Connect with us

Charity

音楽で救う人、救われる人

United Code

日本国内でも、年々ボランティア団体の数は増えておりさまざまな活動・支援が行われています。

海外の音楽を通じたボランティア・慈善団体も多く、さまざまな形で、多くの人たちを対象に行われています。こういった活動を知ることで今まで以上に音楽の魅力や力を感じ、同時にさまざまな社会問題を考えさせられます。

1992年よりジェフ・キャンベルは「HungryforMusic」を創設し、ストリートミュージシャンのコンサートの開催や、ホームレスをさまざまな「餓え」から救う活動を行ってきました。さらに子供向けの音楽の場を拡大することに専念し、HungryforMusicでは既に13,000以上の楽器を音楽に興味を持った人たちに渡しています。音楽の高揚感と人生を変える贈り物によって子供たちを救っています。

ギターやトロンボーンからバイオリン、木琴まで、アメリカ49州と30カ国の子供たちに毎年500を超える楽器を収集・修理し届けています。彼らは25年にわたる活動の中で音楽コミュニティの全力を尽くしています。

『HungryforMusicの目的は、音楽の肯定的な性質を受け入れることです。コミュニティを作成し、インスピレーションを与え、才能を表現し、団結し、最も重要なのは癒す能力です。』–JeffCampbell

GuitarsOverGuns」は、マイアミを拠点とした非営利団体です。貧しさや、恵まれない背景を持った学生に音楽教育とプロのミュージシャンとのコミュニケーションなども提供しています。

音楽と芸術の指導を通じてチームワーク、リーダーシップ、自信、規律、外交、説明責任、忍耐、自尊心、勇気、共感など、音楽を作ることを学んでいる間に習得するスキルや才能、人生の教訓は、人生の他の分野に変換され、活力をもたらし、社会的問題と感情学習、双方で成果を上げました。また、社会的・感情的学習測定を使用して、共感、チームワーク、イニシアチブ、責任、問題解決などの主要な能力を評価しています。最近の評価では、GuitarsOverGunsの学生の90%以上が学業成績、全体的な行動、意思決定やスキルなどを向上させたことが示されています。

GuitarsOverGunsの目標は、次のJay-Z、RickyMartin、Adeleを生み出すのではなく、生徒が学校や職場で、そしていつの日か自分の家族を持つ大人として、また地域のリーダーとして成長するために必要なライフスキルを構築する方法として芸術を使用する機会を与えることです。

DrakeMusic」は、音楽、障がい、技術に取り組むイギリス全土で活動する国立芸術慈善団体です。音楽は適切な機会が与えられれば、誰もが創造的で音楽的な可能性を実現できるという信念のもと、誰もが音楽を楽しめる機会を作り、障がい者と健常者が平等に協力するボーダレスな音楽文化を構築しています。

障がいを持つ人々と音楽を作るためにより多くの新しいアクセシブルな楽器とテクノロジーを研究開発しています。芸術的開発プログラムは、障がいのあるミュージシャンが仕事を進めることを支援し、教師、音楽ハブ、その他の組織にトレーニングとコンサルティングを提供しています。

TheSpitz」は、ロンドンの最高のミュージシャンの一部を利用して、参加型の音楽セッションと公開イベントは、質の高いライブ音楽の力により精神的および肉体的な参加を通じて不安を和らげ、相互作用を促進し、幸福と記憶を改善することが証明しています。

音楽を通じて、社会的および経済的、年齢、民族、障害、文化、その他の不利益の結果として孤立する可能性のある人々を結び付けます。昨年、これらの活動と成果を称え市長から「文化と福祉2019」の賞が授与されました。

HelpMusiciansUK」は音楽を職業とたあらゆるジャンルのプロのミュージシャンのためのイギリスを代表する慈善団体です。様々な危機的状況に対応するほか、アドバイスをするなど常にミュージシャンの為に貢献しています。音楽のキャリアには不均一なパターンがあり、多くのミュージシャンは他のタ仕事から収入を補う必要があります。アマチュアのミュージシャンや作品制作にかかる費用などへの支援は対象としていませんが、プロとしての活動においての支援をしています。

ニューヨークに拠点を置く「ダニエルズ・ミュージック・ファンデーション」は、2006年に設立された非営利団体であり、音楽プログラムとコミュニティおよび社会との組み合わせることにより、発達障がいおよび身体障がい者を支援しています。12年以上にわたり、彼らは音楽の変革力を通じて、理解、相互尊重、感謝に基づいたコミュニティを構築してきました。

始まりは、幼いダニエルが12歳の頃に脳動脈瘤の1つが予期せず破裂し、30日間の昏睡状態に陥ったのち、2ヶ月で容体が安定し奇跡的に1年後には退院したことがきっかけでした。障がいを抱えたダニエルに家族は最大限の愛情を与えました。そしてダニエルは音楽に出会いました。家族は障がいのある者でも利用できる音楽プログラムを探し見つけました。音楽の演奏と卓越性、音楽療法に焦点を合わせた音楽院がありましたが、残念ながら入学には間に合いませんでした。ダニエルはそのような自身の経験からダニエル音楽財団を設立し、音楽を通し障がい者の支援をはじめました。

MusicSupport」は2016年4月から慈善団体として運営されています。創設者は音楽退役軍人であり、さまざまなメンタルヘルスと依存症の問題を解決してきました。音楽業界は、誰もが働くことができる、最も創造的で楽しい業界の1つです。音楽業界から楽しさを奪うことではなく、業界で働いている誰に対しても十分なサポートを提供することです。プロバイダーや治療センターと提携はしていませんが、優秀な臨床医や医療提供者と素晴らしい関係を築き、クライアントに道標を提供しています。あらゆる種類のサポートを必要とするイギリスの音楽業界で働いている人を助けています。不安とうつ、メンタルヘルス救急、自己認識と回復力、仕事と私生活の境界、中毒とアルコール依存症の性質に対して音楽慈善活動を行っています。

このほかにも世界中には多くのな慈善団体やボランティア団体があり、さまざまな状況を対象にいろいろな方法で音楽を通じた支援を行っています。芸術だけではない音楽の価値、力は果てしなく、人々を魅了し続けています。残念ながらいまだにアジアではこのような団体は少なく、また音楽に対しても価値観が異なっており、それは固定概念なども関わっていると思われます。

音楽を通し、楽しみ、癒され、助け合い、共感し、魅了されればより豊かになると感じます。心の豊かさは、市場の豊かさや犯罪の低下にも繋がります。慈善活動やボランティアに参加しなくても音楽を楽しみ、共有することが大きな一歩となるのではないでしょうか。

Charity

日本の子供たちの現状と比較して、アジアの子供たちの教育について考えてみる

長楽さつき
chouraku02

テレビやインターネットで、アジアの恵まれない子供たちの写真や映像は流れていても、実際、アジアの恵まれない子供たちを目にする機会が日本の子供たちにはありません。目の前にそういう子供たちがいないのに、何かを感じることは難しい時代になっています。

今の日本の子供たちは、小さい時からメディアの発信する情報に囲まれて育ってきています。だからこそ、「メディアは本当のことだけを映し出すものではない」ということも、よく知っています。メディアが伝えていることは「本当なの?」、「正しい情報なの?」と疑う目を持っているので、 アジアに恵まれない子供たちがいるという現状についても、自分と置き換えて考えるというのは難しいのでしょう。

今、40代となった私の若いころは、海外に旅をする若者が多い時代でした。アジアは日本から近いこともあり、旅をすることで、アジアの恵まれない子供たちの現状を目にすることも多々ありました。

小さい子供が道路でお花を売ったり、中高生ぐらいの女の子たちが売春している姿もありました。 日本では教育を受けられる年齢の子供たちが、親の都合で働かなくてはいけないという現状。そういう光景を目の前で見たからこそ、今こうした記事を書けるのかもしれません。

アジアでは、就学率・完学率ともに低い国が多いです。日本では本が溢れていますが、アジア諸外国では本が乏しく、文字文化の貧しさが残っています。

なぜアジアの子供たちは、学校へ行けないのでしょうか?

1つ目の理由は、「親の教育への関心の低さ」からです。親自身が学校に行った経験がなかったり、中退しているので、学校教育の必要性を感じていないため、子供を学校に行かせることに意欲がないのです。

2つ目の理由は、「金銭的に恵まれていない」からです。たとえ無償の義務教育であっても、教材や学用品には多少のお金がかかります。

3つ目の理由は、「学校自体に問題がある」からです。低水準の校舎や教科書で、無資格の教員が古い考え方で教えていたり、字や数を教える以上の知識や意欲に乏しい教員が存在する学校があります。さらに、学校の立地が悪いため、通学時間がかかりすぎます。

4つ目の理由は、「戸籍に不備があることで、就学の機会を奪っている」からです。それだけでなく、「子供たちの労働」という問題もあります。農業労働や工場労働などは、子供だから安く使えるということで存在します。街で物を売ったり、ゴミ捨て場で金目の物を拾う労働をしている子供もいます。さらに問題なのは少女や少年の性労働です。

一方、日本の子供たちは、小中学校の就学率は100%といってもよく、高校においても義務教育化を訴える声があります。労働からは完全に解放されて、校舎や教科書などすべて完備された学校で、機能的な文具を持ち、何の不自由もなく学べています。次々と出版される本や絵本も好きなだけ読んでいいのです。大学進学を希望する子供も多く、20代まで労働とは無関係に過ごす若者も珍しくない時代となりました。今の日本の子どもは、恵まれた暮らしをしています。

しかし、日本の子供たちは幸せそうではありません。子供が朝を待ちかねて登校するような学校があって、子供の生活が楽しくイキイキする家庭が減っているからだと思います。どんな困った子でも、ちょっと劣っているように見える子でも、いい子だと信じて育てる希望を持つ大人が増えると、子供たちが幸せに感じる世の中になるかもしれません。障害があってもなくても同じ人間と見る「優しさ溢れる社会」は、経済的・精神的な余裕がある大人であれば備わっている社会であってほしいと思います。

一方、アジアの教育環境に恵まれない子供たちは涙や失望が多いため、子供なら誰もが持つ輝いた目と笑顔を失っていくのでしょう。大人の都合で、子供たちの目を濁らせてしまわない世の中にしていくことが、万国共通の大人の役割ではないかと思います。

Continue Reading

Charity

データ駆動型の慈善団体が急増、サービス提供改善へ

United Code


2020年に入り、AIやIT、5Gなどテクノロジーは著しい発展・成長をみせています。


ブロックチェーン技術によるIoTなどのデータ管理、制御技術の研究も日々進化を続けています。音楽業界もさまざまなテクノロジーによる発展や新しいビジネススタイルを生み出しています。また、データは慈善団体や非営利団体にとっても強力なツールです。プロジェクト効率を高め、新しいサービスや活動支援、資金提供者に情報提示するためにも使用できます。

慈善団体のデータ戦略は、意思決定の観点だけではなく、サービス提供する方法においても大きな利点をもたらします。「2019 Charity Digital Skills Report」によると、慈善団体の59%がデータをより効果的に使用したいと考えており、48%がサービス提供の改善にそのデータを使用したいと考えています。

データを利用する利点を活かすために、組織は「データ駆動型」になる必要があります。


データ駆動型とは、慈善団体や非営利団体の事例、経験から直感で働くのではなく、そのデータから得られた情報を使用して、その活動と将来の道を計算し導きだすことです。


データ駆動型アプローチへ移行している慈善団体の特徴をまとめてみました。


1 –データ駆動型の仕組みを作る

最も重要なステップは、組織が行うすべてのことは、既存の慣行ではなく、デジタルな証拠に基づいて下された決定に起因するという考えを確立することです。多くの場合、「なぜこれを行うのか」、「本当に必要かをどのように知るのか」、「これが機能しているかをどのように知るのか」などの質問を伴います。


2 –知っておくべきことを解決する

データ駆動型の仕組みが確立されると、どの質問をする必要があるかがすぐに明らかになります。これらは、結果、スタッフおよびボランティアのパフォーマンス、新しいイニシアチブの必要性、さまざまな資金調達アプローチの相対的な有効性など多くの状況に関連します。


3 –必要なデータを理解する

どの質問をする必要があるかがわかったら、そのための必要なデータを理解することができます。多くの慈善団体が必要とする典型的なデータは次のとおりです。

  • ユーザーデータ:特定のサービスや活動家の人数、年齢、性別など。
  • エンゲージメントデータ:サービスを使用する頻度、または期間。
  • 結果データ:ユーザーがサービス介入から得られるメリット、または募金キャンペーンによって集められた資金。
  • 影響データ:ユーザーが介入後に受ける長期的なメリット。


4 –保持するデータとその場所を確立する

組織は、どのデータがどこに保存されているかを確認するだけではなく、データの品質、年代、正確性を調べて、意思決定を促進するためにデータが実際にどれだけ役立つかを示すデータ監査を行う必要があります。


5 –適切なデータ分析システムを入手する

データ自体はあまり役に立ちません。分析、視覚化、および他のデータとの関連づけが可能な場合にのみ、実用的な情報と洞察を引き出すことができます。

こうしたマインドセットとデータ分析によるデータ駆動型の取り組みにより、慈善団体と助けが必要な人たちの関係性を予測し、依存し合わず、迅速な対応、多くの人々へ活動の幅も広げられるようになりました。

新しい技術やテクノロジーによる対応と利用は、さまざまな分野で共通し、拡大していくでしょう。



(参考)
Charity Digital
How AI is helping small charities drive more impact
British Heart Foundation

Continue Reading

Charity

どうしてこうも締め切りってのは重なるもんなんだろう

ドンボルカン山口

なんて思いながら、例年よりはなんだか気温も暖かめの1月の終わり、スマホのメモ画面に向かっています。

文を書く時はペンを持って紙に書くか、スマホがいい。なんだか具合がいい。机に向かうよりもトイレにこもったり、外を歩いてる時がいい。考えたことを直で文に出来る気がするんですよね、まあ気のせいなんでしょうけどね。

何事も気の持ちよう。気のせいが大事。

人生のほとんどを「気のせい」で過ごしてきている中、なんの気のせいかコラムを書くお話を頂き、今この目の前に締め切りは迫っているわけなんです。この締め切りは気のせいではない気がするので気のせいもほどほどにして、なんか書かなくてはとなっております。どうしよう。

語りたいことは無限にあるんですけども。そしたらまず、たまたま今やってる仕事と、たまたまずっと続けている音楽との奇妙な関係についてでも書いてみようかなと。


こんなCDでもかけながら、


映画「男と女」サントラ♪〜


しばしお付き合いを。


僕は普段、仕事で介護士をしています。「重度訪問介護」という介護の仕事の中でも隙間産業的なやつ。いわゆる一般的なイメージの高齢者介護でもなくて、施設へ勤務しに行くわけでもなくて。一般のお宅へ訪問して、障がい者の方の介護をするという、介護従事者の中でもあんまり知られてない種類の仕事です。しんどくてエグいですが、面白いです。楽しい、とも違う、、、なんていうか、インタレスティングです。人間の深みというか、本来の「そうでしかない部分」に触れられる仕事な気がします。たまたま始めてもう10年、この仕事自体が語り尽くせないほどに人間臭くてミステリアスなんですが、どうなのかってそれはまたの機会に。

一方で、音楽の仕事もちらほら。高校でバンドを始め、売れ損ねて20代で力尽き、周りはとっとと音楽をやめ就職してく中、夢を捨てきれずに、、、みたいなお決まりの展開の中、あれでしょうね、そこそこの才能はあったんでしょうね。歌と作詞作曲という形で踏みとどまって。食っていけるわけではないけどお金が出ていくわけではないみたいな。決して売れてるわけではないけど仕事がないわけではないっていう、絶妙なポジションで普段はがんばらせてもらってる状態でございまして。


フルタイムの介護の仕事の隙間時間に音楽をやるという、一般的にはこれを趣味というのだろうけど、ちょっとはお金になる趣味ってのはこれ、なかなかいいでしょってな感じで。


そこで冒頭の締め切りの話になるんですけど。


フルタイムでの仕事の隙間で音楽制作ってことになると、この締め切りが重なるってのが致命傷になってくるんですよね。自分で作って出す分には時間なんて別に気にはしないんですけど。そっちは僕は仕事にならないですから、頼まれる仕事ですね。これがなかなかやっかいで。楽曲制作を仕事で依頼されるってのは音楽野郎冥利に尽きる果てしなく嬉しいことなんですが、こちらの都合のいい時に頼まれることなんてほぼなくて。だいたい普段の仕事が詰まりまくってたり、とんでもねえトラブルの最中だったり。そんなのがほとんどなんですけれども。そうなると、もうどうやっても物理的に無理!みたいな。寝ないで作れば済むならいくらでも、みたいな。迫りくる色んな圧力に、吐きそうになりながらやるんですけども。


これもなんだか不思議なもんでですね、そういう時ほど、なんかこう、漲(みなぎ)ったというか、濃いいぃぃぃ作品になったりってのはこれまた実際のとこだったりするんですよね。面白いです。もう通勤の行き帰りでどれだけ曲作ったかってね。


映画「摩天楼はバラ色に」サントラ♪〜

エニウェイ。

そんな具合で仕事しながら、なんとか音楽を続けてるんですけども。

やり始めてみてわかった、これまた興味深い事実があります。

うちの介護会社のスタッフ、バンドやってる奴ばっかなんです。

これはね、学会に発表しなきゃいけないレベルの人間学の話だと思ってて。ただの類は友を呼ぶということなだけかもしれないんですけど。

重度訪問介護っていう隙間産業、その隙間ゆえのグレーな部分と、社会を脱線気味でアウトローに生きてきたバンドマンの一般的にはクズと称される魂のアウトな部分、なんというか社会という定義で語ると「ちょっと浮いちゃう」部分ていうんですか。これの奇跡のマッチングだと思ってるんです。地球でまだ見つかってない成分を発見したような。アマゾンの奥地をさらに行ったらこんな景色あった!みたいな感覚で、音楽やってる人って介護向いてるじゃん、て。

Win-Winなんてかっこいい関係じゃなくて、あと一歩で沈みそうな状態でどっちかに常に寄っかかりつつ、足も引っ張り合いつつ、仕方ない状態ですがる1番最後の最良の選択肢。

これってね、きっと、人間の芯の部分、玉ねぎとかの皮剥いてってツルッツルになった最後の部分。お互いの剥き身の、剥き出しの、何かが足りなくてその何かを補填するために引き合う何かの成分なんだろうなって。

その何かの成分って、ひょっとしてひょっとするぞ、これ、音楽じゃないかなって。

人々が音楽に求める何かってきっとこの成分で間違いないだろうって。気づいちゃったんですよね。


わかんない、人によってはお金だったり、宗教だったり、Loveだったり、フォースだったりってことかもしれないんですけど。それって同じパワーのことを言ってると思うんです。

そこに気づいて周りを見渡してったら、そんな風に生きてきた自分の周りって、どうやらそんな力を持った人ばっかりだなあって。30過ぎて就職してなくて、やりたいことがあったりなかったり、不器用で、漠然と将来が不安で、でも確実に目の前の一般に溶け込むことも出来ない人々が。

順番に声をかけていったら4人から始まった会社も30人を越える規模になってました。

音楽やってる奴、何かを作る奴って、何かを達成するために何が必要かってのを自覚しててもしてなくても、持ってるんですよね。そこが介護の仕事とフィットしやすいみたいな、そんな所もあるかもしれない。

誘ってったらみっしり、とびっきりのアウトローばっかり30人。もうちょっといるか、30人強。


重度訪問介護の会社で、介護の世界で、こんなことってなかなかないんですよ。スタッフの増え方にこんな謎の勢いあることって。パンクス、メタラー、金髪ピアス普通で、介護。カメラマンもいるし、最近では自転車屋も入ってきたりして。

人種のるつぼ、収集つかない感情、愛し合って反発し合う心と心、これらが渾然一体となって創り出すカオス。これこそが日常であって我々の姿なんだろうなって。

人間てこと事だけじゃなくて宇宙の意思ってことでもいいかもしれない。

アートであって、爆発であって、デヴィッド・ボウイや岡本太郎が言ってることかもしれない。ウディ・アレンでもあるし、あるいはアンディ・ウォーホールかもしれない。落語であったり、あるいはミュージカルなのかもしれない。アジアのスパイスかもしれないし、イタリアのチーズかもしれない。それは、まるでルート66のようでもあるしチャオプラヤ川の支流のようでもあるし。大貫憲章や伊藤政則かもしれない。体が小さくて目の大きな猿かもしれないし、進化に取り残された深海魚かもしれない。日本人のやってるインドのホテルに泊まるのは日本人だけじゃないかもしれないし、あるいは分数のコードであって、捻くれたメロディーかもしれない。最も難解な現代音楽であって、最も分かりやすいJ-POPかもしれない。

思いつく限りの無数の選択を選ぶのか、選ばれるのか。全てさらけ出せたら、穏やかな世界かもしれない。

これは宇宙から見たらどんだけのことで、別に宇宙から見なくてもこんなことじゃない?って、そうでしかないんです、きっと。


音楽×介護


なんか感覚の話になっちゃいましたけど、この組み合わせになんとも言えないパワーを感じて。

最近は自分の音楽とともに今の重度訪問介護の仕事も知ってもらうために、こんな仕事もあるよって発信するために、ライブイベントなんかも催したりしてます。自分の中の感覚を、選択肢を広げるための何かのきっかけになったらなって。

違うと思われるものをそれぞれ突き詰めてくと、なんだ結局一緒だなって、きっとあると思うし、真理だと思うし。

僕はこの考えと活動を「新しい価値観を生み出すために」って言ってます。

どうにも説明がつかない時は「ラブサンクス」とも呼んでます。全部ロッケンローで済ます感覚に近いかもしれない。

でも決して大袈裟ではないだろうって思ってます。

ただ偶然かもしれないですが、音楽と介護に無限の可能性を感じて、今日も。

朝を迎えそうだななんて思ってたらこんな曲が脳内に流れてきました。どこかで、また。


U.K.「Rendez-Vous 6:02」♪〜


ラブサンクス!


ドンボルカン山口

Continue Reading

Trending