Connect with us

Entertainment

日本のエンターテインメントの未来

United Code
tsumura

一部では、日本のエンターテインメント産業が「ガラパゴス化」と言われていますが、「ガラパゴス」という言葉をご存知ですか?

日本で製品やサービスが独自の方向で進化し、その結果、国際標準からかけ離れたものとなっている状態をガラパゴス化と言います。

ガラパゴスとは日本で生まれたビジネス用語のひとつで、この言葉の語源は南米の「ガラパゴス諸島」です。

ガラパゴス諸島では、大陸から遠く外敵の侵入がないため、生物が独自の進化を遂げました。

しかし、このガラパゴス諸島に生息する固有種は生存競争に弱く、19世紀以降に人間とともに外来種が入ってきて以降、種の存続の危機に陥っていると言われています。

この言葉には、国際競争力を失うことや将来的に世界基準の製品・サービスに国内市場をも奪われてしまうのでは、という懸念が含まれています。

世界的に独自の発展をしてきた日本のエンターテインメント産業ですが、国内マーケットをターゲットに日本人だけを相手にする商売では未来の日本は明るいとは言えません。


そもそもなぜ、日本がガラパゴス化するのでしょうか。


そこには歴史的背景も含めて、世界的に最もハイコンテクストな文化と言われる日本文化が影響しています。

日本は島国であるため歴史的に民族が交わらず、 長い時間をかけて共通の価値観が形成されたため、言葉でのコミュニケーションにおいて前後や背景を伝える必要がなくなっていったのです。

「察する」「空気を読む」は共通の価値観を持っているからこそ成り立つ日本独特の文化なのです。

英語を学ぶ時に、主語や数量、結論を明確に伝えなければならないと注意されることがありますが、日本の「察する」文化の中で、あえてあいまいに話すことが身についてしまっている日本人には難しい事なのかもしれません。

このように言葉だけではなく、生活や考え方、嗜好などにも多くの影響を与えています。

日本の文化として海外で紹介される代表的な、わび・さび(侘・寂)は、「不足のなかに心の充足を見出そうとする意識」、「閑寂さのなかに、奥深いものや豊かなものがおのずと感じられる美しさ」であり、今でも日本人の中に深く息づいています。このコンテクストの追求こそが、日本人の長所ではありますが、ハイコンテクストを追求しすぎるあまり世界から理解されなくなり孤立してしまうのも原因の一つだと考えられます。

かつての日本のエンターテインメント産業は、国内マーケットだけを相手にしても商売になっていました、日本語圏だけに引きこもり続ければ、日本の未来のエンターテイメント産業はどうなっていくのでしょうか。

今、中国や韓国はエンターテインメント産業が急速に世界的なシェアを伸ばしています。

韓国ではあらゆる産業でコングロマリットが絶大な力を持っていることはよく知られていますが、

コングロマリットとは主に異業種企業が相乗効果を期待して合併を繰り返して成立する副業企業やグループ会社のことを言います。

日本においては、インターネット関連企業の金融機関業務やインフラ事業への新規参入がコングロマリットの代表的な例ですが、韓国では、エンターテインメント産業に力を入れているコングロマリットに「CJグループ」があります。

1990年代に入り、アメリカの映画スタジオ「ドリームワークス」を筆頭に映画産業への出資を成功させたことにより、アジアだけでなく欧米のエンターテインメント産業でも存在感を示してます。

CJグループはまず、ベトナムやタイ、インドネシア、マレーシア、最近ではミャンマーで「CJ CGV」というブランド名のシネコン事業でヒットを出し、東南アジアではおしゃれスポットになり、日本のシネコンよりもリッチで雰囲気の良い空間作りが演出されており、ベトナムのCGVではロゴの前で写真を撮りインスタグラムにアップすることが、若者の間でちょっとしたブームになっています。

また、どんどん業績が大きくなっている中国の映画産業は、興行収入規模でアメリカのハリウッドと肩を並べています


なぜ業績を伸ばせるのでしょうか。


北京には何カ所も映画や映像産業専門のインキュベーションセンターが立ち上がっていて、そこでは多くのシナリオライターや映像クリエイターだけでなく、投資家やベンチャー企業の経営者が集まり、意見交換を繰り返し、毎日のように新たなプロジェクトが立ち上がっています。

集まるクリエイターたちはみんな若くファッショナブルで、常に活気に満ち溢れており、若手主導の中国映画産業の勢いを象徴しています。

中国では今、地上波で放送後にテクノロジー企業やプラットフォームに売るというスキームが確立されているため、百度などのテクノロジー企業が優良な映像コンテンツを買い漁っているという事情が増えており、クリエイティブのための資金の集め方に柔軟性があり、ビジネス感覚もハリウッド以上に洗練されています。

映像業界の人材育成に関しても、ロサンゼルスの名門大学、UCLAの映画学科には、日本人の姿はあまりなく、中国やインドからの留学生が多いのです。

これらのことから、日本の若者たちが、もっと世界に目を向けて、日本の古き良き、本来あるべき姿を知ってる現役で今の日本を担っている大人と手を取り合い、世界のエンターテインメント産業の中心にコネクションを築いていけることが理想です。

津村 友華

Entertainment

アジアのHIP HOPシーンを牽引する「88rising」

United Code

アジア系のアーティストを集め、アメリカを拠点に活動するHIP HOPレーベル88rising。昨年8月にロサンゼルスでは「ヘッド・イン・ザ・クラウズ・フェスティバル」を開催し、23,000人以上の動員を実現させた。今、世界でもっとも勢いのあるアジア人アーティスト集団である。

アメリカのトレンドに挑戦し、アジアのHIP HOPシーンを牽引していくその集団は果たしてどのように生まれ、その名を轟かせたのか。

88risingは日系アメリカ人であるSean Miyashiroという人物が設立した。彼は元々、アメリカを拠点にディープな情報を配信しているVice Mediaが運営していた音楽サイトThumpの設立メンバーの一人として活動していた。

2015年にMiyashiroは、アジア系ラッパーのマネージメント会社として、88risingの前身であるCXSHXNLYを設立した。その後YouTubeチャンネルとして立ち上げたのが今の88risingにあたる。

88risingが現在のように音楽プラットフォームおよびレーベルとして人気を得た大きな要因の一つとして、88risingを代表するアーティストであるRich Brianの存在が語られる。

インドネシアのラップ王子と称される彼は2016年にリリースした楽曲『Dat $tick』が大きな注目を集めた。

それまでRich Brianは、楽曲だけではなくInstagramでコメディ動画などを投稿するなどの活動も行なっており、ユーモア溢れるそのキャラクターに可能性を見出したMiyashiroが、アメリカ人ラッパーが楽曲をレビューする動画を制作しYouTubeへ投稿。その動画が楽曲をさらに拡散しミュージックビデオの再生回数はビリオンヒットを記録した。

アメリカのHIP HOPシーンでその名を轟かせることとなったRich Brianはその後、正式に88risingのメンバーとなったのである。

88risingはその後、中国のHIP HOPクルーHigher Brothersや大阪出身のシンガーソングライターJojiなどを巻き込み、これまで不可能だと思われてきたアメリカのHIP HOPシーンの中でアジア人の地位を確立させ、アジア系のアーティスト集団としてアメリカで異例の成功を収めたのだ。

映像プロデュースを得意とし、HIP HOPだけにこだわらず、GoldLink、Swae Lee、Major Lazerといったさまざまなゲストとのコラボレーションを実現し、昨年日本ではLDHとのコラボレーションを行うなど、軽いフットワークでその活動の幅を広げている88rising。

アジアのHIP HOPシーンをを牽引する、今もっとも注目したい彼らの活動は今後もさらなる広がりを見せていくだろう。

Continue Reading

Entertainment

日本とアジアのエンターテイメントは何が違うのか?

yuxxo

By

日本とアジアのエンターテイメントは、一体何が違うのか?

絶対的に言えるのは、エンターテイメントの「規模」や「発信する場所」への違いである。
アジア諸外国のエンターテイメントに比べて、日本のエンターテイメントは閉鎖的な印象を受ける。日本のエンターテイメントは、国内向けマーケットで成り立っているからである。

一方、「中国」、「韓国」、「インド」のエンターテイメントは、今とても発展しておりアジアから世界に向けてのプロモーションとなるので、規模が日本と比べると、とてつもなく大きいことが分かる。

また、これらの国ではエンターテイメントに組まれる予算額が桁違いだ。映画やミュージックビデオなどをを見ても、華やかで高級感のある雰囲気で作られており、コストのかけ方などが全く違う。

では、一体どこからそこまでの資金を集めているのだろうか?実際に、アジア諸外国のエンターテイメントにおいても人材や資金が不足しているという問題は出ている。

実は、アジア諸外国では日本に先駆けて、「クラウドソージング」を利用し、クリエイターやシナリオライターを募るという方法をとっている。

クラウドソージングを利用することで、才能のある若手クリエイターや、センスがある人材を見つけ出すことができ、より作品にそった人材を見つけることができるのである。

しかも、クラウドソージングを利用することで、プロではないセミプロやこれからプロになりたいという人材にも目を向けることができ、コストを抑えることも可能だ。

中国では、このようなネットサービスを利用し、優秀な人材を見つけるのである。分かりやすい例を挙げると、最近人気のある「17 Live(イチナナライブ)」や「BIGO LIVE(ビゴライブ)」などのライブ配信アプリもそうである。

これらは、台湾やシンガポールなどに本社を置く会社が運営する「アジア発」のアプリ。有名人から一般人まで、スマートフォンが1台があれば、誰でもライバー(配信者)になることができ、そこから収益を得ることも可能だ。


実際に、有名ライバーは定期的に、大規模なイベントやパーティーに招待され、その場でライブ配信をするというようなことも行われている。
これらのアプリは現在、日本にも運営会社があり、国内向けのライブ配信も行っている。

このように、エンターテイメントやムーブメントが、アジア諸外国から日本へ流入するというパターンも常態化しつつある。

もちろん配信をする上でも、日本とアジアではルールが異なってくる。問題は、同じアプリやプラットフォームを使用することも可能だが、ルールが違うため使用する際にトラブルになることも、しばしば起こるということだ。

やはり、エンターテイメントの規模の大きさやルールが異なるので、そのまま日本国内でアジア諸外国のトレンドやエンターテイメントを浸透させるのはなかなか難しい。

今後も、アジア諸外国から日本に流入するエンターテイメントは、たくさんあるだろう。K-POPや韓国映画、中国映画なども現在は若い世代にも人気がある。

ただ、日本のエンターテイメント事業は、先述のような課題にもさらに取り組んでいくことになるだろう。


17 Live 公式

17 Media Japan

BIGO LIVE 公式

https://www.bigolivejapan.blog/

Continue Reading

Entertainment

物理学×クラブ!?全く新しいエンターテインメント 夜学/Naked Singularities とは?

United Code


物理学と聞いて皆さんは何を思い浮かべるだろうか?

恐らく有名な所でいうと相対性理論で知られるアルベルト・アインシュタインや万有引力の法則を見出したアイザック・ニュートンなどが挙げられるだろう。

学校を卒業してしまうと物理学というものを日常で触れる機会は少なくなってしまい、物理学に限らなくとも、多くの方がそれまで習ってきた多くの学問に触れる機会が極端に減ってしまう。

そんな物理学は基より「学び」に今、新たな光を当てようとしている人物がいる。


東京学芸大学宇宙物理学研究室 

小林 晋平 (こばやし しんぺい)准教授

Shinpei Kobayashi,   Shimpei Kobayashi

理論物理学者

1974年長野県長野市生まれ。

京都大学理学部卒。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。博士(人間・環境学)。

専門は宇宙物理学・素粒子物理学。

東京大学ビッグバン宇宙国際研究センター研究員,日本学術振興会海外特別研究員(カナダ・ウォータールー大学,ペリメーター理論物理学研究所),国立群馬工業高等専門学校准教授を経て,現在,東京学芸大学教育学部物理科学分野准教授。

(転載:Kobayashi Shinpei Website 
https://www.shimpeikobayashi-qg.jp/pages/3451999/page_201912171611)



小林准教授が企画し、東京学芸大学宇宙物理学研究室の学生をはじめ、自らがパフォーマーとなり繰り広げる超実験的サイエンスエンターテインメント、「夜学/Naked SingularitiesVol.2」が2月28日にMISTLETOE OF TOKYOにて開催される。

クラブ仕立ての空間で宇宙物理を体感するイベントとは一体どんなものなのか?

小林准教授は次のように語っている。



例えば集客のために、「難しい数式は一切用いずに,わかりやすくお話します」という宣伝文句を用いることはよくあります。

そうすれば、当然表面だけのお話しかできません。逆に数式を多用すれば、実質的に科学ファンのためだけのイベントになってしまいます。

一部の方だけが盛り上がってしまい、ほとんどの方が白けてしまったことも一度や二度ではありません。

「間口を広げようとすれば浅くて簡単な内容しか話せないし、深い話をしようとすればコアなファンしか集めることができない」という、どんな分野でも、どんな業種にも共通するジレンマといつも戦っていました。

しかし僕は、「本当は両立が可能である」という信念も持っていました。

物理嫌いの人はもちろん、勉強嫌いにも学問をエンターテイメントとして体験させ、しかもその後に自ら学びたくなる気持ちを芽生えさせることは不可能ではないはずだと。

それは全く新しい学びになるだろうけれども、勉強嫌いな生徒や斜に構えた「大人」連中が興奮し、その後には「ちょっと勉強してみるかな…」と思わず言い出してしまうようなことができるはずだと。

恥ずかしながら高専教員時代には6年連続でベストティーチャーに選ばれ、「やる気の無料配布」という二つ名まで与えられた自分としては、今度はそれを全世界相手にやってみたいと思っていたわけです。

(転載:夜学/Naked Singularities Vol.0 開催レポート その1)
https://note.com/explayground/n/na8bae070b100




ダンスミュージックとアルコールを楽しめるクラブ仕立ての空間で、学問を新たなエンターテインメントコンテンツとして打ち出す事によって、学びに対する敷居や固定概念を取り払ってしまうのである。

そして小林准教授のパフォーマンスもこのイベントの注目すべきポイントの一つだ。

磨き上げられたその巧みなトークスキルによって、オーディエンスを魅了し、いつの間にか物理学の虜になってしまうのである。

来場者は作り上げられた精巧なコンテンツの中で、置き去りにされることなく物理学の持つ本来の「凄さ」を知る。

それにより、溢れ出る知的好奇心の欲求を抑えられなくなっている自分を認識してしまい、もう昨日までの自分には戻ることはできない。

さらに今回のVol.2では、大規模イベントの演出及び制作を務める錚々たるメンバーが参加することで、コンテンツはもちろん、イベント全体のクオリティにもより一層磨きがかかっている。

夜学/Naked SingularitiesVol.2」

学びの本来の姿とは一体どんなものなのか?

このイベントによって、学問が堅く難しいというイメージを持つ時代が終わりを告げるのも時間の問題なのかもしれない。


以下、小林准教授のメッセージ。

「学問は机の上だけでするものではありません。もちろん物理学も─。

『夜学』は夜にする学び。物理学を中心とした様々な学問を、クラブ仕立てのスペースで体感するイベントです。東京学芸大学宇宙物理学研究室のメンバーが中心となって、パフォーマンスも行います。

学校での昼の学びを既存の枠組みとするなら、「夜学」はその枠を外す学びの場です。夜には不思議な高揚感があります。ときには怪しさや妖しさも。

宇宙の始まりや宇宙の果て、ブラックホール、そして時空や次元…。それらの面白さを体感する、新しい学び方を提案します。

物理学は、世界を丸ごと受けとめるための方法です。

この空間に、物理を浴びに来て下さい。」

■Produced By

東京学芸大学宇宙物理学研究室(小林研)

PHYSIS Entertainment, inc. 

丸小技研工業

United Code Limited

■Powered by

MISTLETOE OF TOKYO

Massasoit, inc.

■date:

2020.02.28 (Fri.) 19:00-23:00

■place:

MISTLETOE OF TOKYO

東京都目黒区大橋2-22-42 No.R池尻大橋 B1



(転載:夜学/Naked Singularities Vol.2)
https://spark.adobe.com/page/vKcE4rkeBXUTD/?fbclid=IwAR1kLA2H09TdUa2wLS509cqJYYEygeCbmZw7hdwXh-HpgoJNE0LBbRq2RrM

Continue Reading

Trending