Connect with us

Tech

最新テクノロジーで音楽はどう変わる?大胆予想してみた!

tsubasa

最新テクノロジーを活用すると音楽はどのように変わるのでしょうか?



近年、機械学習の分野が注目を浴び、盛んに研究が行われています。機械学習とは「入力したサンプルデータをコンピュータに解析させてそこから規則性を見出す技術」のことです。

この技術を音楽に適用することで、既存の曲のパターンを学習し、それをもとに新しく曲を作ることが可能になります。

古典音楽の作曲家であるバッハやモーツァルト、ベートーヴェンから現代のヒットメーカー米津玄師の楽曲に至るまで、人類は十分な量のデータセットを持っています。

これらの曲をあらかじめ「楽しい」、「悲しい」、「盛り上がる」というようにラベル付けしておくなどすれば、その時々の気分に合わせた曲をコンピュータが即興で作曲することも考えられます。

また、バーチャルYouTuberの活躍やVR動画の登場が示唆する通り、映像技術も進歩しています。音楽ライブやコンサートをその場にいるかのような臨場感で楽しむことも、これからは一般的になっていくでしょう。今後、もっと技術が進歩すれば、AIの作った楽曲をバーチャル歌手が歌い、自宅にいながらそのライブを360度好きな角度から楽しめる時代が来るかもしれません。

また別の話題として、昨年の3月には”練習しないで弾ける楽器である「sonogenic SHS-500」がYAMAHAから発売されました。「スマートフォンと接続して、好きな楽曲をかけながら鍵盤を押せば、自動で最適な和音が鳴ってセッションできる」という製品です。このような製品の誕生を機に、楽器もまだまだ新しい方向へ発展していく余地があるといえるでしょう。

さらに、IoTの発展や5Gの普及によって、いつでもどこでも高速で音楽データやサウンドセットを入手できるようになり、その場にいる人たちが楽器、あるいは楽器の代わりとして小型の端末などでセッションを楽しめるようになることも考えられます。

これらのことからも窺えるように、楽器を演奏するのが苦手な人でも気軽に演奏を楽しめたり、多様な形態で音楽を聴くことができ、さらには体感もできる時代になるのではないでしょうか。最新テクノロジーは音楽に対する敷居を下げる役割を果たすことでしょう。

VRやハプティクス(脳を騙す触覚技術)が今よりもっと発達進歩し、楽器の疑似体験が可能になると、音楽教育の現場などでアンサンブルや専門的な学習に役立つのではないでしょうか。
音楽と最新テクノロジーが融合することは、まだ発展の途中で今後が楽しみです。

Tech

あなたの音楽活動をサポートするバーチャル・プロダクション「Frekul(フリクル)」

United Code

新型コロナウイルスの影響によりアーティスト活動が制限される中、様々な支援を受けることができるデジタルサービスがピックアップされています。

今回はオリジナル曲を作って活動しているアーティストの「宣伝」「収益化」「事務作業」を
さまざまな機能を通してサポートし、より素敵で効率的な音楽活動が実現できるWEBサービス、「Frekul(フリクル)」(以下Frekul)をご紹介します。

 

Frekulとは?

前項でもご説明しましたが、こちらでは具体的にFrekulで何ができるのかをご紹介します。

  • 音楽サービスへの配信
    無料で、世界中のストリーミングサービスやダウンロードストアに曲を配信できます。 
  • 音楽業界人にアピール
    専用ページに曲とプロフィールをアップしておくだけで、提携先企業にアピールし続けることができます。
  • 全国のカラオケに配信
    あなたの曲がカラオケJOYSOUNDに配信されて、全国のお店で歌うことができるようになります。

大きく分類して上記の3点のサービスを無料で開始することができます。楽曲配信を代行するサービスが増えている中、初期費用を抑えて配信代行以外のサービスも拝受できることが魅力となります。

※一部有料サービスや、楽曲の還元率等詳細はFrekulウェブサイトにてご確認ください。

 

広がる可能性

登録もメールアドレス、アカウントID、パスワードを設定すればほぼ完了し、サービスの利用が可能となります。

元手がかからず、収益を得られる可能性がありプロモーションも出来るこのサービス。事務所やレーベルに所属していても利用できます。また、Frekulは独自に店舗BGMアプリの「Simple BGM」なども運営しており、そちらも合わせて配信可能となります。

自身の楽曲をお持ちの方は是非一度チェックしてみても良いのではないでしょうか。

 

Frekul

https://frekul.com/

音楽家を守るプロジェクト#STAYMUSIC は『 Frekul 』 からご賛同いただいてます。

Continue Reading

Tech

<UC Review Vol.2>人気モニタースピーカー3種(JBL , GENELEC , PreSonus )

United Code
Prev1 of 3
Use your ← → (arrow) keys to browse

総合格闘技RIZINやアジア最大のファッションショーなど数々のイベントの音楽監督を担当して来たコンポーザーであるUnited Code Limited(以後UC)代表佐伯をはじめ、UC関連の音楽のプロフェッショナルが機材レビューいたします!

インタビュアーは私、UCの木浪が担当、お送り致します。

第2回はプロのエンジニアの仕事で最も重要な機材とも言われている「モニタースピーカー」。その中でも鉄板の名器や人気の機種から3種ピックアップし、UC代表佐伯と共にレビューしていきたいと思います!

佐伯 栄一

2006年単身渡英し音楽活動を本格的に開始。

海外でのフィルムワーク、ファッションショーなどの音楽を担当。

資生堂IBUKI(アメリカ、ヨーロッパ)などのTVCMや日本テレビ開局60周年舞台真田十勇士の音楽、PlayStation Award2012 、総合格闘技RIZINなどの音楽を担当。

2016年にはノンバーバルの舞台「Infinity」と「GIFT」の音楽監督を務める。またメジャーアーティストへの楽曲提供、アレンジ、音楽制作チームLCA Creative Service名義での活動やアーティスト名義のPBJとしての活動など最先端のトラックメイカーとして日本、そして世界を視野に様々な活動に手を伸ばしている。

最近では多様なスタイルのオファーも多く、積極的に活動の場を広げている。

エンターテイメント性の高い音楽を追求する、時代の最先端をゆく音楽家の一人である。

まず今回、検証に使わせていただくJBL705P、Genelec 8331A、PreSonus Sceptre S6の3種の基本情報をご紹介します。



JBL 『JBL705P』

705P Powered

先ずはスピーカーとして安定の知名度、安心感、クオリティを兼ね備えた老舗 JBLから『JBL705P』。非常にコンパクトなボディーながらも1インチ環状ポリマー製大やフラムを搭載。一般的なチタンやアルミ製のダイヤフラムが持つ金属特有の響きが抑えられ、軽量で入力信号に俊敏に反応するため、繊細な響きにも極めて忠実に再生できます。

背面に液晶ディスプレイが付いているのが特徴。EQなど各種設定ができ、音の表現力の幅が広がりさまざまなジャンルに対応できます。最大音圧レベル107dB、寸法(W×H×D)152×269×273mmの5.5kg。



GENELEC 『8331A』

GENELEC

プロエンジニアに大人気のハイエンドGENELECモニタースピーカー 『GENELEC8331A』。今回の3つの中で一番小さいながら、パワーがすごい究極の同軸スピーカー。その驚異的なイメージング、拡張された周波数特性、制御された指向性、そして疲労のないリスンングにより、プロの現場でのレコーディングやミキシングの作業効率を高め、より豊富な情報による判断の一貫性をもたらします。マスタリングやメイン・モニターとしての使用に至るまで、極めて無色透明で中立的なリファレンス・モニタリングのパフォーマンス力を誇ります。最大音圧レベル104dB、寸法(W×H×D)189×305×212、6.7kg



PreSonus 『Sceptre S6』

presonus sceptre

そしてPreSonusからは『GENELEC8331A』同様の同軸スピーカー。同軸構造による音響偏差のないシステムのデザインは極めて高度で高価、なぜなら強力なDSPパワーと線蜜で洗練されたトランスデューサー・デザインが必須。そしてそれを実現するには外部プロセッサーを使用するハイエンド製品に限られていた。それをTemporal Equalization TQアルゴリズムにより、これまで超ハイエンド・システムでしか実現できなかったクリアで位相ずれない本物の同軸サウンドを提供する事が可能となった。

最大音圧レベル109dB、寸法(W×H×D)230×335×260mmの8.5kg。

使い勝手だけでいえば非常に似たタイプのモニタースピーカー3種。

Prev1 of 3
Use your ← → (arrow) keys to browse

Continue Reading

Tech

<UC Review Vol.1> M-AUDIO AIR 192(オーディオインターフェース)

United Code

総合格闘技RIZINやアジア最大のファッションショーなど数々のイベントの音楽監督を担当して来たコンポーザーであるUnited Code Limited(以後UC)代表佐伯をはじめ、UC関連の音楽のプロフェッショナルが機材レビューいたします!

インタビュアーは私、UCの木浪が担当、お送り致します。

第1回はM-Audioさんのオーディオインターフェース「AIR192」をUC代表佐伯と共にレビューしていきたいと思います!

佐伯 栄一

2006年単身渡英し音楽活動を本格的に開始。
海外でのフィルムワーク、ファッションショーなどの音楽を担当。

資生堂IBUKI(アメリカ、ヨーロッパ)などのTVCMや日本テレビ開局60周年舞台真田十勇士の音楽、PlayStation Award2012 、総合格闘技RIZINなどの音楽を担当。

2016年にはノンバーバルの舞台「Infinity」と「GIFT」の音楽監督を務める。またメジャーアーティストへの楽曲提供、アレンジ、音楽制作チームLCA Creative Service名義での活動やアーティスト名義のPBJとしての活動など最先端のトラックメイカーとして日本、そして世界を視野に様々な活動に手を伸ばしている。

最近では多様なスタイルのオファーも多く、積極的に活動の場を広げている。
エンターテイメント性の高い音楽を追求する、時代の最先端をゆく音楽家の一人である。

 


M-AUDIO AIR 192 | 6

AIR 192|6 はシンプルな操作で24bit/192kHzスタジオクオリティのレコーディングができるオーディオインターフェースです。金属製ボディに大型ボリュームノブを装備、M-Audio Crystal™プリアンプと高精度A/Dコンバーターにより優れたサウンドクオリティを実現。

入力端子はXLR&1/4インチ TRSコンボ入力 x2、2系統の1/4インチインストゥルメント入力はギターやベースを直接入力できます。出力端子は1/4インチステレオメイン出力。ヘッドフォン出力はレイテンシーのないモニタリングで独立したレベルの調整が可能です。

また、 Mac / PC接続用の2本のUSBケーブル(A to C/C to C)を付属します。AIR 192|6はプロフェッショナルなオーディオ性能、高い操作性、充実したAIRシリーズのソフトを備え、さまざまなレコーディングセッションに対応できる高性能なオーディオインターフェイスです。



スペック詳細はこちらから
http://m-audio.jp/air192_6/


それでは張り切っていきましょう!

 

よろしくお願いします。

 

まずそもそもなんですが、オーディオインターフェースって何ですか?


オーディオインターフェースっていうのは、簡単にいうとアナログ信号をデジタル信号に、逆もまた然りで、信号を変換してくれるデバイスで、DTMをする上で必須のものだね。

 

ありがとうございます!!それでは気を取り直して、今回M-Audioさんの「AIR192|6」のレビューに参ります!

 

1.  音のクオリティ、印象、別機材との比較

早速ですが、使ってみて受けた印象はどうでしたか?

 

この価格でこのレコーディングクオリティ、ローレイテンシー、音のクオリティーは驚異的だと思う。見た目も黒光りしていてかっこいい(笑)。
入力の数も申し分ないからDTMをこれから初めるユーザーやパソコンとオーディオインターフェースにつないで音を出したい方には最良のインターフェースだと思う。ワンタッチでミュートをすることができないなど細かい気になる部分はあるが申し分ない。
また電源もバスパワーで動くことも素晴らしくモバイルでデスクトップPCと一緒に持ち運んでフィールドレコーディングなどにも適してると思う。
この価格でこのクオリティーにただ驚くばかり。

 

(確かにかっこいい…)バスパワーとは??

 

USBケーブルで駆動できるってことね。

 

2.   レイテンシーの低さ、レイテンシーなし入力のダイレクトモニターのミックスコントロールの特徴と感想。

 

低レイテンシーというおすすめポイントに関してはどうですか?

 

レイテンシーの低さというものがオーディオインターフェースにとってかなり重要な要素になる中でとても優秀だと思う。ダイレクト入力と切り替えることができることもいいアイデアだと思う。つまみを回してどういうふうに切りかわるのかと思ったがフェードがかかるように自然と切り替わるのも細かいところだがとてもいい。

 

ダイレクト入力でモニターできることによってレイテンシーなしでのモニタリングが可能なんですね!

 

3.  堅牢な金属製ボディ、操作のしやすい大型のボリュームノブの使いやすさや見た目について

 

重厚感のある金属製のボディと、インパクトのある大きなノブが印象的ですが、そちらについてもお聞きしたいです!

 

黒光りしていてまずかっこいい。ロックを感じる(笑)。つまみの操作感って毎日作業で触れる機材ではとてもやる気に反映すると個人的に思ってるんだけどゴツゴツしていてロック系のエフェクターのつまみっぽくてとても好感が持てる。自分はロック系ではないけど。。。何系とかではないけど。。。強いていうなら天才系だけど。。。


(天才系?…)

 

 

4.  値段観。サウンドハウスで税込14,520円

最後にお値段についてですが、いかがでしょうか。

 

もうこれが素晴らしくてどうやってこの値段設定にしたのかわからない。。。
この値段設定で手に入るのならうまい棒も高く感じる今日この頃。。。最近寒かったり暖ったりの毎日でふとそんなことを感じる。

 

コスパ最強ってことですね!(佐伯さんが遠い目をしている…)

 

5.まとめ

今回紹介させていただいたM-Audioさんのオーディオインターフェース「AIR 192|6」ですが、これからDTMを始める方、PCと持ち運びをする方で、コスパの良いオーディオインターフェースをお探しであれば是非チェックしていただきたいと思います。

重厚感のあるボディやエフェクターライクな見た目も、制作に置ける意欲向上に繋がるかも?

 

今回機材提供などでご協力いただいたinMusic Japan株式会社様。
誠にありがとうございました!


inMusic Japan
inMusic Japan(インミュージックジャパン)は、アメリカに本社を置くinMusic Brands Inc.の日本支社で、音楽制作、プロフェッショナル・オーディオ、DJ、PAなどの分野でイノベーションを起こす以下のブランドの製品の国内販売・サポートを行っております。


Continue Reading

Trending