Connect with us

News

必見!アーティスト・イベント支援【新型コロナウイルス感染症拡大に伴うイベントの延期・中止に対する動き】

United Code

政府の発表により、多くのアーティストのイベントが中止・延期に追い込まれるなか、アーティスト向けのサポートが開始した。

安倍首相は2月26日、総理大臣官邸で行われた第14回新型コロナウイルス感染症対策本部で「政府といたしましては、この1、2週間が感染拡大防止に極めて重要であることを踏まえ、多数の方が集まるような全国的なスポーツ、文化イベント等については、大規模な感染リスクがあることを勘案し、今後2週間は、中止、延期又は規模縮小等の対応を要請することといたします」と述べた。

これにより多くのアーティストがライブやイベントの中止・延期を相次いで発表した。アーティストやイベント関係者、イベント会場にまで影響が及んでいる。

アーティストや企業が、やむを得ない事情によって苦渋の決断を強いられるなか、アーティストのサポートに向けて立ち上がる企業も出てきた。


株式会社ペイノア(PayNOAH)


株式会社ペイノア(PayNOAH)は、アーティストやコンテンツホルダーが申請できる経済産業省の「コンテンツグローバル需要創出等促進事業費補助金(J-LOD)」や、国際交流基金等を対象とし、本来は渡航後にもらえる補助金を一部前払いをし、常々アーティスト活動の支援サービスを行っている企業。

2月26日、アーティストへ向けた支援などで実績、信用がある株式会社ペイノアは、新型コロナウイルスの感染拡大によって、イベントのキャンセルをするアーティストに対するサポートを行うことを発表した。

イベントのキャンセルによって生じた費用を振替開催までの期間、最大全額を無償(手数料0円)で前払いし、アーティストの負担を軽減することによりイベント延期の決断を支援するというもの。さらに、このサポートを通じて、一刻も早い新型コロナウイルスの収束に貢献できるように努めるとしている。


<対象者>

新型コロナウイルスが原因で2020年2月15日以降のイベントがキャンセルになったアーティスト/イベンター/プロモーターなど


<支援条件>

・イベントがキャンセルになった経緯を書面で証明が可能な方

・キャンセルに至るまでの券売状況等を書面で証明が可能な方

・キャンセルによって発生した費用(人件費も含む)を書面で証明が可能な方

・次回振替イベントの開催を、PayNOAH主催とし、イベント会場と契約締結できる方

・過去開催したイベントの集客情報を提出できる方


<支援方法>

ペイノアに提出した情報を基に、将来行う振替イベントで発生する売上予想金額を同社基準で審査をし、イベントキャンセルでかかった費用の最大全額を無償(手数料0円)で前払い(金額は審査によって一部〜最大全額が支払われる)。

その後、振替日程でイベントが開催されたタイミングでペイノアが前払いした費用を支払う方式。

申込みはペイノア公式サイトの専用フォームより※「内容」欄に新型コロナウイルス対応の支援希望である旨を記載

https://paynoah.inc/contact/

株式会社ペイノアCEOの小林秀氏は、2月26日の政府によるイベント自粛要請の発表を受け、イベントが次々と中止・延期になっていく中で、いてもたってもいられず構想から24時間でリリースに辿り着いたとしている。

同社の行うサービスの信頼、信用の担保があってこその新たな支援サービスであり、今後もこのような活動により救われるアーティストが増えることに期待が高まっている。


READYFOR株式会社

日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「READYFOR」を運営するレディフォー株式会社は、新型コロナウイルスの影響で中止となったイベントを支援するクラウドファンディングプログラム開始を発表した。

本プログラムが適用となったイベントは、目標金額への到達の有無に関わらず集まった資金を受け取ることができるALL-IN方式が適用され、サービス手数料が無料となり決済手数料(5%)のみでクラウドファンディングの実施が可能となる。

<対象イベント>

新型コロナウイルスの影響で中止となり、会場費などの損失が発生したイベント


<支援プログラム内容>

・目標金額への到達の有無に関わらず集まった資金を受け取ることができるALL-IN方式を適用。

・サービスプランは「シンプルプラン( https://readyfor.jp/proposals/intro )」を適用。

・サービス手数料が無料となり決済手数料(5%)のみでのクラウドファンディング実施が可能。


<支援条件>

・主催するイベントが新型コロナウイルスの影響により中止になったこと。

・主催するイベントの中止により会場費等の損失が発生したこと。

・イベントの内容が公序良俗に反しないこと。


<クラウドファンディングページでの記載事項>

・イベントの開催中止により発生した損害額を明記すること。

・保険による損害の補填の有無について明記すること。

・クラウドファンディングで集めた金額はその損害の補填に充てること。

・損害額を超えて支援金が集まった場合の資金使途を明記すること。


<申し込み方法>

下記フォームより

https://redirect.readyfor.jp/covid-19

新型コロナウイルスの感染拡大の収束を待つと同時に、経済的な影響に対する企業のサポートも重要となっている。


(参考)
PayNOAH
新型コロナウイルス対応アーティスト向け緊急支援
READYFOR株式会社

Artist

ナユタと鈴木何某が思うこれからの「communication」の在り方について

United Code

玄徒ハクビ・ailuroad・吉岡大地からなる3人組バンド「ナユタ」と、シンガーソングライターの「鈴木何某」のコラ ボレーション作品「Discommunication」が2022年11月2日(水)にApple Music、Spotifyなどの音楽配信サイト からリリースされる。(「ナユタ」のアカウントからの配信)

本作品はコロナ禍でリスナーとのcommunicationに隔たりが生じた世界で、両者がアーティストとして次の表現 方法を見出す最中に巡り合ったことがきっかけで生まれたコラボレーション作品である。 内容は「伝える」という表現について正面から向き合い、話し合い、葛藤と悶絶の末、これからの communicationの在り方について再定義した楽曲となっている。

「ナユタ」のYouTube生配信番組「なぜナユタはコメントがもらえないのか?」の#51(2022年2月16日放送)にて 鈴木がゲスト出演した際、番組の1周年記念を祝うため「ナユタとコラボしたい」と急遽本番中に話を持ちかけた ことがキッカケとなり、本作品のプロジェクトがスタートした。

作詞、作曲を担当したハクビは、仕事をしながら時間を切り詰めて楽曲制作に取り組んでいること、かつてはラ イブハウスを中心に活動していたバンドマンであったこと、コロナ禍で表現方法が制限される中で、ネット中心の 音楽活動に上に苦悩しながらも必死で取り組んでいることなど、お互いの共通する境遇にあること着目し楽曲を 制作したという。

鈴木からの「バチボコ格好良いバンドサウンド」という無茶ぶりにも近い要望を受けて作られた原曲は、編曲の ailuroadの手によって見事にエモーショナルなギターロックに昇華され、両者の長いcommunicationをかけて楽 曲はさらに洗練され、聴いた者の耳から離れない中毒性の高いサウンドが完成した。

楽曲のコンセプトである「伝える」ことを重視するために、レコーディングは鈴木の地元である千葉で行われた。 ハクビは新潟、鈴木は千葉在住という物理的な距離は曲名通り「Discommunication」を生んでしまうことを両者 は危惧していたからである。 歌詞の理解度や楽曲への熱力をそのまま歌として記録することを狙っていたため、ツインボーカルという特性上 同じ現場で歌うことは必須だったという。

話し合いながら録音する鈴木(写真左)とハクビ(写真右)

レコーディングの最中もアイディアを出し合い、お互いの声を直接感じながら6時間という長時間をかけて録音さ れたテイクは、一体感がありつつも、それでいて「個の良さ」が引き出され、驚くほどマッチングした仕上がりと なっている。鈴木は、納得のいくまで歌い直すハクビの姿に感銘を受け、「自分にとって何にも代え難い、非常に 価値のある時間になった」と当時のことを振り返る。

(写真左から)吉岡、ハクビ、鈴木、ailuroad

ミュージックビデオの撮影は、レコーディングとは逆にハクビの地元新潟で行われた。総監督はハクビが担当 し、撮影は「ナユタ」と鈴木を結びつけた楽曲『日常』を撮ったカメラマンが参加。コラボであることを生かした構成 と、楽曲のテーマが色濃くシネマティックに描かれている。ミュージックビデオは、2022年11月9日(水)に公開と なる。(鈴木何某のYouTubeチャンネルにて公開)

「Discommunication」のアートワーク

アートワークについては鈴木が担当し、互いに伝えたい想いを言葉にして放ち続けるも「Discommunication」 が生じ、ぐしゃぐしゃに絡まった頭の中の様子がモチーフとなっている。日常に潜んだ「うまくいかない」瞬間をあ えて切り取りアート作品のような雰囲気で表現することによって、まるで美術館で絵を見る時のように自分自身 が直面している問題を俯瞰的に見つめ直す時間にして欲しいといった意味も込められているという。

様々な人との「communication」の中で自分の在り方を再構築していき、自身の人生のテーマや、これからど のように他人と関わっていくかを改めて見つめ直す機会をくれる。 また、明日が見えないストレスの感じやすい今の時代だからこそ必要とされる「気づきの始点」が、この楽 曲には確かに存在している。

ナユタ

僕らは日常にある見落としてしまいがちな疑問や感情を見つけ、それを形にすることで前向きに今日を生きています。そうして出来上がった答えや創作物を発信し、少しでも多くの人の心を前向きにしたいと活動をしています。メインとなる表現は音楽ですが、時には書籍の発刊やラジオ、生配信など、様々な媒体で制作もしています。

twitterhttps://twitter.com/nayuta
Instagramhttps://www.instagram.com/nayuta_official_/
YouTubehttps://www.youtube.com/user/nayuta0910


鈴木何某(すずき・なにがし)

特徴的な歌声を武器に、コンセプチュアルな世界観の楽曲を放つ男性シンガーソングライター。2014年頃までロックバンドのフロントマンとして活動していたが、2020年よりソロに転向。以降自身が脳内に描いた架空アニメのオープニング楽曲や、その中に登場するバンドのアルバムなどを制作。近年はSNSを媒介して、他アーティストとコラボするなど精力的に活動している。

twitterhttps://twitter.com/nanigashisuzuki
Instagramhttps://www.instagram.com/nanigashisuzuki/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCGUcCKrltTIW6LvzB_wn9Zg

Continue Reading

Artist

ノッテケ!山形から世界へ

United Code

山形を、中心に音楽活動をしてるD-5(でぃーふぁいぶ)
バンドSimulPhantasia(サイマルファンタジア)のDrumsでありながら、ソロでも曲を作りYouTubeに載せたり、配信サイトで披露したり、活動の場を広げてるアーティスト
バンドSimulPhantasiaは「幻想への旅」をコンセプトに、山形から東北へと幅広げて、YouTubeでも配信。

ソロの曲はcubaseを使いバンドにも活かせるような音源でつくり、自作MVで投稿してる
楽しくコスプレして、「ドラム叩いてみた」動画もYouTubeで配信中
今後「D-5」関東進出目指して突き進んでいく


D-5(でぃーふぁいぶ) :

Twitter
Instagram
TickTok

ご連絡はTwitter、インスタのDMにお願いします

Continue Reading

Artist

n_o.b_o、轟音ギターと混声ヴォーカルで原点回帰

United Code

フジタニシンヤによる音楽プロジェクト「n_o.b_o」がデジタルシングル『inN(o)cence feat. chimo』を8/31から各サブスクリプションサービスにて配信開始。

前作同様に女性シンガーのchimoとのコラボレーション。

原点回帰となる轟音ギターと清涼感あふれる混声ヴォーカルによるドリーミーなギターロックに仕上がっている。


▲chimo

Twitter : https://twitter.com/chimo77vo

「inN(o)cence feat. chimo」/ノボ

2022年8月31日リリース

ダウンロード配信/ストリーミング配信

レーベル:Chyo-Mahha Records

Web : https://no-bo.net

音源リンク : https://youtu.be/Zhh0RpYpZus

MV : https://youtu.be/Zhh0RpYpZus

Continue Reading

Trending