Connect with us

News

史上最多!SXSW2020 日本のアーティスト・スピーカー・出展企業を紹介するサイト「Japan Challenge@SXSW2020」が遂にオープン

United Code

© COPYRIGHT 2020. SXSW Japan Office ALL RIGHTS RESERVED.


2月18日(火)、SXSW Japan Officeが、3月に開催される米国イベントSXSWに挑戦する日本人挑戦者をまとめたWEBサイト「Japan Challenge@SXSW2020」を公開した。

3月13日(金)〜22日(日)の10日間、米国・テキサス州オースティンにて巨大ビジネスカンファレンス&フェスティバル「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」が開催される。

SXSWはFilm/Music/Interactiveの3つの部門を柱とし、10日間の会期中に音楽ショーケース・映画のプレミア上映・カンファレンスセッション・さまざまな展示会などが行われる大規模な複合イベント。TwitterやAirbnbをはじめとする新たなサービスがこのSXSWを機に世界的に広まっていった経緯から、近年では特に若手のスタートアップ企業の登竜門として注目されており、毎年日本からも多くの参加者が訪れている。


日本からの挑戦者をまとめたWEBサイト「Japan Challenge@SXSW2020」が公開

SXSW Japan Officeを務めるVISIONGRAPH Inc.では、SXSW2020へ日本から参加するアーティスト・スピーカー・出展企業を一挙に紹介するWEBサイト「Japan Challenge@SXSW2020」を公開した。

WEBサイトアドレス:https://miraiyoho.com/japanchallenge-sxsw2020/

Japan Challenge@SXSW2020 WEBサイト ©SXSW Japan Office

Japan Challenge@SXSW2020 WEBサイト ©SXSW Japan Office



史上最多となる日本からのカンファレンススピーカー数:28名、半分以上がConvergence(融合領域)のセッション

SXSWのカンファレンスでは、22のトラックに分かれた膨大な数のセッションやミートアップが行われる。

その多くはアメリカにおける著名人や有識者だが、近年では日本の参加者もスピーカーとして取り上げられるようになり、今年は史上最多となる28名がスピーカーとして登壇。

また、SXSWにて特に注目されるFeatured Speakerには、日本を代表するアニメ監督である渡辺信一郎氏が選ばれ、大人気アニメ「キャロル&チューズデイ」のメイキングストーリーが語られる。

劇中では主人公達がSXSWに出演するシーンがあり、それが2020年のSXSWで現実化する。©BONES, Shinichiro Watanabe, Project CAROLE & TUESDAY

©BONES, Shinichiro Watanabe, Project CAROLE & TUESDAY



日本の技術を世界へ!Tradeshowへの出展企業:30社超

SXSWでは会期中に複数の展示会が行われるが、その中心となるのがTradeshow。日本の出展者は、その独特な技術と発想が現地でも注目されており、今年も多くの企業が日本から出展参加する。

PanasonicやCitizenといった企業から、東京大学発ベンチャーを率いるTodai to Texasなど、さまざまな挑戦者が展示を予定している。


SXSW Tradeshow 2020 出展者 ( ※一部未発表)

  • Aichi Prefectural Government 
  • Citizen Watch Co., Ltd. 
  • DENTSU INC.
  • FUJIMIC, INC.
  • GRA&GREEN
  • HAKUHODO inc. Kansai office, Kyoto branch 
  • ISAO Corporation 
  • KABUTO BCI 
  • Musashino Art University 
  • National Research and Development Agency (NEDO)
  • NEC Corporation 
  • NHK ENTERPRISES,INC. 
  • NTT Communications Corporation 
  • NTT 
  • Oki Electric Industry Co.,Ltd. 
  • Panasonic Corporation 
  • Pretia Technologies, Inc.
  • Project Infinitea 
  • RICOH COMPANY,LTD.
  • Ritsumeikan Univ. 
  • SEA 
  • Space Basil Inc. 
  • STARIDER 
  • Stroly 
  • SUPER KAMPO CHOCOLATE 
  • Todai To Texas
  • TOHOKU to TEXAS  
  • Toyo Seikan Group Holdings, Ltd.
  • Vecnos Inc. 
  • WOWOW INC. 
  • Yokogawa Electric Corporation
Panasonicは、SXSW Tradeshowで、一人ひとりにとっての豊かなくらしを実現するためのアイデアを提案する © Panasonic Corporation

© Panasonic Corporation



若手からベテランまで!Music Festival出演アーティストは19組

SXSW後半の約1週間にわたり、オースティンの街中のライブハウスやバーなど、90以上もの大小さまざまな会場で毎晩ショーケースが行われる。近年では、Billie EilishやLizzoがこのSXSWへの出演を機にブレイクを果たしたと言われており、世界進出に向けたチャレンジの場所となっている。日本からは下記の19組の出演が決定している。


<SXSW Music Festival 出演アーティスト>

  • Carole & Tuesday (Tokyo)
  • ChihiroYamazaki+ROUTE14band (Tokyo)
  • CVLTE (Sapporo)
  • DOS MONOS (Tokyo)
  • eX-Girl (Kichijoji)
  • HARU NEMURI (Yokohama)
  • Hazy Sour Cherry (Tokyo)
  • KYUSONEKOKAMI (Nishinomiya) 
  • MIRRROR(Tokyo)
  • Ningen Isu (Aomori)
  • OTOBOKE BEAVER (Kyoto)
  • SULLIVAN’s FUN CLUB (Sapporo)
  • The fin. (Kobe)
  • The Tomboys (Kobe)
  • TRI4TH (Shibuya)
  • UCHIKUBIGOKUMON-DOUKOUKAI (Tokyo) 
  • Wez Atlas (Tokyo)
  • YAYOI DAIMON (Tokyo)
  • yonawo (Muromi city)



バンダイナムコ研究所、SXSW Gaming Expoスポンサーとして参加

バンダイナムコ研究所は、初めてSXSW Japan Officeとコラボし、SXSW Gaming ExpoのPresenting Sponsorとして参加する。

バーチャルキャラクターを活用したDJシステムを発表するカンファレンスセッションやDJパーティ、そして音で遊べるブース展示など、さまざまなSXSWのイベントとのコラボレーションが行われる。

バンダイナムコ研究所によるセッション「The Future DJ Experience」のイメージ画像 © BANDAI NAMCO Research Inc.

 © BANDAI NAMCO Research Inc.



映画祭のEpisodic部門に初の日本作品がノミネート

SXSW Film Festivalのうち、TVやWEBのエピソードシリーズを対象とするEpisodic部門に、pictures deptの「Homecoming: The Journey of Cardboard」がノミネートされた。日本からのEpisodic部門ノミネートは今回が初めてとなる。

2018年のSXSW Film Festival ドキュメントスポットライト部門でも FROM ALL CORNERS がノミネートされた ©Pictures Dept Co., Ltd.

©Pictures Dept Co., Ltd.



AWARD部門でも日本発のスタートアップ2社がノミネート

SXSWのAWARD部門でも日本発のスタートアップ2社がノミネートされている。

優れた発想の新たなビジネスを表彰するINNOVATION AWARDSでは、Climate, Culture & Social Impact部門で、Grubin(Tokyo, Japan)のミズアブを用いた食品循環 「Food Recycling with Black Soldier Fly」がファイナリストにノミネートされた。

SXSWのステージ上でピッチを行うSXSW PITCHでは、日本のフォント業界最大手モリサワが米国市場向けに立ち上げたスピンアウト企業ZeBrand(New York, NY)が、Enterprise and Smart Data部門のALTERNATES(準候補)に選ばれている。

※新型コロナウイルスの感染拡大による影響が心配されているが、SXSWは現時点では開催予定。

詳しくはこちらから。
https://miraiyoho.com/blog/coronavirusoutbreak



(参考)
 PRTIMES
Japan Challenge @ SXSW2020

News

ギタリストISAOデビュー20周年記念オーケストラコンサート11月28日開催

United Code

Spark7、Cube-Ray、TRIMULTI、soLiなど自身のプロジェクトから浜田麻里やFukiなど数多くのサポート活動も行い国内外問わずワールドワイドに、そして世界中のミュージシャンからの評価も高いギタリストISAOの音楽活動20周年記念をISAO自身初のオーケストラ編成で一夜限りのライブが11月28日に開催される。
また、ゲストにギタリスト飯塚昌明の参加も発表されている。

ISAO

多種多様なギターテクニックを持ち「技のデパート」と呼ばれる多弦ギタリスト。
2000年にインストルメンタルバンド 「bright-NOA(ブライトノア)」でBMGファンハウスよりメジャーデビュー。 バンド解散後、ソロギタリストとして活動を開始。

難解なプログレッシブメタルを基礎としたインストルメンタル音楽を得意とし、そのルーツはゲーム音楽という。プロゲーマーと言われる程のゲームテクニックも持つほどのゲーム好きであり、そんなゲームをこよなく愛するプロミュージシャン達で結成したゲーム音楽カバーバンドULTIMATESのリーダーとしても活動をしておりゲーム好きの人達からの評判も非常に高い。

そんな難解な音楽ジャンルでありながら耳に残る聴きやすいメロディそしてサントラの様な抑揚のある音楽が特徴。またロックやメタルに特徴の多弦ギターもただヘビーに激しくだけではなく幅広い音楽表現の為に駆使されており、他の多弦ギター音楽とも違う表情を表している。

2005年にIKUO(B)、長谷川浩二(Dr)とのバンドCube-Rayを結成、 強力なリズムに凄まじいテクニックで素晴らしいアルバムを完成させた。
ISAO&IKUOはフレットボードを縦横無尽に駆け巡る音数の嵐、そこに長谷川浩二のヘビーなドラムが全体を支え、そして時に怒涛のスティックワークで絶妙に絡むサウンドは数多くのロック好きを魅了し影響を与えている。

国内で様々なミュージシャンとセッションを繰り返し、その後ISAOは渡米。ソロ名義でドラムに元EXTREME、現Dream TheaterのMike Mangini(マイク・マンジーニ)やギタリストSteve Vaiのサポートベーシストとしても有名なPhilip Bynoe(フィリップ・マイノー)が参加し発表。

ポップ、ロック、ジャズ、メタルと幅広いドラマーTohmas Laung(トーマス・ラング)やゲストギタリストにTony Macapine(トニー・マカパイン)、キーボードにCASIOPEA 3rdの大高清美が参加しSpark7を発表。またイタリアの多弦ギタリストGianluca Ferro (ジャンルカ・フェロー) など数多くの海外ミュージシャンと共演し国内外問わず数多くのミュージシャンからも評価が高く活動をしている。

メインギターを7弦から8弦ギターへと変え、フレットレスベース奏者の永井 敏己と手数王ことドラマー菅沼孝三とTRIMULTIを結成。ギター・ベース・ドラムのトリオとは思えない緻密に計算された変拍子、高速ユニゾン、超絶技巧ソロの連打とエキサイティングなプログレメタル、ジャズ、フュージョンとも一括りに出来ないエキサイティングな世界観を作り上げている。またここでは9弦ギターも使われている。

そしてバイオリニストの星野沙織 とのユニットsoLiを結成。ゲーム音楽カバーバンドのメンバーでもある星野沙織とギターとバイオリンの組み合わせで、よりISAOのルーツに近いゲーム音楽の様な世界観と生のバイオリンと多弦ギター特有の洗礼されたサウンドを作り上げている。

活動20年の集大成

そんなISAOの20年という活動の集大成ともいえるコンサートを自身初のオーケストラ編成で11月28日に保谷こもれびホール・メインホールにて行われる。
ISAOのテクニカルな音楽は必ずしも演奏者やミュージシャンだけに止まらず、様々な方からも評判高くISAOの音楽からインストルメンタルやメタルへとハマる人も多い。そんなISAOによるオーケストラ編成は新たな世界観を見せてくれるだろう。

そんなISAOの20周年を記念してWandsのギタリスト柴崎浩氏、アニソンシンガー 佐咲紗花氏、ベーシスト瀧田イサム氏、イタリアのギタリストGianluca Ferro(ジャンルカ・フェロー)氏など 国内外の著名アーティストからもお祝いのメッセージが届いている。それらはISAOのツイッターより公開されている。( Twitter :Isao1229

また、今回のオーケストラコンサートメンバーのインタビュー動画などもISAOのYouTubeチャンネルで公開されており、楽しくも興味深いインタビューが拝見出来る。( YouTube: ISAO FUJITA

是非ともこの一夜限りのISAO20周年記念オーケストラ編成『Symponic Spark7』をお見逃しなく!



ISAO Debut 20th Anniversary Concert ”Symphonic Spark7″

2020年11月28日(土曜日)
開場18:15 開演19:00

会場:保谷こもれびホール・メインホール

前売券:7,000円
当日券:7,500円

チケットお問い合わせ:
symphonicspark7@gmail.com
※お問い合わせの際、お名前、ご連絡先(電話又はメールアドレス)、チケット枚数
チケット送付先ご住所を忘れずにお書きください。

出演:
ISAO(Gt.)
Mao(Key.)
前田遊野(Dr.)
森田悠介(Ba.)

ゲスト
飯塚昌明(Gt.)

Spark7オーケストラ
(Vn.)
Jill(Con.Mas.)
西浦詩織
平本小都美
青柳萌
emyu
小夜子
秋葉彩恵
西野絢賀

(Va.)
飯顕
塩加井ななみ

(Vc)
佐野まゆみ
秋津瑞貴

遠藤定(Cb.)

SANAE(Hp.)

ヒロムーチョ(Fl.Sax)
高田園子(Ob.)
村上あづみ(Cl.)
丸山佳織(Fg.)
荻原和音(Tp.)
竹内修・石川善男(Hr.)
白井友理恵(Tb.)

山下由紀子(Perc.)

星野沙織(Cond.)


参照
Twitter :Isao1229
YouTube: ISAO FUJITA

Continue Reading

News

タイの電子音楽ユニットDCNXTR(デコネクスター) New Single 『PATPONG』リリース

United Code

UnderworldやBattlesとも共演するタイのDCNXTR(デコネクスター)が約2年ぶりの新曲「PATPONG」をリリースしました。

新曲「PATPONG」は、COVID-19でアーティストを支援するための特別プロジェクトであるCEA(クリエイティブエコノミーエージェンシー)が運営するCEA VACCINE “Sound of the city”プロジェクトで制作されたDCNXTRの新曲です。

楽曲のタイトルである「パッポン」はシーロムロード周辺にあるバンコクでも有名な歓楽街の1つです。 現地のタイ人、そして多くの旅行者の訪問によって街が繁栄してきた姿をDCNXTRは楽曲の中で表現しました。

過去のDCNXTRの楽曲と同様に、ニューシングルもエネルギーで満たされています。 テクノとエレトロクラッシュを混合したようなサウンドはドラムとベースラインとともに、パッポンストリートに足を踏み入れるようなサウンドに仕上がりました。

ニューシングル「PATPONG」はSpotify, Apple Musicはじめダウンロード、サブスク各社にて配信中。

YouTubeにて屋外パートがパッポンで撮影されたオフィシャル・ミュージックビデオが公開中。

タイ・バンコクを拠点に活動する男女デュオ。2014年リリースされたデビューシングル「Beautiful Moment」がBKマガジンにおいて2014年のTOP5ソングに選出される。

ボーカルPiruntar Kalasanimi(ピルンター・カラサニミ)の声ととCharlie de Nipanan(チャーリー・ド・ニパナン)の創り出す チルでドリーミーでポップな世界感は、アジア人特有のオリエンタル感もさることながら、チャーリーの作り出すスペイシーなサウンド、ボーカリストのピルの繊細な歌声はインターナショナル が美しい世界へと誘う。

2015年7月にはタイにて1stALBUM「CONNEXT」をリリース。楽曲がラジオチャートで上位を獲得するなど各メディアで話題に。9月にはScapeRec,Tokyoのコンピレーション「Collection CONNNECT」にて日本デビューも果たす。

<参考>
scaperec’s web site ( 音楽レーベルScapeRec,Tokyo(スケープレック東京)のオフィシャル・サイトです。)

Continue Reading

News

HMGNC New シングル 『Lost in You (feat. Greybox)』リリース

United Code

インドネシア・バンドゥンを代表する電子音楽トリオ”HMGNC”(ホモジェニック)が2020年8月28日に最新シングル『Lost in You (feat. Greybox)』をリリースした。

今回の新曲「Lost in You」は恋をしそして深く恋に落ちる女性の物語を描いています。
ダウンテンポのエレクトロニックミュージックのサウンドと生音のサックスの音色、そしてアマンディアの美しい歌声が聴く人をスペーシーでメロウなHMGNCワールドへ誘います。

新曲にサックスで参加したゲスト・ミュージシャンRizky ArgadiprajaはGreyboxとしての活動でも知られます。

 新曲を通じて、HMGNCは前作2作のシングル「When Love Awaits」、「You Are Not Alone」とは異なるサウンドを提示。
コロナウイルスの自粛期間にメンバーのアマンディア(ボーカル)、グラハディア(シンセサイザー&プログラマー)、ディナ(シンセサイザー&プログラマー)は自分たちの音楽をさらに探索し楽曲を制作、レコーディングし2021年には待望の6枚目のアルバムのリリースを予定。



Spotify、AppleMusic、iTunesStoreはじめダウンロード、サブスク各社にて配信中。

試聴リンク:
https://ampl.ink/om4pZ

<参考>
ScapeRec,Tokyo(スケープレック東京)オフィシャル・サイト
Homogenic / HMGNC オフィシャル・サイト
amplify.link

Continue Reading

Trending