージが強いが、実は2014年から音楽レーベル「SLENDERIE RECORD」を設立。パフォーマンスもかっこよく、楽曲も爽快なダンスミュージックから90年代の懐かしいような楽曲までさまざまな音楽を歌いこなしている。

・90年代の音楽に強く影響を受けている

藤井隆は、90年代の音楽に影響を受けており、音楽好きというのも楽曲を聴けば伝わってくる。自身でプロデュースをこなし、これまで数々の有名アーティストと一緒に楽曲をつくりあげている。有名どころでいうと、浅倉大介、Tommy February6、DJ KAORI、tofu beatsなどがあげられる。

渋谷系の歌も歌いこなしながらも、ダンスナンバーを爽やかなボーカルで歌いこなしている。吉本興業の芸人ともコラボレーションし、パフォーマンスを行っているが、とてもかっこよくスタイリッシュなものに仕上がっている。

今回は、藤井隆の自主レーベル「SLENDERIE RECORD」から、オススメの楽曲をご紹介。さまざまなアーティストや芸人とコラボレーションしたダンスナンバーを是非チェックして。

・Like a Record round! round! round!(藤井隆、レイザーラモンRG、椿鬼奴)とのコラボ!

【MV】Like a Record round! round! round!「kappo!」(full ver.)
爽快なダンスナンバーが印象的。参加アーティストは、レイザーラモンRGと椿鬼奴。ボーカルもかっこいいし、振り付けや演出もクールに仕上がってる。芸人のユーモアさを残しつつも、とても音楽性のある楽曲。


・カラフルなデザインのMVとポップな音が魅力的な「YOU OWN ME」

藤井隆 MV「YOU OWE ME」(short.ver)
アルバム『COFFEE BAR COWBOY』に入っている楽曲「YOU OWN ME」。カラフルな画用紙をペラペラとめくるような映像のMVが、スタイリッシュでかっこいい。YouTubeのコメントも評価が高い楽曲で、音も映像もセンスがあり、かっこいいと称賛される1曲。


・ディスコナンバーと90年代の懐かしいメロディーが心を離さない

藤井隆ニューアルバム『COFFEE BAR COWBOY』トレーラーvol.3
『COFFEE BAR COWBOY』では、なんと藤井隆の大好きな元祖アイドル・松田聖子とのコラボレーションも果たしている。また、宇多丸 (RHYMESTER)や妻の乙葉とも楽曲制作を実現。とにかく楽曲がかっこよく、藤井隆の世界観も色濃く表現されているのだ。そこからは、彼の音楽に対するこだわりが見えてくる。アイドルが歌うようなキラキラとしたサウンドを自分の色に染めて、さらっと歌いこなしている。


藤井隆 “light showers” CFまとめ
アルバム『light showers』では、広告MVがCM風に作られており、面白い仕上がりになっている。自身でプロデュースも行っており、有名プロデューサーを起用しながらも、自身の色をしっかりと残している作品。楽曲もスタイリッシュで聴きやすく、かっこいい。


・その他にもさまざまなアーティストとコラボレーション

tofubeats – ディスコの神様 feat.藤井隆(LIVE)
音職人tofubeatとのコラボレーション作品は大人気の楽曲で、ライブでも大きな盛り上がりを見せる。ステージ上でもとにかくすごくキラキラしているのが印象的。アーバンな音楽はスタイリッッシュ。レーベル名「SLENDERIE RECORD」という名の通りスレンダーな音で聴いた人を魅了している。

tofubestsとの相性も抜群で、会場内の一体感が素晴らしい。藤井隆は見る人を笑顔にするエンターティナーとしても評価が高く、関東や関西ではディナーショーも開催予定。
(2020年4月27日現在、藤井隆によるディナーショー開催予定の情報はございません。訂正、お詫び申し上げます。)

アーバンな楽曲とエンターティメント性溢れるパフォーマンスと藤井隆の世界がどのようにアップデートされるのか注目である。

Continue Reading

Entertainment

韓国出身のプロデューサーNight Tempoとは?

yuxxo

By


・オンラインから生まれたネット音楽アーティスト「Night Tempo」


最初は趣味で始めた音楽制作。オンライン上でネット音楽を配信していき、ミュージックファンの間で瞬く間に人気になったのが、韓国出身の「Night Tempo」である。
彼の音楽ジャンルは独特で幅広く、フューチャー・ファンク、ローファイ・ヒップホップ、
ヴェイパーウェイヴ、シンセウェイヴなど多くのジャンルを手掛けている。

https://www.instagram.com/p/B5yFElYpr9_/


そんな彼は、父親の影響でソウルミュージックやイタロ・ディスコを聴いていたので、欧米のディスコミュージックまでも認知しており、自身でサンプリングを行っていた。
今では大人気で、フジロックなどにも出演するほどになっている彼だが、最初は全く別の仕事をしており、音楽はあくまで趣味で職業にするのは考えられないという現実的な考えだったようだ。しかし、音楽の知識は、群を抜いており、サンプリングのセンスもとても光るものがあり、周りが彼を放ってはおかなかった。

・初期作品はDaft Punkをサンプリング


当初のNight Tempoは、Daft Punkが好きで、Daft Punkのサンプリングがメイン。だが、角松敏生のような音楽も好みだったようで、それなら自分で混ぜてしまおうと考え、もしもDaft Punkと角松敏生が一緒に音楽を作ったら、どんな音楽ができるのかを考えた結果、フューチャー・ファンクが生まれた。

※フューチャー・ファンクとは?

日本語が死滅した「未来」からやってきたかも知れない謎の無法音楽「Future Funk」海外ではトレンドのジャンル。主に80年代のAOR系音源を、アッパーなリズム補強+フィルター+乱暴にエディットした感じのもの。
(参照)Future Funk Japaaan



・現在は昭和歌謡をサンプリング


韓国出身のプロデューサーNight Tempoだが、実は日本の80’Sアニメが大好きで、アイドル歌謡曲のサンプリングなども行っている。そのような点からも、幅広い音楽を作れる人になりたいという想いが伝わってくる。日本の音楽シーンは、閉じていて、もはやガラパゴス化しており、K-POPの方が世界的にも浸透している。海外で人気の日本の音楽は、Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅなど、ほんの一部。もしくはゲームやアニメになってくる。
日本の音楽を愛しているNight Tempoはもっと海外に向けて、日本の音楽を広めていきたいと活動の幅を広げていった。

View this post on Instagram

welcome to citypop heaven

A post shared by Night Tempo (ナイトテンポ) (@nighttempo) on


現在、Night Tempoが提唱している「昭和グルーヴ」は、シティポップというジャンルで海外の音楽好きのハートをキャッチしている。「昭和グルーヴ」は、日本の昭和アイドルなども
サンプリングしているので、子どもから大人まで楽しめる音楽で、家族のコミュニケーションにも影響を与える。沈み気味なニュースが多いからこそ、「昭和グルーヴ」のアッパーで未来的な尖ったグルーヴが必要なのである。



「昭和グルーヴ」最新作はBaBe。

『BaBe – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』

BaBe – Give Me Up (Night Tempo Showa Groove Mix) taken from 『BaBe–Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』


BaBe – I Don’t Know! (Night Tempo Showa Groove Mix) taken from『BaBe – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』

Continue Reading

Trending